CD Review 新着盤

◎この最初のページは、いちばん最近聴いたCD 5作品のレビューを掲載しています。
◎これ以前の分については「CDレビューの一覧表示」をご覧下さい。

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「まっしろな気持ちで会いに行くだけ」 平賀さち枝

12曲収録の2ndフルアルバム(2017年9月リリース)。デビューアルバムが2011年だったので、なんと6年ぶり。その間、シングルやEPなどは出ていたわけだけど、最近はそれも少なくなっていたので、ファンにとってはまさに「待望」のNEWアルバムとなった。
聴いてみると、ステージでよく歌っていた曲、ライブの感想に「早く音源化してほしいね」といつも書いてたような曲が並んでいる。もちろんおなじみの曲ばかりではなく、新曲といっていいような曲も聴ける。それらがアコースティック楽器の響きを生かした、いい感じのサウンドとあの唯一無二の歌声でレコーディングされているのだから、この段階でかなり満足度は高い。たしかにデビューアルバムにあった衝撃的といってもいいほどの新鮮さには及ばないかもしれない。でも、彼女が6年間、基本的なスタイルを変えずに今も歌い続けていること、その現在形の音楽をこうして再びパッケージとして聴くことができること、それだって相当に素敵なことだと思う。改めて平賀さんの生み出す楽曲の良さ、歌の魅力を感じられる一作。 ★★☆(2017/11/18)

「Eternity」 APRIL

2017年9月リリースのミニアルバム(6曲収録)。リード曲(シングル曲に相当)の「Take My Hand」は、切なくリリカルなメロディーとストリングスが印象に残るダンサブルなポップナンバー。タイプとしては前々作「April Story」の系統だろう。3分間に聴かせどころや見せどころをぎゅっと凝縮しているため、最初はその情報量の多さに若干とまどったものの、耳になじんでくると素直に良い曲。密度が高い分、繰り返し聴いても(見ても)飽きないし、まさに活動曲らしい曲という感じではないだろうか。6人編成に戻してからの新しいAPRILのイメージもよりくっきりしてきた気がする。
C/Wも粒ぞろいでいいね。R&Bテイストを導入しつつも、本格的に黒っぽくしてしまうのではなく、あくまでもアイドルらしいかわいらしさや楽しさを前面に出したサウンドに仕上げている。イェナ、レイチェルのキュートなラップをフィーチュアした曲などもとても好感が持てる。 ★★☆(2017/11/18)

「RAINBOW」 GFRIEND

8月に発表されたミニアルバム「PARALLEL」に新たに2曲を追加したリパッケージアルバム(10トラック、実質8曲収録)。リリースは2017年9月。従って「LOVE WHISPER」「SUMMER RAIN」と2曲のリード曲を聴くことができる。
前作では「FINGERTIP」で大人っぽくシャープな方向に一気に舵を切った彼女たちだったけど、その反響がいまいちだったのか、本作の「LOVE WHISPER」では、再び以前のような爽やかスクールガール路線に戻している。このあたりの路線の迷走(?)がやや気になりつつ聴いてみたのだけど、結論からいえば非常に充実した作品であり、心配は無用ということになるだろう。新曲「SUMMER RAIN」は、「秋になって夏の儚い恋の日々を思い出している」という曲で、タイトルから受ける季節はずれ感がより切なさを際立たせる内容。技あり!という感じ。タイトル曲になっている「RAINBOW」は、ギターサウンドを生かした骨太でメロディアスなポップスでこれも聴き物だ。C/W曲も隙がないね。シングルに切りたくなるようなM5「Ave Maria」、ユーロ風味が小粋なM8「Red Umbrella」…どの曲も甲乙つけがたい。 ★★☆(2017/11/18)

「Mix&Match」 LOOΠΔ / ODD EYE CIRCLE

キムリップ、ジンソル、チェリーの3人による派生ユニット「オッドアイサークル」の1stミニアルバム(5トラック、実質4曲収録)。2017年9月リリース。前半にダンサブルでスタイリッシュなナンバー、後半はミステリアスな雰囲気でじっくり聴かせるミディアムナンバー。どの曲も期待を裏切らないクオリティーでもう慣れっこになっているはずなのに、やはりうならされてしまう。もう一つの派生ユニット「LOOΠΔ 1/3」がアイドルらしい甘さを感じさせるサウンドだったのに対して、こちらはクールなビター味というか、カッコよさを意識した仕上がり。でも、ボーカルの息づかいからは十代の少女らしいフレッシュさ、華やかさがどうしようもなくあふれてくる。アイドルの領域を拡張するようなこのあたりの匙加減、計算は心憎いとしかいえない。重量感のある音なのに不思議と聴きやすく、何度でもリピートしたくなる魅力につながっている。 ★★☆(2017/11/18)

「FLOWER BOOKMARK 2」 IU

2014年のカバーミニアルバム「花しおり」の続編。2017年9月リリース(6曲収録)。引き続き韓国の有名曲を新たなアレンジで歌っている。詳しくはわからないのだが、おそらく韓国人が聴いたら「懐かしい」と感じるような、少し昔の曲から選んでいるのではないだろうか。アレンジもアコースティック主体で、原曲のメロディーが持つ魅力をそのまま引き出そうとしているようだ。
といっても、渋さ一辺倒というわけではなく、M3「Sleepless Rainy Night」では、最近の彼女のオリジナル作品とほとんど遜色ない洒脱なサウンドが聴けるし、M4「Last Night Story」はオールディーズらしい楽しい歌謡ポップに仕上っていたりする。どんな曲でも自分の持ち歌のように歌いこなしてしまう美しい歌声に惹きつけられる。ただ、やはり原曲を知っている方がより楽しめるのだろうなという気も…。 ★★(2017/11/18)