Live Report 最新

◎このページには、いちばん最近見たライブ、イベントなどの感想を載せています。
◎これ以前の分については「ライブレポートの一覧表示」をご覧下さい。

2017/11/11 Softly 渋谷 O-nest(ワンマン)

「Softly LIVE 2017 〜アリガトウをアナタに アリガトウをワタシに〜」。Softlyの東京での初のワンマンライブ開催!…ということで発売されてすぐにチケットを買って楽しみにしていた。ところが、本番があと半月ほどに迫った10/23、突然「Softlyの年内での活動休止」が発表されたのだった。東京でのステージはなんとこのワンマンが最後ということに…。

Softlyを知ったのは2015年のはじめ。ネットでデビューシングル「Maybe〜どうでもいいの〜」をたまたま耳にする機会があり、「けっこういいな〜」と思って聴き始めたのがきっかけだった。ステージを初めて見たのは同年6月。当時、彼女たちはまだ北海道の高校生だったので、東京でライブをする機会も限られていた。高校を卒業してメジャーデビューしてからも北海道を拠点にしていたので、ライブを見ることが出来たのはこの日の最後のワンマンを含めてもわずか6回ということになる。ただ、その間、リリースされた音源はすべて買って聴いていたし、頻繁に見ることがなかったわりには好きなアーチストであることは間違いなかったと思う。活動休止(実質的には解散?)は残念だけど、最後のステージを見届けるのと同時に、「本人たちからの申し出」だったという、その決断の理由などが少しでも語られるならば聞いてみたい…。そんな思いで会場に向かった。

入場してみたら満員。ソールドアウトだったようだ。定刻を少し回ったところでサポートバンドが登場。続いてMUTSUKIさん、HARUKAさんがステージに現れた。胸に「Softly」という文字が入った白いTシャツを着ている。なんだかアンコール用の衣装を最初から着てみました的な雰囲気。メンバー2人(ボーカル、アコースティックギター/コーラス)+キーボード/ギター、ベース、ドラムス。5人での演奏。曲によってバックトラックも併用。
セットリストは、「Baby」「ポケットの中」「Girl's Talk」「会えない日々が私を強くする」「ふらわー」「小さな君」「DRIVE」「恋心よあたしにきっと幸あれ」「あなたは会えるけど全部ダメ」「あなたの隣で」「あなたのことを想って指先でなぞる文字は」「たとえばあたなと」「スキナノカナ」「キミがいい」「Maybe 〜どうでもいいの〜」、アンコールで「Fly」「ふたり」…の全17曲。(終演後に配られたセトリ参照)

事ここに至っては、曲をじっくり聴いてその感想を書いても仕方ない感じ。代表曲をしっかり聴かせてくれたことに感謝である。特に本編はバンドの的確なサポートもあってストレートで力強いサウンドになっていた。Softlyの良いところが全部出ていたのではないだろうか。
ライブは普通に「東京での初ワンマンを盛り上げていくよ〜!」という体で進められていった。しんみりモードにしないで最後まで楽しんでもらいたい…そんな配慮だったのだろうが、同時になんとなく喉に小骨が刺さっているような微妙な空気感もあったかな。お互いに言いたいことを無理して飲み込んでいるような…。特に前半。ただ、途中からその空気ががらっと変わった気がしたのが10曲目「あなたの隣で」だった。スイッチが入ったというか、吹っ切れたというか。すべて思い残すことなく音に出し切ろうという気持ちが伝わってきた。ここからは最後の曲までもう一気だったね。

MCで活動休止に触れたのは本編が残り1曲というタイミング。二人とも非常に思い悩んだ末の結論だということ、そして多くの感謝の気持ちを語っていたけど、活動休止に至った理由が具体的に明かされることはなかった。ただ、HARUKAさんの「活動休止は前向きなもの」、MUTSUKIさんの「卒業だと思ってほしい」という言葉がそれぞれ印象に残った。そこから推測できるのは、今よりももっと違った音楽性に挑戦したいが、それは今の二人では無理で、新しい枠組みが必要だ…ということだろうか? まあ、これ以上は妄想の域でしかないし、それぞれ音楽に関わっていくそうなので、いずれ本当の答え合わせができる日が来るのを待つしかないのだろう。

■アンコールはファン有志が用意したオレンジ色のサイリウムで会場が埋まった。そして「ふたり」の最初のフレーズをファンが大きく歌うという珍しいアンコールパターンだった。アンコールのステージはメンバー2人だけ。伴奏はアコースティックギターのみのシンプルなものとなった。Softlyのもっとも原形といえるサウンドで最後の2曲を歌い切ってくれた。
■これが単純に「東京での初ワンマン」というだけのライブだったら、いろんな希望や可能性に満ちた心楽しいステージになったことだろう。その意味では「惜しい…」としか言いようがないのだけど、メンバー自身が決めたことであればファンはそれを受け入れるしかない。ライブの最後、お客さんに手つなぎで挨拶するタイミングがなかなかあわない、その不慣れな(そして微笑ましい)様子はこのユニットがまだまだ未完成なままで終わったことを改めて感じさせた。彼女たちの本当の最後のステージは、地元・北海道で12月に行われるワンマンとなる。
■全17曲、約1時間52分(アンコール含む)。

Softlyの音楽は、十代だった彼女たちが作ったもので、特に尖っていたり目新しさがあったりするものではなかったと思う。ただ、耳に残る素直なメロディーの良さと稀に見る表現力を持ったボーカルの魅力が組み合わさって生まれた、ふと見つけた野の花のような輝きに惹きつけられた。音楽性が近い若い女性アーチストは数多くいるけど、この数年で気に入って聴いていたのはSoftlyだけだった。全国から集まった多くのファンと一緒に最後まで大きな拍手を送った。

開演18時05分→終演19時57分。

2017/11/10 春奈るな 渋谷 タワーレコード4F(インストア)

11/8リリースのNEWシングル「KIRAMEKI☆ライフライン」のプロモーションイベント。これまで彼女のステージはほぼ有料ライブしか行ったことがなく(1回だけ屋外イベントを見ているが)、いわゆるインストアのリリースイベントはこの日が初めて。別に避けていたわけではなく、微妙にタイミングがあわなかったのである。けっこう間近で見られるのでは?…と期待して会場に向かった。

この日は開始予定が20時30分と遅め。そんなわけで自分にしては珍しく30分以上前に現地に到着。その時点では、まだ十数人のファンが集まっているだけだった。端の方だが2列目あたりでスタートを待つ。前の人の間から見る形とはいえステージはかなり近い。
しばらくするとリハーサルスタート。この段階でこれまでにない「近さ」を実感する。春奈るなさんは私服。秋らしいコーディネートでベレー帽がかわいい。音合わせ(2曲ワンコーラスずつ)の合間には前列のファンが持ってたお酒に興味を示したりして和気あいあい。リラックスした雰囲気で楽しそう。

本番のステージは5分押しで始まった。新曲のジャケット写真にもなっている緑の衣装に着替えている。上下がセパレートになっていてお腹もばっちり見えてしまう。バックトラックを使った1人でのステージ。セットリストは、「KIRAMEKI☆ライフライン」「Baby, maybe」「ステラブリーズ」…の全3曲。
新曲「KIRAMEKI☆ライフライン」を聴いたのは半月ほど前のワンマン以来で2回目。改めて聴いても楽しい曲。ジャズっぽいテイストが入っているのに全体的には非常にポップ。この甘辛ミックスな感じはけっこう好きだな〜。フロアのお客さんものっけから盛り上がってた! 2曲目は新曲のC/W「Baby, maybe」でこの日がライブ初披露だったそう。この曲もいいね。ラストは前作「ステラブリーズ」で盛り上げた。途中のMCは、彼女自身が声優として初主演演しているアニメ「URAHARA」の話題など。

ライブ自体は曲数も少な目でコンパクトなものだったけど、結果的にはこれまででもっとも近い距離からステージで歌う彼女を見ることができた。臨場感ばっちりだった分、短かったわりに終わった時にけっこう充実感あったね。最終的にはイベントスペースがほぼ満員になって一回圧縮するくらい集客してたので、早めに行ったのは大正解だった。良かったわ〜。全3曲、約16分。

開演20時35分→終演20時51分。

2017/11/02 WHY@DOLL、脇田もなり 渋谷 Glad

WHY@DOLL主催のツーマンライブ「WHY@DOLL×脇田もなり」。けっこう良い顔あわせのツーマンなのだけど、平日ということもあってそれほど激混みでもなく。早めに入場したおかげもあってステージ前2列目で見ることができた。この日はWHY@DOLLが先攻、脇田もなりさんが後攻で、それぞれ2ステージずつやるという珍しいタイムテーブル。
定刻ぴったりから3人でのオープニングトーク。WHY@DOLLと脇田もなりさん、共演歴はEspecia時代からあるものの、楽屋などで話をするようになったのはもなりさんがソロになってからだそう。「今日はそれぞれのファン同士も仲良くなってくださいね」と呼びかける和やかな雰囲気から、そのままWHY@DOLLの1回目のステージが始まった。

○「WHY@DOLL」 ほわどるのライブを見るのは約11カ月ぶりで5回目。バックトラックを使ったメンバー2人でのステージ。セットリストは、「Magic Motion No.5」「shu-shu-star」「マホウノカガミ」「恋なのかな?」…の全4曲(ファンツイート参照)。
けっこう久しぶりに見たせいもあってすごく新鮮。素直に楽しかったね〜。イベント全体のオープニングということで、選曲も代表曲の「Magic Motion No.5」「shu-shu-star」のコンボでスタート。フロアのファンも振りコピなどで盛り上がってたね。そして、改めて感じたのは、ほわどる=ダンスユニットでもあるんだなということ。ボーカルも生歌で頑張ってたけど、振り付けというレベルをはるかに超えたダンスの運動量がとにかくすごい! しかも途中ブレイクなしのノンストップで突っ走る。衣装は色違いのラメ入りカットソー&ミニスカ…というスポーテイーなもの。躍動的なステージによく映えてたんじゃないかな〜。1回目のステージは全4曲、約18分。

○「脇田もなり」 転換はほんの一瞬。クールダウンするいとまも与えずにすぐにもなりさんのライブが始まる。ライブは9月のワンマン以来、約2カ月ぶりで4回目。こちらも全曲バックトラック使用。1人でのステージ。セットリストは、「EST! EST! EST!!!」「ディッピン」「IRONY」「赤いスカート」…の全4曲。
ほわどるがダンスで魅せるステージなら、もなりさんは個性的でチャーミングな歌声で勝負!…という感じだったかな。楽曲はいずれも1stアルバムからのもの。リリース以降、ライブやイベントで歌い込むことで表現にもますます磨きがかかり、難しいナンバーも余裕のニコニコ笑顔で歌いこなしていく。その様子は本当に楽しそう。聴いてるファンにもその楽しさがダイレクトに伝わってくるようだ。素晴らしいね! 衣装はモスグリーンのゆったりしたワンピース。顎くらいまでのこけしっぽいショートヘアにもよく似合ってる。こちらも1回目のステージは盛り上がるアッパーチューン主体。一気に彼女の世界に連れていかれた。全4曲、約19分。

○「WHY@DOLL」 ほわどる2回目のステージ。セットリストは、「Dreaming Night」「Tactics」「ベクトル」「Tokyo Dancing」「秒速Party Night」「キミはSteady」「菫アイオライト」…の全7曲。
後半はスタンドマイクで歌う「Dreaming Night」でスタート。ちょっと大人っぽい、色っぽい路線かな。2曲目「Tactics」もそのノリを引き継いでるのだけど、ここからは再び踊りまくるダイナミックなステージに。引き続きほわどるのダンスに魅了された! しかも、どんどん立ち位置を変えながら、ステージ全体を使ってパフォーマンスしていく。ユニットとしては最小単位なのに大人数アイドルを見ているかのような感覚を覚えた。選曲も8月にリリースしたフルアルバムからの曲が中心で、現在進行形のほわどるの魅力をたっぷり感じられるステージだったんじゃないかな。
ちなみに、この日の会場「Glad」は、3年前にほわどるを初めて見た場所でもある。まだインディー時代。最初から好印象だったのをよく覚えている。それから半年に1回ペースで見てることになるわけだけど、もうちょっと行ってもいいなという気がしたこの日のステージだったね。全7曲、約32分。

○「脇田もなり」 もなりさんの2回目のセットリストは、「I'm with you」「Cloudless Night」「祈りの言葉」「夜明けのVIEW」「WINGSCAPE」「Boy Friend」…の全6曲。
この日のハイライトは、やはり11/22リリース予定の新曲「WINGSCAPE」が聴けたことだろう。まだイベントで披露しただけで、ライブハウスで歌うのはこの日が初めてだったそう。「間違えるかも…」なんて言ってたけど、堂々と歌い切ってくれたね〜。曲調はちょっと意外なラテン! ブラジルっぽいフィーリングだろうか。それを現代的でダンサブルなグルーヴチューンに仕上げている。ライブでもアクセントとなる一曲になりそうだ。楽しそうに歌うもなりさんにもぴったり!
そして、2回目のステージ、全体を通して感じたのは大音量で聴くオリジナル音源の迫力と魅力だった。これまで彼女のステージは過去3回見ていたけど、うち2回はインストアイベント、もう1回はバンド編成でのライブだった。つまり、オリジナル音源をライブハウスの音響環境でしっかり聴いたのはこの日が初めてだったのだ。改めて彼女の楽曲の良さが感じられた。大音量で聴くことによって、さらに新たな魅力が感じられる、そんな楽曲がそろっているのではないだろうか。
ラストはほぼ予想通りの「Boy Friend」(リミックスバージョン)。フロアのお客さんとのコール&レスポンスでも盛り上がる。このへんの煽りもものすごく上手い! 気持ちいいエンディングとなった。全6曲、約31分。

終演後、再び3人がステージに登場してプレゼント抽選会。写真付きサイン色紙が当選した3人のお客さんに手渡された。ここまででも十分満足できる充実イベントだったのだけど、もしアンコールでのコラボや、前半/後半の衣装チェンジなどまであったら、まさに神イベントになっていたことだろう。
2回ずつのステージに割る構成もすごく良かったね。1ステージが短くなることでスピード感とテンションが増し、またトータルではたくさんの曲を飽きずに聴ける効果が生まれていたと思った。機材セッティングが必要ないアイドルならではのとても良い演出だったんじゃないかな〜。楽しかった!

開演19時→終演20時52分。