CD Review --160--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「退屈なコッペリア」 植田真梨恵

福岡出身、現在は大阪を拠点に活動中の17歳のシンガーソングライター「うえだ・まりえ」さんの1stミニアルバム(7曲収録)。全曲を彼女自身が作詞・作曲。10代ならではの青っぽいエネルギー、パワーがぎゅっと詰め込まれてる感じで、メロディーはポップ、でもボーカル、歌詞、サウンド…などを含めた全体的なテイストは間違いなくロック、という作品だ。予備知識なしで聴いたら、おそらく女性ボーカルをフィーチュアしたバンドだと思うんじゃないかな。同時に、どの曲もアレンジがしっかりしてて、若さゆえの勢いと作品としての完成度のバランスがとれてるところも魅力。インディーズレーベル(TENT HOUSE)からのリリースなんだけど、そのクオリティーはメジャー作品と遜色ないレベルといっていい。ライブでも聴いてみたいな。 ★★☆(08/09/07)

「ひかり」 星村麻衣

15thシングル(2曲収録)。前作からのリリース間隔が2カ月半と短いのは、タイトル曲がTBSドラマ「Tomorrow」の主題歌になった…というタイアップの関係があってのことだろう。内容的には、社会派ドラマにふさわしくストリングスを絡めた感動的なアレンジのミディアムナンバーに仕上がっている。ドラマと切り離して聴いても、彼女らしいメロディーとボーカルがたっぷり味わえる曲といえるだろう。…なんて書いておきながら、実はこの曲は、作詞・作曲とも彼女にしては珍しい共作曲(シライシ紗トリ氏)となっている。まあ、どのへんが共作なのか…はよく分からないから別にいいんだけどね。C/W曲「Hello」は、夏らしく楽しいポップロックナンバー。こっちは100%星村さん作品だ。 ★★(08/09/09)

「YAH! YAH! YAH! HELLO SCANDAL」 SCANDAL

大阪をベースに活動してるガールズ4Pバンド「スキャンダル」の4曲入りミニアルバム(?)。春先からタワーレコードで「1曲入り500円」のお試しシングル的なものが何種か出回ってたので気になってたんだけど、それらの曲がまとめて聴ける盤…ということで買ってみた。サウンドはいわゆるポップ系ロック。楽曲はメチャメチャキャッチー、しかもアレンジなどのクオリティーも異常に高い。ジャケ周りを見ても作詞・作曲者などのクレジットがどこにもなく、本作リリース時点で全員10代だったメンバーの自作というより、誰か腕利きの仕掛け人がいると考えるのが普通だろうなぁ。とはいえ、音だけ聴けばポップ好きとしては良い点をつけないわけにはいかない感じの内容だ。ちなみにすでにメジャーデビューも決まってるそう。
★★☆(08/09/09)

「オドレイ」 LOVE

2ndシングル(2曲収録)。タイトルは「踊れい!」という意味で、イントロから煽りまくる感じのリズムにまずはやられる。明快なメロディーと歌詞。ライブでの盛り上げナンバーとしては最適な曲だろう。まずはこのCDで予習してライブ会場にGO!…という感じかな。欲をいえば、スタジオ録音バージョン以外に、エクステンデッド・ミックスとかライブバージョンなども聴いてみたかったけど、それらは今後のお楽しみ…と考えておくことにしよう。ちなみに、C/W曲はアルバム「Embryo Love Songs」に収録されていた「LOOK AROUND」のライブ録音版。ということは、やはり将来的には「オドレイ」のライブバージョンも期待できる? ★★(08/09/09)

「ハルカゼ」 YOCCO

男女2人ユニット「ヨッコ」の2ndシングル(4曲収録)。リリースは2008年3月。以前ライブで聴いて印象に残っていたので、CDショップで見つけた時に反射的に買っていた。これはけっこう好きだな〜。明るくキュートな声質のボーカルがとても気持ちいいフォークロック系ポップス。さらっと自然なメロディーも耳に残るし、バンドアレンジでレコーディングされてるので華やかさもたっぷり感じられる。タイトルナンバー以外のC/W3曲もそれぞれ味わいがあり、特にM4「ココロ音」のアコースティック&ミディアム〜スローな雰囲気もなかなか。ボーカルのしっとり具合がいい感じ。聴き応えはミニアルバム並みの一枚。このCDを聴いてまたライブにも行きたくなってきたよ。 ★★☆(08/09/09)