CD Review 新着盤

◎この最初のページは、いちばん最近聴いたCD 5作品のレビューを掲載しています。
◎これ以前の分については「CDレビューの一覧表示」をご覧下さい。

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Blue Ocean Fishing Cruise」 つりビット

2016年4月リリースの2ndフルアルバム(16曲収録)。これまでイベントなどではちょいちょい見ていたつりビット。でも、なぜか音源を買うところにまでは至っていなかった。本作もそんなに買う気満々でもなく、「どんな感じかいちおうチェックしておくか…」くらいの気分で試聴してみたところ、「けっこういいわ〜」と素直に思えてそのまま購入。
サウンドは、シティポップスなどの影響を感じさせる1980年代アイドル風の洗練されたもの。いわゆる「楽曲派御用達」といえる音なのだが、決して本格ぶらずアイドルらしい甘さもたっぷり加えてあるところが楽しくてとてもよい。また、「釣り」「魚」「海」といった、グループのコンセプトにちなんだ歌詞も、企画ものっぽくなりそうなところを寸前で回避していてうまい。アクセントになっているのは、ラテン風味の「ギョギョギョムーチョ」やロッカバラード2連発(「潮風日記」「カモメペリカンストーリー」)などで変化をつけた中盤かな。もちろん、オールド趣味だけでなく、イマドキのアイドルらしい勢いのある曲もたっぷり。全体に夏のイメージで統一されているところもいいね。今年の夏本番はつりビットのこのアルバムを聴きながら待ちたい! ★★☆(2017/06/15)

「Belle Epoque」 ラッキーオールドサン

2016年4月リリースの2ndフルアルバム(10曲収録)。一聴して惹きつけられた。現時点でのこのグループのベストではないだろうか。アルバムを通してバンドサウンドが前面に打ち出され、それによるドライブ感が大きく増している。もちろんミディアムナンバーやアコースティックアレンジの曲もあるのだが、トータルでそんな印象を受けるのは、やはりMVのある2曲のリードナンバー、「さよならスカイライン」と「すずらん通り」の存在感が大きく効いているのだろう。
そのサウンドは、デビュー作「海へと続く道」で聴かせた鮮烈なイメージとはやや異なり、1970年代のフォークロックへの郷愁をより自分たちらしく消化し、熟成させオリジナルな表現へと進化させたもの。グッドメロディーでありながら、内面に思いを秘めて抑制的なボーカルと、その歌声に寄り添いつつ、代弁するかのようにリリカルなフレーズを紡ぎだすギターのコントラストに胸をぎゅっとつかまれる。楽曲、歌唱、サウンド…すべてにバランスがとれて平均点が高いところも、グループの成長を示すものだろう。篠原氏の曲をメインにしつつ、よりフォーキーな味わいのあるナナさんの3曲を中盤に置いた構成もとてもよい。 ★★★(2017/06/15)

「憧れになりたくて」 チャラン・ポ・ランタン

2017年3月に公開された映画『はらはらなのか。』(酒井麻衣監督)の主題歌。音楽を担当したチャラン・ポ・ランタンは映画にも出演している。作品の中でとても効果的に使われていて印象に残っていたので、4月に配信リリースされてすぐに買ってみた。
映画ではミュージカルシーンで流れるのだが、まずはその設定とチャラン・ポ・ランタンの音楽性がどんぴしゃ! 楽しく聴けて物語の世界にすっと入っていける。彼女たちの音楽を使ったミュージカルの舞台を実際に見てみたくなるような素晴らしいハマリ具合。曲中のセリフもとてもよく効いている。サントラとしては大正解だろう。こういう「無国籍音楽」というと、かつては上々颱風を好んで聴いていた時期があった。彼らがモチーフにしていたのはアジアの音楽だが、チャラン・ポ・ランタンの場合は、主に大陸ヨーロッパの音楽をとり入れているようだ。どちらも大道芸的でありボーカルが強力という共通点もある。そんなことも考えた。 ★★☆(2017/06/15)

「ViVi」 LOOΠΔ

LOOΠΔ(イダレソニョ)2016年4月リリースの新メンバーは香港出身のヴィヴィ。ピンクの髪に大きな目が印象的な二次元風美少女。LOOΠΔ1/3のMVではアンドロイドの役をやっていたよね。どこか生身の人間っぽくない不思議な魅力があるのかもしれない。
さて、本作は2トラック収録。「Everyday I Love You」と同曲のテンポを落としてミディアムナンバーにリメイクした「Everyday I Need You」だ。軽快で親しみやすいポップ曲。ちょっとヒネリを効かせた楽曲が魅力だったイダレソニョの新曲と考えると物足りなさも感じるけど、ひょっとしたら韓国語がネイティブではないヴィヴィが歌いやすいようにと配慮したところもあったのかもね。「〜Love You」ではハスル、「〜Need You」の方ではこの時点では未発表メンバーのジンソルがラッパーとしてフィーチュアされている。特にハスルは意外性もあっていい感じ。こうした一種の“チームプレイ”もこのプロジェクトの楽しさの一つではあるよね。 ★★(2017/06/15)

「Palette」 IU

10曲収録の4thフルアルバム(2016年4月リリース)。K-POPの女性ソロシンガーでは間違いなく最高の人気と実力を誇る彼女。そのフルアルバムとしては約3年ぶり、満を持しての新作だけに期待を裏切らないクオリティーに仕上がっている。存在感としてはアイドルの部分も残しているのかもしれないが、曲を聴く限りではもう完全に一人の女性アーチストといった雰囲気しかない。
まず、「Dlwlrma」から「Palette」(表題曲)へと続く冒頭の2曲に圧倒される。シンプルな、それでいてリズムのしっかり効いたトラックをバックに聴く彼女の歌声の艶やかさと豊かさ! 思わずうっとりと聴き惚れてしまう。もちろん韓国語だから、細かい歌詞のニュアンスはわからない。しかし、言葉の壁を軽々と超えて訴えかけてくるものが間違いなくあるのだ。これこそが歌の力というものだろう。サウンドも素晴らしい。ヒット間違いなしの彼女の作品だけに、おそらくK-POP界の才能あるクリエイターをおしげもなく投入しているはず。実際にそう感じられる素晴らしい楽曲である。後半のハイライトは、MVもある「Through the Night」だろう。嫋々たる歌声は東洋的な美しさに満ちている。時代と関係なく聴き続けられるエバーグリーンな風格さえ漂わせた作品ではないだろうか。 ★★★(2017/06/15)