CD Review 新着盤

◎この最初のページは、いちばん最近聴いたCD 5作品のレビューを掲載しています。
◎これ以前の分については「CDレビューの一覧表示」をご覧下さい。

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「going my way」 バニラビーンズ

2018年9月リリースのラストシングル(2曲収録)。最後の作品は、これぞバニラビーンズといえる、爽やかで軽快なアコースティック感のあるポップスとなった。表題曲もC/W曲の「ラストソング」もともに別れがテーマになっている。それぞれ明るく前向きな旅立ちの気分だったり、優しい言葉で感謝の気持ちを伝えていたりする内容で湿っぽくはない。しかし、その言葉の向こうには、こらえきれないほどの惜別の思いがあふれている。デビュー当時から彼女たちを支えてきたスタッフからの素晴らしい贈り物だと思った。そして、その曲を見事に歌い切ったバニラビーンズ。一人ひとりは決して歌唱力に秀でたメンバーではなかったと思うのだが、ここでは二人の声があわさった瞬間にミラクルが起きている。完璧な歌唱、感情表現といっていいだろう。爽やかなポップス+しっとり系ミディアムナンバーという組み合わせは最初期の作品群と同じ構成で、きれいに円環を閉じた形になる。しかし、その充実度は明らかに違い、11年間という時間による成熟を感じさせるものとなっている。本作のリリースから約半月後にバニラビーンズは解散の日を迎えた。 ★★★(2018/11/25)

「SOLEIL is Alright」 SOLEIL

12曲収録の2ndアルバム(2018年9月リリース)。前作同様、全曲モノラルミックス。内容の方も基本的には1stアルバムの延長線上といっていいだろう。バブルガム的なガールボーカルポップをダイナミックな1960年代ロックサウンドでパッケージしている。その上で、全体に楽曲の粒がそろい、アルバムとしての完成度はさらに増している印象。本当にどこを切ってもグッドメロディーがあふれ出してくる。あえて一作目と二作目の違いをあげるなら、「やや粗削りながら爆発力を秘めた1st」に対して、「平均点が高く洗練された2nd」といったところだろうか。いずれにしても、SOLEILのキャリアの中ではセットで聴かれていくことになる2枚なのは間違いない。
ボーカルのそれいゆさんも短期間で急成長しているね。可憐な歌声の中にも堂々とした自信と個性的な魅力がはっきりと姿を現している。本作リリース後、高校受験のため約半年の休業に入っている彼女。春にはさらに成長した姿を見せてくれることだろう。 ★★☆(2018/11/25)

「夏のカナリア」 あっとせぶんてぃーん

2018年9月リリースのシングル(3曲収録)。CDは、Aタイプ・BタイプでC/W曲が異なっていて、このシングル関連全体では4曲を聴くことができる。表題曲はこれまでとはやや路線を変えた「夏のカナリア」。カジヒデキ氏プロデュースの(いい意味での)頭カラッポナンバー連発にヒィヒィ言われさていたファンとしては、「ここで変えちゃうんだ…」というのが正直な感想かな。ダンサブルなリズムの中にややダークなトーンを感じさせるシリアスめの曲で、ライブなどでは一定のアクセントになる効果はあるかもしれない。でも、やっぱりメイドさんのユニットらしいハッピー感には欠けるわけで、どこか狙いが空回りしている印象だ。そのかわり…というわけでもないのだろうが、C/Wではおなじみのカジ氏のナンバーを2曲続けて聴くことができる(「ハートビートを止めないで」と「夏物語」)。こちらはあいかわらずの能天気っぷりで絶好調。 ★★(2018/11/25)

「twenty four to twenty five」 野中ノナ

美しくもミステリアスな電子音の揺らめきの向こうから聴こえてくる儚く可憐な言葉たち…。2017年5月までポエムコア・アイドルとして活動していたowtn.さんが、ポエティック・エンジェル「野中ノナ」として帰ってきた。本作は前年12月のシングルに続くミニアルバム(5曲収録)。リリースは2018年9月。
スタイルとしては以前と大きく変わっているところはない。彼女の詩の朗読+エレクトロニカ系のバックトラック。静かな環境で(できればヘッドフォンなどを使って)聴き込んでいくと、いつしかそのオリジナリティーあふれる世界に引き込まれてしまう。3分間の小説のような、映画のような、夢のような、歌のような…。タイトルはおそらく「24歳から25歳へ」という意味だろう。リリース日がちょうど彼女の誕生日にあたっている。ポエムコア・アイドル時代よりも、どこか大人びた詩が多くなっている印象を受ける。まずは再び彼女の新作を聴けることを喜びたい。 ★★☆(2018/11/25)

「the Ruby」 APRIL

2018年10月リリースのシングル(4曲収録)。リード曲は「Oh! My Mistake」。ぱっと聴くとクールなダンスサウンドだけど、どこか温かみがあってコミカルな要素も感じさせる。これまでのAPRILにはなかった曲調ですごく新鮮だ。歌詞の和訳を見てみると、「かわいいのが私の罪ね」なんて言っちゃう“自称モテモテ”の女の子が、「なんであなただけ振りむいてくれないのよ?」とヤキモキする様子を歌っているよう。この片思いをなんとかして〜というのは「MAYDAY」あたりに近い路線かもね。「MAYDAY」ほどブッ飛んではいないけど、これはけっこういい曲。MVも仕上がりも上々で何度も見たくなる。
C/Wでは、オープニングの「Oh-e-Oh」のイントロにEDMっぽさを感じた。明らかに寄せていっている。「Oh! My Mistake」にもフロアオリエンテッドな要素はあるし、ひょっとして同じ事務所で海外でもけっこう人気が高いという「KARD」のノウハウを突っ込んできたのだろうか? 同グループの中心人物は、言うまでもなくAPRILのオリジナルメンバー(初代リーダー)のソミンさん。まあ姉妹ユニットといえなくもないし…。 ★★☆(2018/11/25)