CD Review --005--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「accessory」 hiro:n

まさしく、これぞhiro:n!という超キュートな曲。聞くだけでもう勇気100倍って感じのノリノリのイントロから、彼女独特の印象的なメロディーへと展開し、さらに怒涛のサビへ。ストリングスの感じとか、70年代ディスコっぽさもあり。そんなキラメキ感のあるフレーズ&歌詞の連続波状攻撃で、もうリピートしてる間にトランス状態。(^v^) さらに、C/W曲もGood。「Maybe」はリズムを強調したミディアム曲ながら、洗練されたアレンジなどタイトル曲に負けない完成度の高い曲。さらに、「アクセ…110th street mix」は、ゆったりしたグルーヴ感がたまらない2001年仕様サウンド。しかも、こちらをオリジナルバージョンにしなかったところが、もう分かってらっしゃる!…という感じ。待ってました!の第6弾。まさに現時点でのベストといえる一枚。 ★★★(01/11/24)

「summer morning rain」 iori

タワレコのオススメインディーズのコーナーで試聴して気に入った一枚。4曲入りのミニアルバムで、全曲英語の歌詞という点は、個人的にはあまりソソられないのですが、それを補ってあまりあるサウンドの確かさにほれちゃいました。オススメカードには「フリッパーズギター好きに方に」とあったんだけど、まさにそんな感じ。いい曲はイントロでだいたい分かるっていうのが持論なのですが、この盤もそうで、1曲目のイントロを聴いた段階で「買いだな、こりゃ」という気持ちになってましたからね。こういうギターの感じに弱い昨今であります。各曲メロディーも良く、日本語バージョンを待望って感じです。 ★★☆(01/11/25)

「魔法」 矢野真紀

夏の野音(大阪)で見た時には、あまりピンとこなかったのですが、この盤はいいですね。特にタイトル曲は非常に良い出来で、曲の良さというのもあるし(by 広沢タダシ)、そこにからむ矢野真紀のアクセントの強い歌唱法がうまくフィットしている感じ。バックトラックの作り方なども含めて、サビの部分などはかなり歌謡曲っぽい(80年代系でしょうか)要素が強いから、そこは好みが分かれるところかもしれないけどね。 ★★(01/11/25)

「どうする?ヴェロニカ」 ルラル

吉祥寺DISKINNで試聴して気に入ってしまった一枚。金沢出身、中学生時代の同級生4人でつくったバンドが、7年後にめでたくCDデビュー!…というエピソードからして、なんか心あたたまるバンドなのですが、音の方もガレージな雰囲気を保ちながら、メロディーやアレンジは十分ポップでキュート。ライナーにあるように“ロネッツやアネットのような60年代ガールグループの香り”を感じさせる、かなり本格王道路線のグループです(デビュー盤は7曲入り)。
…というわけなのですが、なんとこのデビュー盤リリース直後に、Voのアイさんがご結婚のため退団!というすごい事態になっていたのだった(公式HPによる)。まさに「どうする?ルラル」という感じなのですが、幸いというか全曲の作詞&作曲をしているリカさん(g)はこれからも頑張るそうなので、3人でなんとかこの素晴らしいグループを発展させていただきたいものです(ボーカルが変わってもグループとして継続した例はいくつもあるしね!) ★★☆(01/11/27)

「サニーデイ」 櫛引彩香

ちょっと旧譜になるのですが、01年1月にリリースされた“Vicky”こと櫛引彩香(くしびき・さやか)の4thシングル。ジャケ写真の横顔が目についたので買ってしまったジャケ買いながら、わりと予想した通りの音が出ていて、サワヤカ系のハートフルポップという感じ。収録されている3曲は、それぞれタイプも違っていて、どれも感じのいい曲だけど、このタイプの女性ソロアーチストに共通していえる“優等生っぽさ=平均的=いまいち個性のなさ”に陥るきわどいところにいる印象もある。1年ちかく新譜が出てないみたいだし、充電して作品づくりにはげんでいるのでしょうか。いったんハマると応援したくなるタイプだと思うので、気になりますね。 ★★(01/12/02)