CD Review --003--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「a cup of day」 RAMJET PULLEY

ルーマニア・モンテビデオの3人のメンバーがセッションを繰り返すうちに生まれた「ラムジェット・プーリー」。と書くと、モーニング娘。から自然派生したミニモニみたいやね。(^v^;; これは、1stフルアルバムで14トラック収録。しかし、ジャケットのデザインや写真の洗練された空気感が、作り出す音楽の世界とうまく馴染んでいて、まさしくGIZAらしいエッセンス満載の一枚といえそうです。同じレーベルのガーネットクロウなどにも共通するフィーリングは多分にあるけど、曲のバラエティもあって完成度はいきなり高いという感じ。まさしく、現代日本のAOR…そう呼びたくなる。いいんじゃないの。 ★★(01/11/24)

「UINONA」 UINONA

ウイノナ・ライダーの“ウイノナ”なのか? タワレコの試聴でたまたま聞いて、即決で買いました。男女ユニットの1stミニアルバム(5曲)。M1なんかを聴くと、なつかしい「イカ天」なんかを思い出して思わず涙…だったりして。でも、2曲目以降はミディアム中心だし、クール&キュートなボーカルの個性を生かした曲が続く。ポップス好きにもかなり楽しめる感じで、ロックという気分はあまりしない。メロディー自体がかなりポップ系なのです。実際にライブとかで聴くとかなり感じは変わるのかもしれないけど。なんかじわじわ浸透してきそうな予感。 ★★(01/11/24)

「コトノハ」 元ちとせ

特に予備知識なく試聴してみて、そのまま試聴機の前から立ち去りがたく、知らず知らずのうちに手はCDを取って足はレジへ…。一言でいうなら「歌に力がある」という言葉をそのまま贈りたくなる。元(←これで「ハジメ」と発音する)ちとせは、奄美の島唄の家元(?)の家庭に生まれ、この盤はその彼女にポップス曲を歌わせているのだが、それだけでもう“音楽のカクテル”が出来あがっている。アルバムとしては2枚目で全5曲。どの曲もシンプルなバッキングが元ちとせの声をひたすら引きたて、聴かせます。ま、たしかにTBS「NEWS23」好み…という感じもするのだけど(笑)、それだけで拒否してちゃもったいないすよ。ぜひライブでも聴きたいものです! ★★☆(01/11/24)

「夏時計」 セシル

3rdミニアルバムが気に入ったので、1st&2ndも買ってみました。どちらも4曲入りで¥1000とお手頃だし、ジャケット&歌詞カードのイラストはおなじみのカンバラクニエさんです。
さて、こちらは1stで「夏」をテーマにした一枚。ユニットの性格から予想できるとおり、夏の昼下がり的なゆったりとけだるい感覚。8ミリフォルムみなたいな、ちょっとソフトで甘い映像でプロモなんか作ってみたくなりますよね。Yuki(この当時は「ゆきち」とはクレジットされてません)のボーカルは、かつての銀色夏生プレゼンツ「バランス」を思わせんか? 洗練度は、こちら(セシル)の方がずっと上ですが。
★★(01/11/25)

「Rikka」 セシル

タイトルの「Rikka」とは、雪の異称「六花(りっか)」の意だそうです。そんなわけで、セシルの2ndアルバムは「冬」がテーマ。しかし、このユニットは、かなり初期からコンセプトというか自分たちのやりたいことが、きっちり決まっていたんだな…と感心。それくらい、クオリティにバラつきがないのが特長でしょうか。けっしてインパクトの強い音楽ではないので、じっくり耳になじむにつれて良さが分かる、スルメ系音楽って感じです。ジャケットのブルーがきれい。 ★★(01/11/25)