CD Review --008--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「dummy」 SHUUBI

移籍後初、通算2枚目となるフルアルバム。SHUUBIを聴く最良のシチュエーションは、夜道を歩きながらのCDウォークマンだったりする。つまり、それは誰にも何にも邪魔されない状態で入り込んで聴く…ということを意味する。そう、SHUUBIは「ながら」では聴けない、真摯に向き合うことを要求してくる。だから、気軽に聞けないのが、ある意味で難点かもしれない。また、歌詞に込めた意味の重さとともに、実はサウンドも相当に凝っている。…ということからすれば、基本はやはり「ライブ」ということになるアーチストなのだろうと思う。確かにライブ会場なら、何にも邪魔されずに彼女が歌う世界に向き合えるからだ。しかし、このCDもそれを擬似体験するためのメディアとしては、とてもよく出来ている。ウォークマンでなくとも、ヘッドホンで聴くことをお勧めします。 ★★☆(01/12/16)

「KISS ONE MORE TIME」 Tommy february6

ブリリアント・グリーンの川瀬智子のソロ2ndシングル。なかなか快調な音じゃないですか。タイトル曲もキャッチーで、ついつい口ずさんでしまうし、M2「トミーフェブラッテ、マカロン」は、80年代アイドルポップを思わせる曲で(…ていうか、まんまです)、かなり脳髄デレデレ状態になること請け負い。しかも、この曲に隠された特殊信号に反応して、AIBO(犬型ロボット)が踊る…らしい。なんかこのくだらないセンス、けっこう大好きだったりします。おまけにM3は大甘ユーロだし。シャレだと割り切ってるからこそ、ここまで出来るんだろうけど、かなり来てます!(^v^) ★★☆(01/12/15)

「Perhaps or Really? Licca」 Licca with Happy Pappy

よく分からなかったのだけど、ジャケ買いしてみた一枚。Webサイトによると、「リカちゃん」(有名な人形)のファッションセンスを体言した女の子を探せ…みたいなプロジェクトで選ばれた女の子たちによるユニットらしい(←正確じゃないかも)。音の方は、リミックストラックがいろいろ入っているあたりはクラブサウンド風ながら、ボーカルはけっこうオンで収録(歌詞は英語でユニゾンパート多し)。ユーロでもないし、TOKYO風ダンスミュージックとでもいえばいいのかな? すいません、あまりよく分かりません。でも、メロは妙に耳についちゃいます。特にC/W「Call my name」は秀逸。 ★(01/12/15)

「long long chain」 noodles

けっこうキャリアのある人達で、この作品も4年ぶりのフルアルバム。どの曲もメロディーがしっかりしてるし、ほぼ日本語の歌詞なので、メジャーで出ても全然不思議じゃない感じ。ちょっとガレージ系の入ったギターポップ/ロックで、メロディーやアレンジには、いわゆる(ガールズバンドの)“女の子らしさ”を感じさせる要素をほとんど取り込んでないのが特徴かな。でも、ボーカルには、ほどよいスィート感があって聞き飽きない。ほぼ全曲の作詞+作曲は、そのボーカルのYokoさんが担当…ってことは、全部計算されてるわけですね。聴くほどに味が出るスルメ系。※最後に隠しトラックが入っているのでお聴き逃しないように! ★★☆(01/12/23)

「ルームサーヴィス」 チャンネル・プロダクション

コーニッシュ・カモミール、ユリア、クレイジー・カール、スリー・ベリー・アイスクリーム…など、お洒落系「女の子ポップス」を送り出し続けている桜井康史氏の作品集。タワレコの渋谷で見つけて買ったのですが、まさに渋谷が似合う感じ。紙一重で、通俗的なアイドルポップスになってしまうところを“寸止め”という感覚が非常に良い。カワイイんだけど、けっこうクール。メジャーにはないセンスでしょう。一緒に店頭に置いてあったリーフレットには、各曲について桜井氏自身による詳しい解説がついていて、とても参考になったのだけど、CDそのものには(歌詞カードにも)そのあたりのコメントがまったくないのは、ちょっと残念。 ★★☆(01/12/23)