CD Review --159--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「COLORS」 SAWA

ソロシンガー「サワ」の1stミニアルバム(5曲収録)。予備知識まったくなしの状態から店頭で試聴して購入。いわゆるエレポップ、テクノポップ系のアーチストを集めた場所に置いてあったので、最初はそんな感じなんだろうな…と思って聴いたのだけど、ボーカルへのエフェクト処理などもなく、非常に素直なポップスとして楽しめる内容だったところが一発で気に入った。サウンドも確かにデジタル的なビート感はあるものの、人工的というよりナチュラルなラウンジっぽい音づくりで、どの曲もとても心地よい。キャッチーでバラエティに富んだ楽曲、キュートで清楚なお色気が感じられるボーカルもチャーミング。歌詞は80%くらいが英語なんだけど、それもあまり気にならない感じだ。タイトル通りとってもカラフルな聴いて楽しい作品。かなりイイですよ! ★★☆(08/08/19)

「祝日」 PoPoyans

あふれる光線で白く飛んだ海岸線に佇む2人の少女。ゆったりとした白いワンピースと長い黒髪…。たまにはジャケ買いもいいよね、と手を出してみた。女性2人組ユニット「ポポヤンズ」の1stフルアルバム(10曲収録)。雰囲気はそう、ジャケットから予想できる音そのまんまという感じかな。アコースティックギターやストリングスなどの生楽器による隙間の多いサウンド、ゆったりしたメロディーとささやくような2人のダブルボーカル(一部コーラス)によって紡がれる純粋で少女らしい世界。ちょっと初期の湯川潮音さんを思い出した。でも、ポポヤンズの方がもっと透明感が強いかな…。素朴な木の家具とレースのテーブルクロス、ミルクたっぷりの紅茶にクッキー。そんな部屋が似合いそう。祝日の午後にぼんやり聴きたい。
★★(08/08/19)

「かなえられない恋のために」 bice

6年ぶりの3rdフルアルバム(11曲収録)。独特のウィスパーボーカル、おいしいメロディーを抑え目なサウンドで包み込むアレンジ…など、まさにビーチェならではの世界が詰まった新作だ。6年というインターバルがあったわりに作風は変わってないともいえるし、過去の作品と比較すると、アレンジなどでポップに聴かせようという方向性はほとんど放棄され、メロディーや歌詞に磨きをかけることに集中しているようにも思える。軽く流し聴きができる作品ではない、でも、きちんと向き合って聴けば美しいメロディーの滋味がじわりと湧き出してくる…そんな音楽ではないだろうか。ちなみに歌詞には相当エロティックなイメージを喚起するフレーズが散りばめられていて大人向き。タイトルの「かなえられない恋」やジャケットの写真の意味するところを考えながら聴くと余計に興奮させられます。(^v^;; ★★(08/08/19)

「ホントはね」 奥村初音

2曲収録の3rdシングル。タイトルナンバーは初めて他人名義の曲を歌った作品ということになる(作曲=板垣祐介氏。作詞は奥村さん自身)。この曲がTVドラマ「正義の味方」の主題歌になっていることと関係があるのだろうか。ファンとしては、シンガーソングライターなんだからずっと自作曲でいってほしかったな…という思いと、確かに今のところの彼女の引き出しにはないタイプの曲だから勉強のためにもよかったのかな…という思いが交錯してたりする。まあ、そのへんの事情を置いといて聴けば、これは彼女の声質の爽やかさを生かしたなかなかの良曲ではある。C/W曲は詞・曲ともに自作の「夏色の恋」。彼女らしい素直なナンバーで、まるで夏の朝のような清々しさ。やっぱコレですよ! ★★(08/08/19)

「LOVE&PEACE」 多和田えみ

2ndミニアルバム(5曲収録)。デビュー作のジャケットが青い水に覆われた地球のイメージだったのに対して、今作は赤を基調にした燃え盛る太陽のデザイン。さぞかし熱いサウンドになってるんだろうな…と思って聴いてみたら、基本的には前作同様のナチュラルで開放的、かつクールな音だった。M1「FLOWERS」のサビの部分が若干熱いかな…という程度。続くM2「INTO YOU」では、クラビーでスピード感たっぷりのイントロに思わずニヤリとさせられ、あとはもう一気呵成。良い曲そろってますよ。2枚のミニアルバムでいちおうのお披露目はすんだ感じだろうか。フレッシュでなおかつ安定感のあるボーカルも好調で、もっといろんな曲を聴いてみたくなる。今後がとても楽しみなアーチストだ。 ★★☆(08/08/19)