CD Review --006--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Island Dancer」 有里知花

4曲中3曲が英語詞orハワイ語詞でインターナショナルというかパンパシフィックなテイスト。最初、どうなのかなと思ったんだけど、聴いてみるとクールな中に適度な湿り気もあり、意外に良いですよ。特にボーカルの声質がすごく気持ちが良く、これは発見でしたね。日曜の午前中の空気なんかにぴったり。でも、できればホノルルのカラっとした風の中で聴きたいな。喜多嶋隆ファンにも受けそう。(^v^)
でも、ハワイ(太平洋)っていうのは、けっこう盲点だったんじゃないかな。ウクレレとかハワイアンではないハワイ、コンテンポラリーなハワイのポップス。アルバム、ハワイ版シングル…などに続いて国内仕様では1stシングル。 ★★★(01/12/05)

「シナリオ」 チコチェアー

デビューがミニアルバムだったので、これが初シングル。前作もそうだったのだけど、ボーカルのChica の息遣いが感じられるくらいのオンマイクな録音が特徴かな。Kohei が書くどこか甘酸っぱい感傷を感じさせるメロディーラインとあわせて、まさしくチコチェなサウンドだよね。勝手にキャッチコピーをつけるとしたら「少年少女バンド」って感じ。未熟さの輝きとほろ苦さが同居してる“微熱っぽさ”が、魅力なんだろうな。タイトル曲はミディアム、C/Wはビートのきいた曲で、M3での男女のハモリもこのバンドの定番でなかなかいい感じです。 ★★(01/11/30)

「悲しみのハンター」 Lita

とても個性的なサウンドのユニットだよね。あまり“何々系”というくくりで連想できないような音だし、歌詞も独特。ビジュアルも、なぜか和服だったりするし…。そのあたりがハマる人には、やみつきになる可能性もあるのですが、個人的には“外角低めギリギリいっぱい”だったかもしれない。すごく考えて作られているのは分かるんだけど、もっとストレートでもいいのではないかと思う今日この頃であります。この曲は試聴して、その時はけっこうしっくりきたのに、あとでちゃんと聴いたら印象が変わっていたので、まあそのあたりが音楽の微妙なところですが。体調とかにもよるしね。 ★(01/12/01)

「ペディキュア」 東京ピンサロックス

新宿タワレコは、来店したアーチストのポラ+メッセージなど販促のためのPOPがなかなか充実しているので、一種の情報源としてチェックしてる。実は、この盤も音は全然分からない状態で、メンバーの皆さんの写真を見て、ガールバンドっぽさに引かれて買ってみたものです。…で、内容はというと、けっこうハードコア系パンクでありますね。英語詞がほとんどだし、CDで聴く音楽としても好みからいうと「星一つ」。ただ、ボーカルの声質はいいし、演奏にもガッツがあるので、今後の音楽性いかんによってはおもしろいかも。対バンライブなどでたまたま見たとかだと、けっこう気に入るタイプかもしれない。 ☆(01/12/09)

「MILLENNIUM EDITION」 少年ナイフ

ベテランと呼ぶことがふさわしいかどうかですが、まあ、このサイトで取り上げるアーチストの中では間違いなくベテランでしょう。でも、それでいながら「ガールズバンド」というテイストをこれほど持っているユニットもそうないよね、という音でもあります。本作は、海外向けに録音された英語版の曲ばかりを集めたベストアルバム。この音を聞くと、現在いろいろあるガレージ系のガールズバンドサウンドのすべてがここにある、と言いたくなってしまう。 ★★(01/12/09)