CD Review 新着盤

◎この最初のページは、いちばん最近聴いたCD 5作品のレビューを掲載しています。
◎これ以前の分については「CDレビューの一覧表示」をご覧下さい。

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「印象派は君に問いかける」 印象派

2017年10月リリースの1stフルアルバム(10曲収録)。以前にミニアルバムを3作発表しているので、アルバムとしては4作目となる。オープニングの「檸檬 [le:mon]」から、「これぞ印象派サウンド!」としかいえない個性的な音に惹きつけられる。彼女たちのことを最初に知ったのはもう5年近く前になるが、その間、軸がまったくブレていない。本当の意味でオリジナリティーを持ったユニットだなと改めて感じさせられる。
どの曲もとてもよく練りあげられており、初のフルアルバムにふさわしい聴き応え。お得意のパターンといえる、シームレスに繋がる組曲風の「秘密」〜「印象派は君に問いかける」には思わずニヤリとさせられるし、後半に集められたリリカルでメロディアスなナンバーの美しさも印象深い。とりわけ「僕らは永遠じゃない」の大サビのカタルシスから、薬師丸ひろ子のカバー「Woman "Wの悲劇"より」への流れは何度聴いても素晴らしい。現時点での最高作だろう。 ★★★(2017/12/17)

「ルルルルズ」 ルルルルズ

男女6人組グループの2ndミニアルバム。7曲収録。2017年9月リリース。結成は2012年で、その翌年には「点と線」という最初の3曲入りCDを聴いているほか(未レビュー)、ライブも一度だけだが見ている。ただ、その後あまり接する機会がなく、しばらく縁遠いままになっていた。本作は、前作から3年以上のインターバルを経て発表されており、その間にリーダーを含むメンバーの交代があったりして、いわば新体制での作品ということになるのだろう。
新たなスタートにあたり、セルフタイトルとしていることからも、バンドの意気込みが伝わってくる。サウンドを一言で表すならば、透明感のあるボーカルを生かしたナチュラルで洗練された大人っぽいポップス…かな。AOR的な要素もけっこう入っている。北欧ポップス、渋谷系、さらにはアコースティックな「さよポニ」などが好きな人にもかなりの共感を得られるのではないだろうか。とても聴きやすく、リラックスしたい休日の午後に聴きたいイメージ…。また聴くことになったのはほぼ偶然だけど、とてもうれしい再会となった。 ★★☆(2017/12/17)

「DISCOFUNK」 IsTaR

福岡を拠点に活動している男女4人組ユニット「アイスター」の1stミニアルバム(6曲収録)。リリースは2017年9月。もともとGALETTeのメンバーだった保坂朱乃さんが所属していたユニットとして知っていたのだが、現在はメンバーチェンジがあり男性1人+女性3人となっている。ライブも見たことがあり、楽曲は好きだったので代表曲がほぼ聴ける本作は出てすぐに買ってみた。
作編曲はすべて筑田浩志氏。これだけでほぼ雰囲気はつかめるだろう。GALETTeの曲が好きだった人ならこたえられないディスコ/ファンクサウンドが全編にわたって展開されている。その上である種のミュージカルナンバーなどに通じるようなリッチな華やかさと楽しさ、さらに上昇志向のような感覚がプラスされエンターテインメント性を高めている。オープニング「UPPERなMUSICをWANTED!」とラストナンバー「回れ! ミラーボール」が圧巻! 欲をいえば男声ボーカルの存在感がもう少しあってもいいような気もするけど…ライブでもまた聴いてみたいと思わされる曲が詰まってる。 ★★☆(2017/12/17)

「BIZARRE CARNIVAL」 GLIM SPANKY

2017年9月リリースの3rdアルバム(11曲収録)。メジャーデビュー以降、ちょっと疎遠になっていたのだが、何気なく新作の試聴をしてみるとものすごく良い! というわけで本作も「出戻り」的な感覚で聴いてみた。
まず冒頭2曲の60年代風サウンドにやられる。とりわけタイトル曲は後期ビートルズっぽさ全開! 一定の年代以上の人だとこのへんはわかっていても抗えないところだろう。しかし、これは最初の「つかみ」というか、ほんの導入部。やがて徐々に、彼ららしいブルースをベースにした骨太で情感あふれるアーシーなサウンドへと変化していく。シンプルでいながら緻密に構成されたダイナミックなアレンジと演奏、そしていったん慣れると本当にチャーミングな声という印象に変わる松尾レミさんのボーカルの魅力。アッパーチューンでは力強く、リリカルなナンバーではふとユーミンのように聴こえることもある変幻自在の歌声だ。聴き込むほどに良くなるね! これまでのアルバムはタイアップが多かったり、外部の環境に影響されている部分もあったような気がするのだが、本作は彼らがまさに作りたい音を突き詰めた一作といえるのではないだろうか。素晴らしい充実作だ。 ★★★(2017/12/17)

「Red Diary Page.1」 Bolbbalgan4

「Bolbbalgan4(ポルパルガンサチュンギ)」は、2016年デビューの韓国の女性アコースティックデュオ。ユニット名を訳すと「赤いほっぺの思春期」となる。音楽ランキング番組で1位を取るほどで人気も高い。本作は2017年9月リリースの2ndミニアルバム(5曲収録)。たまたまネットで紹介されていたのがきっかけで聴いてみた。
第一印象は、IUのアコースティック楽曲の雰囲気に近い…かな。つまりはものすごくよく出来ている。洗練されたメロディーは、フォークというよりポップスといった方が近いだろう。イマドキっぽくラップをフィーチュアした曲なども、基調はすっきりしたアコースティックサウンドでまとめている。ボーカルはかわいらしく爽やかな声質で上手い。日本にもいそうで意外といないタイプではないだろうか。歌詞が韓国語で意味がわからないからサウンドだけに集中して聴ける効果もあるのかもしれないが、とにかく惹きつけられるチャーミングな音楽だ。 ★★☆(2017/12/17)