Live Report 最新

◎このページには、いちばん最近見たライブ、イベントなどの感想を載せています。
◎これ以前の分については「ライブレポートの一覧表示」をご覧下さい。

2018/07/21 Lucie,Too、ラッキーオールドサン、The Wisely Brothers 下北沢 BasementBar

「Lucie,Too presents "Hi Lucie vol.3"」。出演グループの顔ぶれを見た瞬間、「これはおもしろそう!」と気になっていたイベント。それだけに注目度も高かったようでチケットはほぼソールドアウト状態だった模様。入場してみるとやはり満員だったのだが、フロアのいちばん奥あたりに若干のスペースが残っており、まあまあ見やすい位置で聴くことができたのはラッキーだったね。

○「The Wisely Brothers」 ライブを見るのは約3年ぶりで2回目。ボーカル/ギター、ベース、ドラムス。メンバー3人での演奏。「ブラザーズ」だけど全員女性である。前回見た時に平均年齢20歳ちょいだったので、3年経ったとはいえまだまだ若いバンドといえるだろう。インターバルがけっこう空いたのでほぼ初めてくらいのフレッシュな気分で聴いた。
かわいいギターポップから重量感のあるエモいミディアムナンバーまで、いずれもメロディーにのびやかさがあるのが持ち味。サウンドはいい意味でざっくりしていて、ゆったりした大らかさを感じさせる。ボーカルの声質も聴きやすくてチャーミング。バランスよく緩急が効いたセットリストで、曲を知らなくても楽しんで聴けた。前回の感想には、「あまり肩肘張らずにリラックスして楽しく聴けるバンド」と書いたのだが、そのあたりの魅力は変わっていない印象を受けた。もちろん、この年代にとっての3年のキャリアの積み重ねは大きい。たぶん細かいところでは確実に洗練されパワーアップしてきているのだろう。ボーカルのハルコさんの親しみやすい雰囲気もとても良い。全9曲、約40分。

○「ラッキーオールドサン」 ライブを見るのは約1年ぶりで5回目。この日はバンドセット。メンバー2人(ボーカル、ボーカル/ギター)+サポートでギター、ベース、ドラムス。5人での演奏。セットリストは、「夜汽車は走る」「旅するギター」「海へと続く道」「ヤッホー」「ロッキンレスキュー」「ミッドナイトバス」「坂の多い街と退屈」…の全7曲。
オープニングの「夜汽車は走る」とラストの「坂の多い街と退屈」はメンバー2人だけでのアコースティックサウンド。その間の5曲がバンド編成での演奏。短い時間だがラッキーオールドサンの音楽性の豊かさを立体的に感じさせる見事な構成だった。深い夜のしじまから聞こえてくるような1曲目が終わると、そこで改めて登場曲(「Lucky Old Sun」)がかかりサポートメンバーがステージに現れる。印象的なアバンタイトルのついた映画を見ているようだ。
バンドセットになると、おなじみの田中ヤコブ氏のギターによりいきなりエモーションをかきたてられる。「旅するギター」は半年ほど前にサウンドクラウドで発表した曲らしいが、ラッキーオールドサンらしいとても印象的なナンバーだ。「ロッキンレスキュー」も新曲とのこと。どこかブルースっぽさのある曲。「海へと続く道」「ミッドナイトバス」といった代表曲はもちろん聴きごたえたっぷり。間に挟んだ「ヤッホー」のほんわかしたムードもなんともいえない。
1年ぶりに聴いた感想としては、まずナナさんのボーカル。確実に力強さを増しているのではないだろうか。ダイナミックなバンドサウンドの中にあっても決して埋もれてしまわない「しなやかさ」が加わっている。アコースティック曲で聴かせる存在感も素晴らしい。篠原氏は「サービス精神ないんですよ」と言いながら、Lucie,Tooとの関わりなどについて少し聞かせてくれた。そして、田中ヤコブ氏は途中でギターの弦を切り、そのLucie,Tooからテレキャスを借りて弾く。弘法は筆を選ばず…ということで借り物のギターでも変わらないエモーショナルなプレイで魅了していた。やや間隔が空いてしまったが、やっぱりラッキーオールドサンのライブはいいわ〜と思わせられた。全7曲、約41分。

○「Lucie,Too」 宇都宮を拠点に活動している女性3Pバンド「ルーシー・トゥー」。ライブはこの日が初見。少し前に初の全国流通ミニアルバム「LUCKY」を聴く機会があった。その中の1曲「Siesta」にかなりラッキーオールドサンに通じるものを感じた。「これはいいのでは?」ということで、非常に楽しみにして聴いたのだった。ボーカル/ギター、ベース、ドラムス。メンバー3人での演奏。
全体的にはインディーギターポップということになるのだろう。持ち味はからっと明るめのサウンドということ。その中にたまにラッキーオールドサン(バンドセット)っぽい曲がまじってくるところがおもしろい。「Siesta」もそうだし、間もなく配信シングルとしてリリースされるという「最後の日」などもそんなイメージだった。ボーカルの声質はややハスキーっぽい感じだから、直接的に似ているわけではない。でも、何かフィーリングに共通する部分があるのである。それもそのはず、Lucie,Tooは学生時代にラッキーオールドサンをカバーしていたのだそうだ。この日も演奏前の音合わせで「ミッドナイトバス」の一節を聴かせてくれたりした。自主企画イベントに好きなバンドを呼ぶことができたうれしさ…みたいなものが素直に感じられてとても良い印象を受けたのだった。
演奏はアンコール2回も含めて全11曲。ミニアルバムには収まりきらなかった彼女たちの魅力をたっぷり感じることができた。ボーカル・Chisaさんの気さくなMCも楽しくていい。彼女たちもまだまだ若いバンドなのだが、将来的には「オルタナババア」をめざしているのだそうだ。非常に頼もしい。約1時間2分(アンコール2回含む)。

いい意味で期待通りの楽しいライブだったね。たぶんどれか一つのバンドのファンなら他の二つもかなりの確率で気に入ったのではないだろうか。この日はアーチストによる自主企画だったけど、いわゆる対バンイベントもかくありたいという感じの内容だったと思った。

開演18時50分→終演21時40分。

2018/07/04 kee、HARUKA、LUNO 下北沢 Laguna

女性シンガーソングライター3組が出演した「Cinderella Song!!!」というイベント。お目当ては元SoftlyのHARUKAさん。グループ解散後、ソロで活動を再開していたのは知っていた。ライブでも一度見てみたいな…ということで。開演10分くらい前に入場して、ステージにもほど近い2列目の席を確保。

○「LUNO」 「ルノ」さん。アコースティックギターでの弾き語り。1人でのステージ。予備知識なしでの初見だった。くっきりした華やかさのある声質が持ち味かな。歌声にも勢いがある。楽曲はポップでテンポのいいナンバーが中心。とりわけ、後半にやっていた「夜の街に繰り出してみんなで踊ろう」的なパーティーソングっぽい曲がよく似合っていたように思った。告知によるとバンドスタイルのライブもやっているそう。どんなバンドなのかはわからないけど、ちょっとファンキーな要素の入ったグルーヴィーなサウンドで聴いてみたいね…などと勝手に思ったり。その反面、前半にやっていた元気ソングみたいなのはあまり印象に残らなかったかも。全9曲、約45分。

○「HARUKA」 Softlyではギター担当だった「ハルカ」さん。一部の曲ではコーラスもやっていたとはいえ、基本ボーカルではなかった人が自ら歌うソロアーチストとして帰ってきた。ソロでのステージを見るのはもちろん初めて。アコースティックギターによる弾き語り。1人でのステージ。セットリストは、「19のあなたへ」「キミがいい」「この町にひまわりが咲く頃には」「あの日」「ライブハウス」「ないものねだり」「星空を隠せば」…の全7曲。
ソロになってまだ半年という彼女。この日はこれまででもっとも持ち時間の長いライブということで新曲2曲を含むオリジナル6曲+Softly時代の代表曲「キミがいい」…という構成だった。曲調は「キミがいい」以外はすべてミディアムナンバー。このへんにはソングライターとしての彼女の個性がはっきり表れているようだ。MCも曲(特に歌詞)の背景を説明する内容が多く、物語を歌の中にいかに盛り込むかに心を砕いている様子が伝わってくる。同時に、それらの楽曲をボーカルでどう表現していくのかという面ではまだ試行錯誤中という印象も受けた。声質はいいと思うので、あとは歌い込みあるのみかな…。この日、聴いていちばん良いなと思った曲は最後に歌った「星空を隠せば」。
ちなみに、ソロ活動開始と同時に上京して、今は東京をベースに活動しているそう。髪も以前は長かったと思ったのだが、この日はこけしみたいなショートボブになっていて、心機一転をより感じさせた。時間的にはまだ余裕があったので、できればもう1曲くらいは聴きたかったね…。全7曲、約37分。

○「kee」 大阪を拠点に活動する「キイ」さん。彼女も予備知識なしでの初見。自身のボーカル+マニピュレータ。2人でのステージ。フライヤーによると作詞・作曲に加え、アレンジもやるとある。この日使っていたバックトラックも自分で作っているのかもしれない。
楽曲はポップでアッパーなものからバラードまで幅広い。シンセ系の音を中心にしたカラフルなバンドサウンドでとても華やかな印象。そして、ステージ全体を動き回りながらハンドマイクで歌うkeeさんは、小柄ながら目パッチリのファニーフェイス&個性的なファニーボイスの持ち主。最前列のお客さんが引くくらい前にぐいぐい出てくるだけでなく、クラップ、振り付け、コール&レスポンス…といろんな要求を次々と繰り出してくる。しかも、関西弁のお茶目なトークでぐいぐいくるもんだからお客さんもつい乗せられてやってしまうという…。常連ファンとのコミュニケーションもはかりつつ、新規のお客さんもそのワールドに引き込んでしまうパフォーマーぶりをいかんなく発揮していたね。東京でもけっこう頻繁にライブをやっているみたい。いい意味で一度見たら忘れられないアーチストかも。全10曲、約52分(アンコール1曲含む)。

45分ステージのスリーマン。聴きごたえあったね。久しぶりに見たHARUKAさん、元気そうで良かった。終演後は各アーチストによる物販。最近話題の「SSWおじさん」は出現するのだろうか…という興味はあったものの、それだけのために残るのもアレなんで早々に引き上げる。

開演19時09分→終演21時42分。

2018/07/03 WHY@DOLL 渋谷 Glad(ワンマン)

「WHY@DOLLレギュラー公演 〜はる色に染めて〜 vol.48」。ほわどるの定期公演を見るのは4月以来で約2カ月半ぶり。二部のみ参加。お客さんの入りは大体いつもと同じくらいだったかな。いちばん下のステージ前フロアの二列目あたりで。

七夕が近いということでステージの上手下手に短冊のついた笹飾り。開演前にロビーでお客さんに願い事を書いてもらった短冊を結びつけていたようだ。オープニングSEとともにほわどるちゃん登場。その衣装は「浴衣」! この日は「七夕公演」なのだった。
バックトラックを使ったメンバー2人でのステージ。セットリストは、「シグナル」「Show Me Your Smile」「ラブ・ストーリーは週末に」「曖昧MOON」「Dreamin' Night」「Ringing Bells」「shu-shu-star」「Magic Motion No.5」「秒速Party Night」「恋なのかな?」、アンコールで「夜を泳いで」…の全11曲。

浴衣姿の二人がステージに姿を見せると、明らかにいつもよりも大きい歓声が。「カワイイ〜!」と叫ぶファンに対して、「知ってる〜」というお約束で返すほわどるちゃん。定期公演らしいリラックスした雰囲気でいいね。「今日は七夕公演なので浴衣。セットリストも星にまつわる曲を多めにしてみました」とのこと。
この七夕公演、これまでにも何度かやっているみたいで、衣装の浴衣は毎年新調しているそう。二人とも白地に赤い柄で、ちはるんが花、はーちゃんが縞の模様になっている。足元は素足に草履。髪をアップにしてそれぞれ飾りをつけているところも涼しそうでなかなか。
ただ、浴衣だといつものように踊ることはできない。「ラブ・ストーリーは週末に」から「Ringing Bells」まではハイチェアに腰かけて歌うスタイルとなる。そのかわり、この日はいつもはハモらないパートにもハモりを入れるなど、聴かせる要素を充実させるように工夫していたそう。
そんなわけで前半は静のイメージで進行。一転、後半は盛り上げナンバー連発、いつも通りの楽しさ全開のステージとなる。浴衣でかわいく踊る様子もイイネ。おなじみのナンバー中心に、夏らしい爽やかな二人のビジュアルを満喫できた公演になったんじゃないかな。

■前半と後半の間のメインMCタイムでは、七夕トーク。お客さんの書いた短冊の願い事を紹介したり、ほわどるの二人がその場で願いを書いて笹に結んだりする。ちなみにちはるんの願いは「ほわどるがもっとメジャーになれますように」、はーちゃんは「いろんな場所で多くの人と出会えますように」…みたいな感じ。お客さんのでおもしろかったのは「二兆円欲しい」など。
■ちはるんは小学生の頃に「アイドルになれますように」と書いて願いをかけたら本当になれた!というエピソードを紹介。願い事は口に出す(公言する)ことが大事というけど本当だね〜。
■この日は新曲「Sweet Vinegar」がリリース(6/26)された直後の定期公演。「たぶん新曲も聴けるはず」と楽しみにしていたのだけど、その予想は完全にはずれたね。前週までリリースイベントをかなりの回数やっていたので、逆にあえてやらなかった感じだろうか。リリイベに行けなかった者としてはちょい残念…。
■アンコールの「夜を泳いで」は再びハイチェアを使ってしっとりした雰囲気で締めくくる。
■全11曲、約1時間9分(アンコール含む)。

とにかく「カワイイ〜」のコールが多かったこの日。たしかによく似合っていたね。ただ、白地の浴衣は若干子どもっぽい雰囲気も。年相応なのはやっぱり紺地ではないだろうか。それでちょいと流し目なんかされたら色っぽさにクラクラしそうである…。来年あたりいかがだろうか。

開演19時32分→終演20時41分。