CD Review --162--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「exist」 me-al art

女性ボーカルをフィーチュアした男女4人組バンド「ミールアート」の2ndフルアルバム(10曲収録)。CDショップの店頭で見かけて試聴、即購入というパターン。一言でいえば、マイナーメロディーの美しさが際立つエモーショナル系ロックである。悲しみを凝縮したような情念系ボーカルと疾走するギターサウンド。土砂降りの雨と廃工場か何かを舞台にしたPVが似合いそうなイメージだ。つまりは、私好みの要素をきっちり備えたバンドという感じなんだけど、素晴らしいと思ったのは全体の平均点の高さ。フルアルバムで10曲通して聴いても、「これはちょっとな…」という曲がほとんどないのである。楽曲の大半を作詞・作曲しているボーカルの川崎里子さんのソングライティング力にも注目したい。また、爆発的なエネルギーを放つ曲から、リリカルでロマンチックな響きを感じさせる曲まで、メリハリの効いたバンドのアレンジも良い。起伏に富んで聴き飽きない物語性があり、同時に全体の統一感も高い。これはかなりのものだろう。
★★☆(08/11/03)

「ベランダ/花火」 waffles

2曲収録のシングル。前作「レモンレイル/雲のない世界」に続く一連のシリーズで、いずれもライブではすでにおなじみの曲である。「ベランダ」は、夜空の下のベランダで恋人のことを思うミディアムナンバー。恋した女の子のどこか頼りなく揺れる気持ちを宇宙空間の浮遊感、孤独感にたとえている。メロディーもアレンジも美しく、小品ながら愛すべき佳曲…という感じだろう。もう1曲の「花火」も夜空をモチーフにした曲だけど、こちらはポップでスピード感のあるナンバー。歌詞は大野さんらしいイメージ中心のものながら、彼のもとにまっすぐに駆けていくような一途さを感じさせる曲ではないだろうか。2曲とも、どこから切ってもワッフルズ…という曲で完成度はとても高い。注文があるとすれば、もっとまとめて聴きたいということだけだろう。 ★★★(08/11/03)

「for example」 ラヴァーズソウル

Candy改めCHIRIRO(ちひろ)さんをボーカルとする男女2人組ユニットの1stシングル(3曲収録)。「for example」という曲が収録されてるわけではなく、ラヴァーズソウルというユニットのいろんな方向性を試してみた感じ、名刺代わりの1枚だろう。実際、収録曲のタイプも多彩で、まだコンセプト、音楽性などが固まりきってない印象もある。M1「ハッピーソウルミュージック」は、ラップのパートもあるアッパーなソウルナンバー。この路線が一番可能性が高そうなカッコいい系。M2「二人だけのSpecial day」は、ボーカルのキュートさを前面に出したフォーク調のポップ曲。アイドルっぽいユーモアもある。M3「GIMME SOME LOVIN'」(有名曲の英語カバー)は、ちょっとだけsuperflyっぽい狙いかな。どの曲もサウンドのクオリティーはとても高い。CHIHIROさんのボーカルも好調。ファンなら彼女の歌声だけでも楽しめるんだけど、「今聴きたい音楽性か…」という個人的な好みから判定すると、ちょっと微妙だったりもする。
★☆(08/11/03)

「He's in love with her」 星羅

19歳のシンガーソングライター「せいら」。その11月リリースのミニアルバムに先行してタワーレコード限定で売っていたサンプル的シングル(1曲収録)だ。100円ポッキリと手頃だったので買ってみた。アメリカンフォーク的な楽曲。これがいい。初期のS&Gを思い出させるようなシンプルでリズミカルなアレンジを採用してる関係もあって、すごく雰囲気がある。メロディーも覚えやすく、ストーリー性のある歌詞とともに印象に残る。さらにボーカル。ほのかな色気を感じさせるきれいな声。物語るように、そして語りかけてくるような歌の表情もとても魅力的。若いのに余裕しゃくしゃく…みたいなスケール感もあるのではないだろうか。とりあえず正式デビューのミニアルバムは「買い」だな。 ★★☆(08/11/03)

「MY LIFE」 星村麻衣

2年8カ月ぶりとなる3rdアルバム(12曲収録)。シングル曲5曲が含まれており、ちょっとしたベストアルバム状態…というのは前回同様だけど、さすがに今回はC/W曲などは入れておらず、シングルを買ったファンにも配慮した内容となっている(2ndでは14曲中10曲が既発曲だった)。では、全体としての印象はどうか。新曲7曲も含めて、1曲1曲の出来はかなり良いと思う。彼女らしいキャッチーなメロディーやじっくり練られた歌詞を聴き込ませる曲を主体にしつつ、アップテンポなナンバーも要所に織り込まれていて緩急もバランスもいい感じ。ただ、制作期間が長かったせいか、「アルバムとしてのコンセプト」的なものはややぼやけて、バラエティーアルバムのようになってしまった印象もある。もちろん、どの曲も彼女の日々の思いや記憶、意思…といったものを表現した曲だから、すなわち「MY LIFE」ではあるんだけどね…。個人的には、これ以上ないくらい素直な幸せを歌ってる「Flower」がすごく新鮮だった。ウェディングソング。最高にかわいい曲ですよ。 ★★☆(08/11/03)