CD Review --255--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「ステラブリーズ」 春奈るな

2017年5月リリースの10thシングル(3曲収録)。アニソンモードのアッパー曲。同時に夏らしい爽やかな疾走感を感じさせるナンバーでもある。ライブのステージにも映えそうだ。そんなわけで聴いている間はけっこう良いのだけど、聴き終わった後にはそれほど強い印象が残らない曲でもある。このへんは前作シングルの「Windia」とちょっと共通している。音源では「まあ普通だな」くらいだったのに、ライブで聴くと「キター!」みたいな感じになるという…。まあ、そういう曲もあっていいのかな。C/W曲ではミディアムナンバーの「アイコトバ」が変化があって新鮮。作詞・作曲はSakuさん。アニソンとは完全に切り離された曲調で、春奈るなさんのシンガーとしての違った魅力を感じることができる。 ★★(2017/06/28)

「Many Faces -多面性-」 JY

元「KARA」のジヨンさん。現在は日本を拠点に女優・知英として活動している。その彼女が歌う時の名義が「JY(ジェイワイ)」だ。本作は2017年5月リリースの1stアルバム(12曲収録)。楽曲はいずれも日本人クリエイターによるもので、歌詞もすべて日本語。完全にJ-POPといっていいだろう。何気なく試聴してけっこう良かったので買ってみた。
一言でいえば歌謡曲、それもかつて一つのジャンルであった「女優が歌う歌謡曲」の雰囲気を感じさせるアルバム。もともとかわいい声質で、歌唱力で圧倒するタイプではない彼女。また、日本語もペラペラだがアクセントにはわずかになまりが残る。その一方で、歌詞の意味をしっかり理解し、曲ごとに違う主人公になりきって歌っており、スターならでは華やかな存在感は十分。まさに「女優らしい歌」ではないだろうか。曲調もタンゴ風味の表題曲「Many Faces」や橋幸夫のリズム歌謡をホウフツとさせる「ブギウギ」があるかと思えば、ポップでいながらすっきり洗練された曲調がイマドキのJ-POPらしさ全開の「好きな人がいること」やリード曲「女子モドキ」まで…。1960年代から現在までの日本の歌謡曲の歴史をたどるようなバラエティに富んだ内容で、意外性と新鮮味がたっぷり! とても楽しく聴けた。 ★★☆(2017/06/28)

「フロイデンベルクの森」 owtn.

約半年前から活動休止を発表していたポエムコアアイドル、owtn.(おわたん)のラストアルバム(11トラック収録)。リリースは2017年5月。
全編にわたって、どこか深い森の中の病棟に閉じ込められた少女の心象風景、あるいは妄想のような世界が広がる。破壊的で、甘美で、エロチックで、純粋で、陶酔的で、絶望的な…。目がくらむようなイメージの奔流。それがささやきかけるポエトリーリーディングと電子的な音響に生楽器の音が溶け合ったイマジネイティブなバックトラックによって綴られていく。
本作には2015年12月リリースの「桃源郷EP」(3曲)がまるごと含まれている。同作がリリースされた際には「なんとなく響かない」といった感想を書いた。しかし、今、新しいアルバムの文脈の中で改めて聴くと、まったく違う印象を受ける。それは新作全体を覆う「静かな崩壊の予感」に通じるもの。ポエムコアという新たな表現を手に入れた歓喜に躍動していた彼女の心象が、ある時から終焉に向かって閉じていく方向に切り替わったことに、当時の自分はついていけなかったのかもしれない。いずれにしても美しい一つの小宇宙がここに完結している。いつかはわからないが、また新しい音楽活動を始めるつもりだという彼女の復活を待ちたい。 ★★☆(2017/06/28)

「Love&Evil」 LOOΠΔ 1/3

2017年4月リリースのLOOΠΔ(イダレソニョ)のミニアルバム(7曲収録)。…といってもうち4曲は3月の「Love&Live」と完全に重複。実質的には、同作の「イントロ」を差し替え、さらに新曲2曲を追加した「再編集版」という扱いだ。ファンにとっては新曲2曲を「1/3」名義のシングルとして発表するだけでもよかったのでは…という気もするけどね。
ここでは新曲に絞って感想を書いてみたい。MVが公開されているリード曲「Sonatine」はマイナー調のミステリアスなナンバー。ストリングスを中心としたアコースティックサウンドとタンゴをモチーフにしたリズムが無国籍的な漂泊の気分をかきたてる。10代のアイドルに歌わせそうな曲ではないところがまさにイダレソニョっぽい。そして、ライブで再現するのがかなり難しそうなコーラスで歌われるところも。もう1曲の「51Db」の方はモダンR&B的な洗練されたスイートナンバー。繰り返しになるけど、シングルとしてリリースしても十分パワーがあったのではないかと思える2曲だ。 ★★(2017/06/28)

「Kim Lip」 LOOΠΔ

LOOΠΔ(イダレソニョ)2017年5月リリースの新メンバーはキム・リップ。これまで清純系美少女を続けてデビューさせてきたプロジェクトだが、ここから新たな段階に。ルックス面では、バービードールのような体型とブロンドヘアのシャープな美女タイプとなり、楽曲(2曲収録)もそのイメージの延長線上のものとなっている。
まずはMVもある「Eclipse」が素晴らしい! クールなデジタルビートを響かせるR&Bナンバー。サウンド的に特に変わったことをしているわけではないのに、聴くほどにその神秘的なメロディーとリズムが耳から離れなくなり、何度もリピートしたくなる強力な中毒性のある楽曲だ。とりわけ魅力的なのがキム・リップの歌声。どちらかといえば儚さや切なさを感じさせる細い声質なのだが、それが濡れたように官能的なメロディーと溶け合い、脳の中枢を麻痺させていく…。女性性の中に見え隠れする少女性。やはりイダレソニョらしさを感じさせる。見事なコンセプトだ。C/W曲「Twilight」も近いラインのナンバーだが、しっかりメリハリがつけられていて、とても良いバランスである。 ★★☆(2017/06/28)