CD Review --010--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Poetic Beauty」 the indigo

5曲入りミニアルバムなのに、本体1300円というインディーズ並のお値段。しかも、カンバラクニエさんのイラストを使ったジャケットが、とっても好印象。鮮やかなグリーンがきれいです。トリンプのCMでもおなじみの「BEAUTY」からはじまって、高木氏のインストナンバー(M3)やバート・バカラックの曲(M4)…など、インディゴワールドを多面的に楽しめる内容。音的には、基本形であるアコースティック路線に戻った感じかな。あとは一発、超キャッチーな曲があるということないのですが、まあ、この淡い感じが持ち味だからな〜。また、ライブで見たいなと思ってしまった。 ★★(02/01/20)

「THE MILE TO ANYWHERE」 EMMIE THE STRIPPER

京都のインディーズバンドの1stアルバム(10曲入り)約30分。男女3人ずつの6人編成だが、そのうち2人が「ブラスセクション」というところがバンドの色合いをかなり個性的にしています。サウンド的には、ジャズ〜ラテン的な香りを漂わせながらも、メロディー自体はかなりポップなロックという感じが主体。ボーカルは日本語詞で歯切れがよく、ちゃんとオンマイクで歌ってるしね(個人的にはボーカルがオフ気味な盤は苦手としております、よってこの盤はGood!)。声質も好みだし。このタイプのバンドは、やはりライブでこそその真髄を味わえるというもの。ぜひ一度、生で聴いてみたいものであります。 ★★(02/01/19)

「inconnue」 アンコニュ

女性2人組ユニットの1stアルバム(9曲)。それぞれソロデビューを目指していた2人がユニットを組んだ…というのは珍しくないけど、2人とも作詞+作曲するタイプというのは、あまりないパターンではないだろうか。9曲中、共作は1曲だけで、あとはそれぞれ自分で作った曲となっている。どっちの曲をシングルにするか…とかで揉めないことを祈ります。(^v^) この盤も、1stということでショウケースっぽく、いろんなタイプの曲が入ってて楽しめます(ギターポップ、4ビート、レゲエ…などアレンジも多彩)。ジャケットの感じから、おちゃらけ系という印象だったのだけど、いたってまじめなユニットですよね。 ★★(02/01/14)

「ア☆イ☆ツ」 dicot

ちょっと古いですがデビュー盤です。かなり個性の強いメロディー&歌詞、アレンジ、そしてボーカル…ということで、最初はいい印象がなかったのですが、ふと気づくと「さあ仕事を始めよう〜」「バリバリバリバリの仕事人間です〜」「るいるいるいるい!」などと口ずさんでいる自分がいるではないか! そう、実は中毒性の強いグループなのだった。個性というものは、最初はとっつきにくい。でもいったんハマると…。けっこうコワイ存在かもしれないぞ。(^v^;; ★★(02/02/02)

「まなもぉん」 Serani Poji

99年にリリースされたビデオゲームの挿入音源集。…というとピコピコ音楽を連想しそうだけど、これはもうそういう想像をはるかに超えた純粋に音楽アルバムとしても楽しめるハイレベルな作品。ゲームの登場人物がファンである架空のアーチスト“セラニポージ”のオリジナルアルバムという趣向だから、そのクオリティは当然かもしれないけど、とにかく素晴らしいポップ感満載の一枚だ。ボーカルは、あのCECIL(セシル)のボーカル・ゆきちさんが担当(発売当時のクレジットは「YUKI」)。ポップでちょっとエレクトリックなクールサウンドと、YUKIさんのキュートなウィスパーボーカルのコンビネーションが、もう快感…の一言につきる。 ★★★(02/01/14)