CD Review --001--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「PM 2」 paris match

女性ボーカルを中心とした男女3人組ユニット「パリスマッチ」の2ndフルアルバム。フレンチ&ジャズっぽいフレーバーによるシティポップで、初期ピチカートファイブをちょっと大人っぽくして、ゲストにややハスキーな大貫妙子…というところだろうか。休日の土曜の午後あたり、静かにコーヒーなど飲みながら聴きたい雰囲気。ジャケットや歌詞カードの写真はパリで撮影されたもの。洗練されたデザインがとってもお洒落だ。収録曲10曲さまざまに変化を持たせながらも、その中に統一されたテイストがあり、エンターテインメント精神を感じさせてくれる作品。 ★★(01/11/17)

「RECORDS」 the Indigo

男女3人組ユニット「インディゴ」の2ndフルアルバム。グループとしての歴史は比較的浅いみたいだけど、メンバーそれぞれの芸歴はけっこう長い…ということで、ライブでのステージさばきもこなれているし、MCのリラックス感も絶妙。このアルバムに収録されている曲も、そのどれもがとてもプロっぽくこなれている。歌詞カードの市川裕一氏のセルフ解説とか読むと、かなりの音楽マニアだってことが分かるしね。彼の書くほろ苦く切ない曲、そして「クラスで2番目にカワイイ女の子」といった青春のイメージを保ち続けるボーカル田岡美樹さんの歌声の魅力。14曲入りでたっぷり楽しめる一枚だ。 ★★★(01/11/17)

「Dirty Shoes」 hiro:n

勝負曲…と思ったわりには、意外にも静かなミディアムバラードとなった5thシングル。個人的には、前作「Theme2001」からの方向性には、どうしても疑問を持たざるをえない。せっかく「マーガレット」でキュート系ポップシンガーとして注目されたのに、その流れをわざと断ち切るような4作目&5作目なのだから。しかも、いまひとつ意味の分からないジャケットのビジュアル。うーむ、とうなったまま言葉が出てこないのだけど、ファンとしては次回作に期待して待つしかない感じでしょうか。この曲もアルバム収録曲レベルでは悪くない出来だとは思うのだけど…。 ★(01/11/17)

「Nectar」 bice

このアルバムはウォークマンで聴くのに適している。だって、bice(ビーチェ)さんのウィスパーボイスが、本当に耳元から聞こえてくるのだから! どの曲も夏色のアコースティックな空間を感じさせる。カラリと広がる青い空の下、白いワンピースのすそがふわっと風にゆれるような一瞬…というイメージだろうか。歌詞はともすれば聞き流してしまうのだけど(英語詞の曲もあるし)、音の響きがとても心地よい言葉が多く、これもサウンドのひとつの要素となっていると思った。全曲、詞曲ともにbiceさん自身が手がけている。M5、M10などはとってもいい曲。好きですよ。 ★★(01/11/17)

「ah- Never forget you」 organs cafe

ボーカルの加藤沙果菜(さかな)さんを中心とするグループの2ndシングル。いちおうジャケにメンバーはクレジットされてはいるものの、なんとなく「ZARD」的な限りなくワンマンユニットっぽい匂いがしたりして。でも、サウンドはとても好きなタイプ。奥行きのあるフュージョンっぽい響きの音で、ちょっとミステリアスな香りも漂わせている。ボーカルもテクニックを誇示するようなタイプじゃないけど、切なさを感じさせる声質で何度でも聴きたくなってしまう。C/Wの4ビート曲もタイプは違うけど佳曲だと思う。 ★★★(01/11/17)