CD Review 新着盤

◎この最初のページは、いちばん最近聴いたCD 5作品のレビューを掲載しています。
◎これ以前の分については「CDレビューの一覧表示」をご覧下さい。

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「My Name Is SOLEIL」 SOLEIL

2018年3月リリースの1stフルアルバム(12曲収録・うち1曲はインスト)。「SOLEIL」(ソレイユ)はいちおうバンドという体裁ではあるが、実質的には14歳のボーカル・それいゆさんを、サリー久保田、中森泰弘の両ベテランがサポートするソロプロジェクトといっていいだろう。
サウンドのコンセプトは「1960年代」。ロックンロール、スカ、モータウン、アメリカンポップス、そしてほのかに漂うフレンチロリータの香り…。雰囲気を徹底するために全曲モノラルミックスとなっている。楽曲は多彩なミュージシャンを曲ごとに起用しており、そのままだとまったくバラバラなアルバムになってしまいかねないところを、絶妙なプロデュースワークで見事にまとめている。その中でもひときわ華やかさが際立っているのが、M2「恋するギター」とM5「姫林檎GO GO!」だろう。提供したのは真島昌利、近田春夫の両氏。どちらも60年代にはありえなかった曲調なのだが、まったく違和感なしにハマっている。まさに「温故知新」のお手本のような素晴らしい楽曲だ。
主役であるそれいゆさんのボーカルは、歌唱力という面では年相応でずばぬけているわけではない。でも、腕っこきのミュージシャンたちが用意したとびきりのサウンドをバックにのびのびと歌い切っている。自然体のスター性があるし、聴いているといつの間にかクセになってしまいそうな声質も良い。 ★★☆(2018/04/23)

「少女フィクション」 アーバンギャルド

11曲収録の8thフルアルバム(2018年4月リリース)。オリジナルアルバムとしては前作「昭和九十年」から約2年半ぶりとなる。前作がメッセージ性の強いトータルアルバムで、しかも非常に完成度の高い作品だったのに対して、本作はアーバンギャルドらしいポップで痛いナンバーをストレートに並べた聴きやすいアルバムといった印象。これは決して作品としての弱さを意味しない。たしかに「昭和九十年」はアーバンギャルドの一つの頂点といってもいい傑作だったのは間違いないが、正直「気軽に聴けない」「ちゃんと向き合うと重い、疲れる」という部分もあったと思うのである。本作はポップグループとしてのアーバンギャルドの魅力をすっきりと力強く提示している。たまにはこういう作品もいいのではないだろうか。
楽曲はどれも良いけど、やはりM1「あたしフィクション」とM10「少女にしやがれ」がすぐにでもシングルに切れそうなキャッチーさで圧倒的。バイオレンスなM8「鉄屑鉄男」からボーカルの美しさが心にしみこむM9「キスについて」への流れにもやられる。会場限定アルバムでしか聴けなかった「ふぁむふぁたファンタジー」と「大破壊交響楽」が収録されているのもうれしいな。 ★★☆(2018/04/23)

「new life wave」 SOROR

ふぇのたす解散後、主に音楽プロデュース、作詞・作編曲など裏方として活動しているヤマモトショウ氏のソロプロジェクト「SOROR(そろる)」の1stアルバム(10曲収録)。2018年3月リリース。
本作は曲ごとに10人の女性アーチスト/シンガーをフィーチュアリング。大森靖子、吉澤佳代子、日向ハル、南波志帆、藤岡みなみ…それぞれ個性的な顔ぶれ。ソロ作品として自分ならではの音楽性を打ち出すのと同時に、「いろんなシンガーの魅力を生かす作品づくりができますよ」というPRも兼ねているのかな? いずれにしてもバラエティーに富んだとても楽しめるアルバムに仕上がっている。
サウンドコンセプトは「EDM」。トロピカルハウスっぽいシンセによるバッキングフレーズが耳に残る。もちろん直輸入という感じではなく、ヤマモト氏らしくピコピコ系のかわいい音と組み合わせて独自のテイストを生み出している。歌詞とメロディーもポップでキュート。このへんはふぇのたすのファンだった人なら一発で気に入ること間違いなしだろう。今後の展開も楽しみだ。 ★★☆(2018/04/23)

「TAKE IT LUCKY!!!!」 脇田もなり

2018年3月に配信リリースされたシングル(1曲のみ)。前作「WINGSCAPE」に引き続き新井俊也氏の楽曲。気持ちいいリズムと脇田もなりさんの伸びやかなボーカルを堪能できる。とりわけ印象に残るのはやはりその声の良さ! いわゆるアーチストに分類されるシンガーにはあまりいない声質で、つくり込んでいない素のままの魅力にあふれている。存在そのものがチャームである…という意味では、彼女のボーカルはまさにアイドル的だといえる。「アイドル色強めのソロシンガー」という境界線上にいるおもしろさとあわせて、彼女のライブに何度でも通いたくなる大きな理由だろうという気がする。 ★★(2018/04/23)

「Olivia Hye」 LOOΠΔ

2016年10月からおよそ1年半かけてメンバーを発表してきたLOONA。その最後のメンバーが2018年3月にシングル(2曲収録)をリリースしたオリビア・ヘ。なぜ「オリビア」だけではダメで最後に「ヘ(Hye)」がついているのか…というのは謎だが、とにかく当初アナウンスされていた全12名のメンバーがこれでそろったことになる。
リード曲は「Egoist」。マイナー調のエレクトロニックアーバンポップ。ボーカリストとしてのオリビアは11人目だったコウォンに近いように感じられた。雰囲気はあるものの歌唱力で押してくるタイプではなさそう。ルックスもちょっと似ている。セットにしたらおもしろいかもね…なんて思ったら、すでにC/W曲「Rosy」はこの二人のユニット曲となっていた。この曲も含めて、イヴ以降の第三ユニット(?)メンバーの楽曲はきわめて近いサウンドカラーで統一されているようだ。メンバーのキャラにあわせてカラフルな変化をつけていた初期にくらべると、ポップさという点でやや物足りないと思うのは自分だけだろうか…。 ★★(2018/04/23)