CD Review --002--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「夢跡」 八木さやか

TVの学園ドラマなんかの主題歌に採用されたら、きっとかなり売れてしまいそうな勢いのある曲です。3曲入りなので全部聞くと分かるのだけど、八木さやか自身の書く曲はサビにインパクトがあり、シンプルアなロックテイストの音楽性でありながら、ポップ曲としての完成度もかなり高い気がする。歌詞的にも、英語のフレーズに逃げることなく、すべて日本語のメッセージで勝負しているところにとても好感が持てます。ボーカルには、適度な甘さとパワーが同居していて、かつてのプリンセス2などを思い出してしまった。 ★★(01/11/17)

「他の誰でもないあなたは」 中澤真由

R&Bというより、コンテンポラリーなソウルというべき曲でデビューした18歳の新人シンガーです。はっきりいって、英語詞の部分とかうまくロレツがまわってない感じ(笑)もあるんだけど、新人が一所懸命歌ってる感じのケナゲさがオヤジ受け! 曲的にはこういう感じは好きなので、もうカワイイし許すっ!…というところでしょうか。でも、実はプロっぽいこの曲が「自作」だったりするので、あなどれないのだなぁ。C/Wの2曲目は、なんとシャーデーの有名曲をカバー。怖いもの知らずの勢い、いいんでないかい。HMVだけで発売の3曲入り500円。お試し盤ですね。 ★★(01/11/17)

「covers」 bice

洋楽の有名曲をカバーした6曲入りのミニアルバム。ビージーズ、ホール&オーツ、オリビア・ニュートン・ジョン…などなど。しかし、それらの有名曲もまったく姿を変えて、完全にビーチェ・ワールドになってしまっているあたりは、彼女の個性の強力さを感じますね。押しつけがましいタイプの音楽じゃないので、見逃しがちなのだけど、実はすごくスタイリッシュなアーチストなんだ、ということが改めてわかる一枚。って感じでしょうか。ジャケットのさわやかさも最高! ビーチェの音楽の空気感がすごく出たヴィジュアルです。 ★☆(01/11/17)

「B.G.〜Black Guitar+Berry Garden」 天野月子

なんか良くわからない構図(笑)ながら妙にインパクトのあるジャケットに惹かれて試聴してみて、もうぶっとびました! 唸りをあげるギターサウンドとその上にのっかるポップで切れのいいメロディーとパワーのあるボーカル。…なんて書くと、椎名林檎とか矢井田瞳とか女性ロック系シンガーの系譜にくくられてしまいそうだけど、それは違います。かなりオリジナリティーはあると見ましたね。とはいえ、この一枚は名盤だと思うけど、本当の勝負はメジャーデビューとなる次作以降となるでしょうね。あと、このパワーからするとライブがかなりスゴそうなので、そっちも期待してしまいます。 ★★★(01/11/17)

「チコデストロイヤー」 チコチェアー

女性ボーカル+男性3名のポップ系ロックバンドです。これは1stミニアルバム6曲入り。曲はだいたいボーカルの chica が書く歌詞+ギターの kohei の曲というものが中心なのだけど、かなりスイートなテイストのものが多いね。M2、M4などはその代表で、キュートな chica が歌うと、もうちょっとしたアイドルポップ顔負けの世界が出現。かと思うと、M1、M5などではちゃんとロックバンドしているから、この落差も楽しい。ティーンエイジなテイストたっぷりだけど、私もけっこうハマっちゃいましたヨ! ちなみに chicaチャンは、小柄ながらかなりの美形で、このあたりもポイント高し。 ★★☆(01/11/17)