Live Report 最新

◎このページには、いちばん最近見たライブ、イベントなどの感想を載せています。
◎これ以前の分については「ライブレポートの一覧表示」をご覧下さい。

2017/05/20 ラッキーオールドサン 新宿 タワーレコード(インストア)

4月にリリースされた2ndフルアルバム「Belle Epoque」のプロモーションイベント。土曜の12時スタートという浅い時間帯のインストア。でもお客さんはけっこう集まってたね。…とはいっても、アイドル系などと比べると人の密度はゆるめ。定刻10分前くらいの会場着だったのだけど、3列目くらいのわりといい位置で聴くことができた。

アルバム「Belle Epoque」はリリース直後に入手して聴いていた。同作の特徴の一つはドライブ感のあるバンドサウンドを前面に押し出していることだろう。そんなわけで、この日もインストアイベントにもかかわらず、現在行っているツアーと同じバンド編成での出演となった。
メンバー2人(ボーカル、ギター/ボーカル)+ギター、ベース、ドラムス。5人でのステージ。セットリストは、「さよならスカイライン」「坂の多い街と退屈」「あくび」「フューチュラマ」「ツバメ」「I want you baby」「ミッドナイト・バス」…の全7曲。
新作から4曲、過去作から3曲というバランスのよい選曲。それをバンドセットのサウンドできっちり聴かせる。ボリューム的にもサウンド的にも、ちょっとした対バンイベントの30分ステージをしのぐような充実した内容。でも、考えてみればツアーバンドと一緒のステージなのだから、それも当然のことなのかもしれない。いってみればツアーの「サワリ」を聴くことができたイベント…ということになるのだろう。新作収録曲だけでなく、過去作の曲もちゃんと現在のスタイルにバージョンアップされている。非常に聴きごたえがあった。
ラッキーオールドサンのライブを見るのは約2年ぶり(通算3回目)。一言でいえば力強さが増していた。繊細なメロディーや、映像が広がるような歌詞の世界はそのままに、それらを支える土台の部分がしっかりと充実しているのが伝わってきた。以前は篠原氏はアコースティックギターを弾いていたがこの日はセミアコ。メインボーカルのナナさんも甘酸っぱい声質は変わらないが、非常にしっかりした軸を感じさせる歌声になっている。バックバンドも、素晴らしいフィーリングで聴かせる田中ヤコブ氏のギターをはじめ、おそらく初期の頃からのメンバーだろう。ダイナミックで息のあった演奏に時間を忘れた。全7曲、約38分。

MCは必要最小限だったかな。おしゃべりがあまり得意ではないところは変わってないみたい。その中で6月に予定されているレコ発ワンマン(下北沢)の告知も。ツアー最終日。メンバー2人だけでのセット(おそらくアコースティック)とバンドセット、ラッキーオールドサンの両面が聴けるライブになるそうだ。もう予約は済ませているけど、この日のイベントを見てますます楽しみになってきた。

開演12時11分→終演12時49分。

2017/05/10 フィロソフィーのダンス、バニラビーンズ、callme、さきどり発信局 渋谷 O-WEST

「e pop gallery supported by Leadi」。「ほぼほぼアイドル系」といっていいグループ4組によるイベント。知ったのはバニラビーンズのスケジュールがきっかけ。人気はあるのにこれまでそのステージに接する機会の少なかったフィロソフィーのダンス、callmeなども見られる…ということで。とはいえ、平日の対バンイベントだけにお客さんは少なめ。スタート時点で50〜60人だったかな(最終的にはその倍くらい?)。平均して3列目くらいの良い位置で見ることができたのはよかったね。

○「さきどり発信局」 5人組アイドルグループ(「ほぼほぼ」じゃなく純粋なアイドル)。曲は電波ソング。ちょっとコミカルで元気いっぱいな振り付け。色分けされた衣装に、お客さん参加型の自己紹介…。まさにイマドキ風アイドルの標準装備という感じだね。ここまでそろうと、似たようなグループがいっぱいある中で「差別化する気あるんかいな?」と心配になってくる。メンバーの中ではピンクの子(西宮もえさん)がかわいかったね。…そう、メンバーの色分けにはこの「覚えやすい」という効果が大きいからどこもやるのだろう。改めてそれを実感させられた。全3曲、約20分。

○「callme」 アイドルファンにはよく知られている3人組ガールグループ。ライブはこの日が初見。もともと「Dorothy Little Happy」の派生ユニットとして生まれたグループだけど、そのドロシーもイベントで1回見たことがあるだけなので、すべてにおいて新鮮という感じだった。
1曲目は爽やかなポップ曲。その後は4曲続けてダンサブルでR&B的なテイストの強い曲を歌っていく。中には英語でのラップをフィーチュアした曲などもある。「ほぼほぼアイドル」というか、アイドルとしてはかなり甘さ控えめの印象だったね。衣装も全員同じデザインの白いワンピース。ある意味で非常にストイックな彼女たちの意思がそこにも込められているような気がした。MCでも「作詞・作曲・振り付けを自分たちでやっているガールグループです」と言っている。アイドル的な要素は残しつつも、いわゆる「アイドルらしいアイドル」ではない方向をめざしているのは間違いないだろう。
そんな彼女たちとファンがアイドルらしく弾けていたのが最後の曲だった。タオルをぐるぐる回しながらフロアを煽る四つ打ちっぽいポップナンバー。それまでのストイックな雰囲気との落差がファンにはより魅力になっていたりするのかな?
メンバーではやはりMIMORIさんの美少女っぷりが鮮やか。HKT48の宮脇咲良さん、乃木坂46の堀未央奈さん…あのへんの系統が好きな人なら絶対やられると思う。全6曲、約31分。

○「バニラビーンズ」 4月末のイベントで「5月は28日のワンマンまでライブの予定はない」と言っていたバニビちゃんだったが、急遽一週間ほど前に決まった出演だったみたい。メンバー2人でのステージ。セットリストは、「Say Goodbye」「サカサカサーカス」「ナイト・アンド・フライ」「sweet life」「東京は夜の七時」「ニコラ」…の全6曲。
内容的には、対バンイベントならこんなもんやろ…という感じの選曲で、久々の「ナイト・アンド・フライ」がちょっと新鮮だったくらいかな。熱心なファン以外は「バニビならこの曲」という定番曲をこそ聴きたがってたりするわけだから、「東京は夜の七時」とか「ニコラ」が毎回あっても、それはそれで正解なんだろうと思う。ただ、「サカサカ〜」みたいな初期曲はファンしかいないようなイベントでやった方がありがたみがあるような気も…。
MCでは、「最近ライブハウスでの対バンにあまり呼ばれなくなったよね」「以前はまた?っていうくらいスケジュール入ってたけどね」とか、「ワンマンのチケット売れてないので買って! この後に手売りするから…」みたいな自虐ネタが多めだったかな。ちなみに、O-WESTでバニラビーンズを見るのはこの日が初めてだった(過去に3回くらいは出演してるそう)。全6曲、約37分。

○「フィロソフィーのダンス」 ライブを見るのは約1年8カ月ぶりで2回目。前回は彼女たちのまさに「お披露目」のデビューステージで、やれる曲も1曲だけだった。しかし、現在は中規模クラスのライブハウスならワンマンで満員にしてしまうくらいの勢いだ。刮目してステージスタートを待った。
メンバーは4人。デビュー時は5人だったから1人減ったようだ。曲調は完全にファンクとかソウル、ディスコな感じ。ボーカルをリードするのは小柄だけどパワフルな日向ハルさんだろう。グラビアでも活躍してる奥津マリリさんもけっこう歌えてると思った。アッパーな曲ばかりでなく、中盤にはテンポを落とした曲をじっくり聴かせたりもする。とても充実したパフォーマンスでいいグループに急成長しているのがわかった。そして、いわゆる「楽曲派」御用達アイドル…という評価を改めて確認することができた。ファンもかなり多く盛り上がってたしね。
そして、ここからは個人的な好みの世界になるのだが、自分にドンピシャなのはもうちょっと甘さが入った路線だなとも感じた。フィロソフィーのダンスの曲は、バンドやソロアーチストがカバーしてもおそらく何の違和感もないカッコいいい仕上がりになるだろう。その一方で、もう解散してしまったが同じくファンクやディスコ調の曲をやっていたGALETTeのナンバーをバンドがカバーしたら…なんとなくムズがゆいような微妙な空気感がそこに生まれるのではないだろうか。この微妙なムズがゆさこそが、アイドルに重要な「甘さ」だという気がする…。そんなことを考えながらステージを見ていた。
ちなみに、メンバーではアニメ声の十束おとはさんがかわいいと思った。プロフィールを見ると声優もやっているようだ。なるほど〜という感じ。全7曲、約34分。

フィロソフィーのダンスやcallmeのワンマンをステージ前の2、3列目で見ようと思ったら、今や大変な根性が必要だろう。この日は対バンだったから短めのステージだったけど、雰囲気を知るにはとてもいい機会だったね。最近、あまり対バンイベントには行ってなかったけど、顔ぶれによっては案外狙い目かも…。

開演19時05分→終演21時17分。

2017/05/07 Softly、宇宙まお、ちさ 渋谷 gee-ge

ちさ presents 「つながりたガール vol.2」。お目当てはSoftly。ゴールデンウィーク最終日、しかも夜のライブにもかかわらず、会場内はお客さんでいっぱい。後方には立ち見のお客さんもぎっしり…という大盛況イベントとなっていた。幸い、入場順が真ん中くらいだったので、中央やや後ろ寄りあたりの席に座ることができた。ステージまでの見通しもまあまあ。ラッキーだったね。

○「Softly」 メンバー2人(ボーカル、アコースティックギター)+サポートでピアノ、パーカッション。4人での演奏。セットリストは、「花言葉」「Girl's Talk」「あなたのことを想って指先でなぞる文字は」「もしも私がお母さんになったら」「ポケットの中」「ロマンス」「スキナノカナ」「恋心よあたしにきっと幸あれ」…の全8曲。
彼女たちのライブを見るのは約半年ぶりで4回目。これまではすべてインストアやフリーイベントだったので、ライブハウスでじっくり聴けるのを楽しみにしていた。しかも、サポートを加えたアコースティックバンドのサウンドで聴くのも初めて。CDとは少しアレンジも変えてたのかな。とても新鮮で良かった。シンプルなサウンドだけど、その分ボーカルが前面に出て、より存在感が増している。楽曲の良さとともに、やはりこのグループはMUTSUKIさんの歌声が大きな魅力であることを改めて感じさせられた。一曲ごとにとても聴き応えがあった。
この日はちょうど半分の4曲が6月リリース予定の2ndミニアルバム収録曲だった。すでに新作プロモーションモードに入っている感じだろうか。その中でも、とりわけ印象に残った曲が「ロマンス」。原田知世のカバー。最初、カバーと気づかなくて、「これは新しい作風? でもすごくいいじゃないか!」と思ってしまったくらい。彼女たちらしくしっかり歌っていた。オリジナルは1997年でトーレ・ヨハンソンが手がけている。自分の好みからいえば反応して当然だったかも…。この曲は「初回限定盤のみ」で聴けるらしい。限定盤購入がこの瞬間決定したのだった。
MCは主にHARUKAさんが担当。しかし、最後の曲にいく前のタイトルコールを思い切り間違える痛恨のミス…。でも、悔しがってる様子もかわいいので何の問題もないのである。そのラスト曲「恋心よあたしにきっと幸あれ」では、何やら飲料のボトルを振って応援しているファンがあちこちに。どうやらこの曲がCMソングに使われた北海道のローカルドリンクらしい。ということは、みんな北海道から来たか、北海道まで遠征したことがあるか、どっちかだろう。熱心なファンの多さが印象的でもあった。全8曲、約39分。

○「宇宙まお」 ライブはこの日が初見。変わった名前だけど、それがソロになる前に「ザ・宇宙人ズ」というバンドのボーカルだったため…というエピソードを、何かの記事で読んだ記憶があった。自身のボーカル/アコースティックギター+サポートでギター、ドラムス。3人でのステージ。
サウンドはアコースティック感のあるポップロック。どちらかといえば、ロックバンド風というより、シンガーソングライターっぽいと表現したくなるような曲が中心かな。いちばんの持ち味はくっきりしたボーカルの声質、歌唱だろう。友達や家族のことを歌った曲、ポジティブな元気系の曲など。ただ、今自分が求めている音楽の方向性とは少し違うような気もした。全7曲、約42分。

○「ちさ」 シンガーソングライター・千佐真里奈さんによるソロユニット。千佐さん名義のライブは約4年前に一度だけ見ている(その時も同じgee-geだった)。その後、サポートミュージシャンとチームを組んで演奏するスタイルに変わっている。自身のボーカル/アコースティックギター(1曲だけピアノも)+ギター、アコースティックギター、パーカッション。4人でのステージ。
ポップで明るくポジティブな内容の楽曲が中心。お客さんと一緒にクラップや簡単な振り付けで盛り上げていく。ただ、やはり今自分が求めている音楽とはやや異なるように思えた。MCでは、ワンマンライブの映像を「USBメモリ」に収録して販売していることなど。DVDではないことに時代を感じる。全6曲、約40分。

そのままイベントの最後を飾るアンコールがわりの「セッション」へ。ちさバンド+宇宙まおさん+Softlyの二人。曲は「やさしさに包まれたなら」(荒井由実カバー)。ここではSoftlyのHARUKAさんのソロが聴けたのが、けっこうレアだったんじゃないかな〜。Softly自身のステージでもたまにコーラスをつける程度。彼女がソロで歌うのを聴いたのはたぶん初めてだと思った。本職のボーカリスト3人と一緒に歌うので、ちょっと自信なさげではあったけど、貴重なものを聴けたのはファンとしてはうれしかったね。この他、翌日が誕生日という宇宙まおさんのバースディサプライズ(ケーキのろうそく吹き消しイベント)なんかも。楽しい雰囲気でのイベントのエンディングとなった(このパート約13分)。

仕事のスケジュールがけっこう入ってしまって半分くらいしか休めなかったゴールデンウィーク。でも、最後にSoftlyを聴けていい締めくくりになったね。7月に東京でもワンマンをやるとの告知も(渋谷O-nest)。もちろん彼女たちのワンマンは未体験。早くも行きたくなっている…。

開演18時35分→終演21時18分。