CD Review --158--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「レモンレイル/雲のない世界」 waffles

約1年8カ月ぶりの新作は2曲収録の4thシングル(両A面扱い)。「レモンレイル」は、ワッフルズの曲の中ではアッパーな部類に入る曲だろう。弾むようなリズムが楽しく、メロディーではサビのパートが耳に残る。一方の「雲のない世界」は、比較的ゆったりしたノリとともに、穏やかに広がっていくような感覚のある曲だ。サウンド的には、前作のアルバム「君の魔法」と比べて、全体にカドが取れてまるく大らかになった印象がある。過去にこういう音だったことはおそらくないと思うんだけど、なんとなく「これが本来のワッフルズ」と言いたくなる、そんなサウンドだと思った。ちなみに歌詞についていえば、今回の2曲とも、印象的なフレーズとかはあるものの、何がテーマになっているのか、普通に聴いただけではちょっと分からない感じ。もともと大野さんの書く詞は分かりやすくはないんだけど、今回は特にそういう傾向の強い2曲かもしれない。 ★★(08/06/30)

「ニコラ」 バニラビーンズ

女性2人組ユニットの2ndシングル(2曲収録)。実は、1stリリース後にメンバーのうち1人が交代(いわゆるメンバーチェンジ)してて、本作からは第2期バニラビーンズということになる。…といっても言われなきゃ私も気づいたかどうか。(^v^;; このボーカリストとしての存在感の薄さというのが、実はこのユニット、あるいはプロジェクトの(今のところの)特徴かもしれない。サウンドは前作(「ユーラヴミー」)の流れを引き継ぐ、お洒落感たっぷりなヨーロピアンポップス。スピード感のあるメロディーも気持ちいいし、爽やかなボーカル(コーラス)とストリングスを効かせたアレンジの相性も良い。C/W「ノスタルジー」はちょっと大人しすぎたかな。タイトル曲と同じノリでハジけてほしかった。全体的にその「微妙さ」がマニア心をくすぐる要素もあるので、個人的には星の数以上に注目してますよ。 ★★(08/06/30)

「恋をしてる」 ROUND TABLE featuring Nino

「ラウンドテーブル・フィーチュアリング・ニノ」の8thシングル(3曲収録)。何だかんだで出たらつい買ってしまうのよね…なんて書きながら調べてみたら、2006年にアルバムがリリースされてから2年近くご無沙汰だったわけですか。タイトル曲は、全編でたっぷり使ったストリングスが印象に残るアップテンポなポップチューン。クオリティー的にはかなり高いレベルで安定している。逆にいえば新味はない感じだけど、こういうのって同じような雑貨を「カワイイからつい買っちゃったよ…」とか言ってるのに似てるかもしれない。ちなみに本作、ジャケもかなりカワイイです。C/W曲はミディアムのM2「シンフォニー」に聴き応えがあり、M3「宝物 -homemade demo ver.」はアコースティックギター1本だけのバッキングで歌うニノさんの歌声が意外に新鮮。 ★★(08/06/30)

「regret」 星村麻衣

14thシングル(3曲収録)。このところ何気でリリースのペースが上がってる星村さんです(8月にはもう次回の新作が予定されてたりする)。タイトルナンバーは、別れた彼氏の幸せを願えない自分にさらに自己嫌悪…というかなり重いモチーフの曲。アコースティックな雰囲気で始まり、切ないメロディーが盛り上がる後半は感情をすべてぶつけるように歌う。こんな本音ぶっちゃけ系の曲をテレビ東京はアニメの主題歌なんかにしていいの?…とか思うくらいだけど、実はそのアニメもかなりダークな話らしいのでいいのかな。大人っぽい彼女を感じられる曲だと思う。いいですよ。C/W曲ではM2「ラヴ・チューニング」が好きだな。いわゆるピアノロック系アッパーチューン。夏らしい弾ける感じがイイネ! ノリとしてはむしろこっちがアニメに向いてるかも。 ★★☆(08/06/30)

「Chiptop Lips」 MOTOCOMPO

女性ボーカルをフィーチュアした男女2人組ユニット「モトコンポ」の2ndフルアルバム(11トラック・実質10曲)。リリースは2007年3月。すでに10年以上の活動歴があるバンドだけど、個人的には少し前にたまたまライブで聴いたのが初めて。この盤はその会場の物販で買ったものである。以前にも書いたように、私の場合、ライブで気に入っても旧譜をその場ですぐ購入することは滅多にない。つまりは、そんな人間でも思わずCDに手が出てしまうくらいカッコ良かったってことが言いたかった。サウンド的にはテクノ、ロック、ポップ、ディスコ…などが渾然一体となったもので、特に冒頭のギターが効果的に使われている曲(「Lily Lies」「Moter Girl」…)のノリに思わず持っていかれる。テクノといっても無機的な感じではなく、かなり熱いグルーヴを感じさせられるのが特徴。聴いてるうちにどんどんテンションが上がっていく。最後まであっという間だ。華やかなアレンジの印象がとても強いけど、実は各曲のメロディーもなかなかおいしい。ボーカルは一部エフェクトをかけてる曲もあるけど基本は生声かな。歌詞は全曲英語である。
★★☆(08/06/30)