CD Review 新着盤

◎この最初のページは、いちばん最近聴いたCD 5作品のレビューを掲載しています。
◎これ以前の分については「CDレビューの一覧表示」をご覧下さい。

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「MH」 星村麻衣

約6年ぶりのオリジナルフルアルバム(11曲収録)。リリースは2018年6月。「MH」はいうまでもなく彼女のイニシャル。一種のセルフタイトル作品であり、現在の自分自身をすべて反映させたという自信がこめられたアルバムといっていいだろう。
まず印象に残るのは、あいかわらずのメロディーメーカーぶり。こういう耳に優しい素直でポップな曲を書けるシンガーソングライター、いそうで意外にいないものである。ものすごいキラーチューンがあるわけではないけど、全曲の平均点は相当に高い。歌われている内容は、人生を肯定するような、あるいは恋愛よりももっと大きな愛についてのものが多くなっている。でも、決して説教くさかったり、単なる建前に終わっているような感じはない。温かみと包容力を感じさせる歌声のおかげであるとともに、その言葉が彼女の暮らしの実感の中から生まれてきているものだからではないだろうか。アーチストとしてのテクニックと同時に、人として女性としての成熟が感じられる。アレンジも非常に効果的。メジャーレーベルを離れても信頼できる仲間とともに自分のペースで音楽活動ができているんだろうなということが伝わってくる。その気持ちがいちばん表れているのがM10「たからもの」だろう。 ★★★(2018/09/13)

「Natsu Summer&Dub Sensation」 Natsu Summer

2018年7月リリースのEP(7トラック・実質5曲収録)。今回もプロデュースはクニモンド瀧口氏。冒頭2曲がいきなり素晴らしい。セツナさをかきたてるサビのメロディーがたまらないM2「オールドスクール・サーファー」と、最近なかなか聴けないリリカルなギターに思わずしびれるM3「ロング・ホット・サマー」。とりわけ「ロング…」でのナツ・サマーさん自身によるストーリー性豊かな歌詞は絶品だ。バブル期の恋愛ドラマのワンシーンのような、メロウかつセンチメンタルなシティ・リゾート・フィーリングに心を揺さぶられる…。本作は前作よりもやや“レゲエ寄り”に軌道修正しているようだが、クニモンド・サウンドの軸はまったくブレていない。ファンなら文句なしに楽しめるだろう。ちなみにタイトルの「Dub Sensation」はステージのサポートも行うバックバンドとのこと。スティールパンを大きくフィーチュアしたサウンドが爽やかな個性を演出している。 ★★☆(2018/09/13)

「MY COLOR」 Negicco

2018年7月リリースの4thアルバム(13曲収録)。結成15周年の記念アルバムでもある本作は、前作に引き続いて、多彩なアーチストやクリエイターとのコラボレーションによる充実した内容となっている。傾向としては、いわゆるラブソングは少なめ。メンバーのキャリアや年齢による変化を意識した、ふとした日常の光景の中に自分たちの生き方を見つめるような曲が印象に残る。どのナンバーもとても丁寧な仕上がり。飛び道具的な曲は、本作の中でその吹っ切れっぷりがよけいに際立つシングル曲「愛かましたいの」くらいで、聴くほどにじわじわと良さが伝わってくるような曲、洗練された楽曲が並んでいる。最後の最後に原点をイメージさせるシンプルなテクノサウンドの「15」を置いているところにもうならされる。節目のアルバムなので、これはこれでいいと思うのだが、一アイドルファンとしてはいくつになっても楽しくバカなことをやっていてほしいなという気もちょっとする。 ★★☆(2018/09/13)

「JUSTICE」 春奈るな

1曲のみの配信限定シングル(リリースは2018年6月)。アニソンではなくゲームソフトのオープニング曲となっている。そのへんのタイアップとは関係なく、純粋に曲として聴くと…初期(1stアルバム前後)のダークな世界観の楽曲に近い雰囲気だろう。疾走感と重量感のあるロックサウンド。ドラマチックなストリングスも効いている。ポップな“るなる”もいいけど、こういうカッコいい系のナンバーも彼女の声質にはけっこうドハマリするのである。この方向性の曲ばかりを集めたミニアルバムなどつくってもらえたらうれしいのだけど。 ★★☆(2018/09/13)

「SUNNY SUMMER」 GFRIEND

2018年7月リリースのミニアルバム(5曲収録)。タイトルナンバーは夏らしくウキウキな気分が全編にあふれる爽快なポップチューン。最初から最後までサビ!といってもよさそうな耳ざわりのいいメロディーがとても気持ちいい。3曲目まではほぼそんな「夏休みっぽさ」全開で進んでいく。楽しいから文句はないのだが、ちょっと予定調和的かな…と思っていたら、M4「Windy Windy」のヨチンらしいセツナさにはっとさせられ、M5「Love in the Air」のシティソウル的なサウンドの新鮮さにぐっと惹きつけられる。やっぱり前半のような「単純明快なサマーサウンド」は今のヨチンにはちょっと幼いイメージとして感じられてしまうのは自分だけだろうか。次は最終曲で聴かせてくれたような色気のある曲メインでお願いしたいものだ。 ★★(2018/09/13)