CD Review --009--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「キンポウゲの日々」 maybelle

女性2人ユニットの1stミニアルバム(6曲)。タイトルからも想像されるように、なごみ系のサウンドなのだけど、ベースにあるのはギターポップ的なセンスでしょう(決してフォーク的ではないです)。特に、M1タイトル曲などは、ホーンセクションなども使っているし、他にもアコーディオンやオルガンを使っていたり、独特のサウンドカラーを持っているグループという印象。ピュアに見せているけど、わりとテクニシャンかもね。ボーカルの声質もなかなか切なくGood。ただ、ジャケットのイラストは内容を正しく伝えているのか、やや疑問ですが。 ★★(01/12/24)

「First Kiss」 松浦亜弥

いまやアイドルポップ業界の顔役という感じのつんく氏が、おそらくもっとも気合を入れて作っているのであろう曲の数々を聞くことが出来るアルバム。当然売れてます。モーニング娘。は大人数であるがゆえに、何かと制約もあるわけで、ここではモー娘で出来ない「王道アイドルポップ」を展開。やはりシングル曲が聞き物ながら(特に「LOVE涙色」「100回のKiss」は素晴らしい出来)、後半のM9、M10などもかなりワザを駆使した曲です。松浦亜弥も小娘イメージながら、実はかなり的確な歌唱力を持っていることは無視できないと思うよ。 ★★(02/01/05)

「Masterpiece BLEND 2001」 GIZA studio

いろんなアーチストの曲を集めた盤なので、それぞれの曲についてのコメントは省略しますが、なんといってもプロモーションに徹した「2枚組2100円(税込み)」という価格設定に込められた「ヤル気」に拍手です。(^v^) 私も、この盤でちゃんと聴いた愛内里菜とか松橋美樹とか、ちょっとファンになりましたもん(もともとGIZAのアーチストの、特にビジュアルセンスには共感を持っていたのですが)。しかも。男性アーチストの曲はあえてDisk2の後半に集中させる「ガールポップレーベル」としての思い切りの良さ! なかなか良いんじゃないでしょうか。 ★★(02/01/05)

「ランドスケープ」 etre

女性ボーカル+男性2人というスリーピースユニットの5thシングル。わりと密度の高いサウンドのポップスで、このタイプの音は2000年代の感覚で聞くと、ちょっと古い感じがしてしまうよな〜。というか、古い/新しいという以前に、音が詰まっているからこそ、歌いたいこと(=伝えたいこと)が伝わってきてないような気がしてしまう。もう少し「すきま」が欲しい。C/Wのメロディーだけで勝負したM3の方が好きだな。 ☆(02/01/12)

「ウナ・マルチーア」 インスタント・シトロン

世界をお散歩アルバム…と銘打たれている通り、なんと5カ国語の歌詞を含む11曲入り。男女ユニットで、ボーカルはもちろん女性です。曲調はいわゆる「軽音楽」という感じ(←とかいっても死語かね?)、もちろん大変洗練されたものですが。天気のいい休日のブランチのお供に、あるいはウォークマンで散歩のBGMに…と、実用的な音楽でもあります。といっても、単に聞き流し系の音楽ばかりというわけではなく、M5「Petit Noel」なんて非常にポップなメロディーの胸キュンソング。アルバムのアクセントになってます。これなんて、なかなかの技です。 ★★(02/01/13)