CD Review --256--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「MAYDAY」 APRIL

2017年5月リリースのシングル(3曲収録)。表題曲はK-POPらしいフックソング。その上で構成がけっこう凝ってるのがポイントかな。中近東風のマイナーメロディーで始まったかと思うと、大きな転調が2回あって、そのたびに印象がどんどん変化していく。キャッチーでインパクトの強いサビを経て、曲後半にいくとさらにラップあり大サビあり…の盛りだくさんな展開となり、リズムもさらに加速度を増していく。歌われているのは恋の予感に震える乙女心を「救難信号」にたとえたもの。楽しい振り付けもたまらない。ライブ映えする曲だし、早くステージで見たいわ〜!
前作「APRIL STORY」で6人体制に戻った彼女たち。この2作を経て、以前の妖精や童話のイメージから完全に脱皮、メンバーの年齢にふさわしい元気ハツラツで爽やかなグループに生まれかわったといえる。その変化のさせ方はとても巧みで、気づいたら変わっていた…という感じ。C/W曲も含めて現在のAPRILの魅力をぎゅっと凝縮したような作品がそろっている。次あたりそろそろフルアルバムを聴いてみたい気もするね。 ★★☆(2017/08/12)

「Swimming in the Love E.P.」 SHE IS SUMMER

2017年6月リリースの2nd-EP(5曲収録)。基本的には前作のコンセプトを引き継ぎつつ、「SISらしいサウンド」をより研ぎ澄ました印象。作編曲に複数のクリエイターを起用しているのに、どの曲も全体の中にきれいに収まっている。そのトータリティーとクオリティーの高さ! もちろんMICOさんのボーカルが中心にしっかり存在しているからというのも大きいね。ポップでシャープでカッコよく、同時に相当にキュート! まさに「都市型ポップスの現在形」といっていいだろう。
新曲4曲は「起・承・転・結」のイメージかな。それぞれのナンバーがきっちり役割を果たしていて、コンパクトな作品だけど聴き応え十分。とりわけ、華やかなオープニング曲「出会ってから付き合うまでのあの感じ」、キラーチューンという言葉がふさわしいM4「うしろめたいいい気持ち」あたりは繰り返して聴きたくなる。アンコール的な「君のせい」のリアレンジバージョンも新鮮。 ★★☆(2017/08/12)

「夢みる惑星」 さよならポニーテール

12曲収録の4thフルアルバム(2017年6月リリース)。本作で強く印象に残るのは、やはり1曲目「虹」に象徴されるロックサウンドの導入ではないだろうか。それによって「アコースティック」「ポップス」「テクノ」「ロック」…といったさまざまな作風の楽曲が混在するアルバムとなっている。もちろん、さよポニには複数のクリエイターがいるわけだから、異なるタイプの楽曲が混在するのは以前から当たり前だったともいえる。本作ではロックサウンドの楽曲がこれまで以上に存在感を増したことで、それがより際立つようになったのかもしれない。
一つひとつの楽曲を聴いていくと、「さよポニらしさ」十分で好きな曲も多い。3曲あるアコースティックナンバーはどれもリリカルで、その世界に惹きつけられる。おもしろいのは全部ふっくんかと思ったら、M5「さよなら夏の日」だけは324Pだったりすること(そして、ふっくんは「虹」も書いていたりする)。テクノラップの「恋するAI」やテクノ童謡みたいな「まわるあのコ」のこなれ具合もさよポニならではだろう。ロックっぽい曲ではM10「わ〜るど2」やM12「円盤ゆ〜とぴあ」がよい。ただ、アルバム全体としてはやや印象が定まらないような気もする。 ★★(2017/08/12)

「ふたりの距離」 Softly

2017年6月リリースのミニアルバム(6曲収録)。メジャーでは2作目、通算だと4作目になる。さらに初回限定盤には1970年代から2010年代までの5つのディケイドから1曲ずつ選曲したカバーCDもついている(5曲収録)。ITSで買うとこのカバー集も最初からセットになっていた。
全体にメジャーらしいポップなアレンジがすっかり板についている。でも、基調になっているのは彼女たちらしいアコースティックな感覚。とても良いバランスで仕上がっているのではないだろうか。とりわけオープニングの「スキナノカナ」が楽しい。明るくて歯切れがよくコーラスも効果的。カバー集も含めてMUTSUKIさんのボーカルの魅力はますますアップしている。爽やかできれいな声質はもちろん、独特のちょっとクセのある歌いまわしがすごく良いアクセントになっている。そして、彼女の個性やオリジナリティーは、むしろカバーの方が伝わるのかもしれないという気もした。1曲選ぶならスローバラードにアレンジして歌っている「やさしくなりたい」(斉藤和義)がとても味わい深い。 ★★(2017/08/17)

「黄道十二宮」 星野みちる

12曲収録の6thアルバム。リリースは2017年6月。星野みちるさん、現在31歳。歌声はとても若々しいけど、この年齢はCDの帯にもわざわざ明記されている。要するに大人である。しかし、彼女のボーカルとその音楽が放つ甘さや華やかさはまさにアイドル的といえるもの。大人でありながらアイドル。そのコンセプトはほぼ完成の域に入りつつある。
華やかなオープニングからラストのゴージャスなビッグバンドサウンドまで、聴き応えたっぷりの楽曲がずらっと並んでいる。密度もすごいし、感覚的なボリュームもすごい。12曲なのに二枚組アルバムを聴き終わったくらいの充実感がある。はせはじむ、佐藤清喜らおなじみのスタッフが軸となる部分をがっちり固め、TWEEDEESやブルーペパーズ、杉真理、かせきさいだぁ…といった新旧クリエイターの参加もフレッシュな彩りとなっている。安定したクオリティーとマンネリ化の回避を両立させる絶妙なプロデュースワークではないだろうか。星野みちるさんの自作曲も含めて平均点がものすごく高いアルバム。全曲シングルカット可能…そんな表現がぴったりくる充実作だ。 ★★☆(2017/08/17)