CD Review --014--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「窓絵」 熊木杏里

「早春」という季節にぴったりの3曲入りデビュー盤です。TV番組のオーディションで選ばれたとか、局がらみだからタイアップいっぱい…とか、周辺情報はいろいろあれど、まずは音を聴いてみてほしい。個人的には、思いっきりツボにはまってしまい、ほぼ毎朝&毎晩きいてる状態です。
分類的には「フォーク」ということになると思うのだけど、それだけにとどまらない魅力と個性が感じられる。自作の曲もいいし(特に歌詞には独特のセンスがあり、ありきたりでない)、さらにボーカルが良い。どこかはかなげで透明感のある声であり、またふっと息がかすれる瞬間とか、微妙なニュアンスを伝える節まわしとか、やさしい包容力に満ちている。アレンジの仕事もGoodです。 ★★★(02/02/23)

「ride on」 organs cafe

待望の3rdシングル。前作の延長線上にある作品という感じでしょうか。AOR的なゆったりとしたサウンドの上で、ボーカルが優しく歌うヒーリングポップを確立しているよね。敢えて難点を探すとすると、タイトルでもあり、サビで何度もリフレインされる「ride on」の意味がもうひとつ分かりにくいこと。歌詞のテーマは、スポーツ選手だった昔の彼との思い出→青春の追憶…というところなんですが、なぜ「ride on」なの? C/Wの各トラックも快調。アルバムが待たれます。あいかわらず、ヴィジュアル的には加藤沙果菜しか登場せず、ますます“ZARD化”も進んでます。(^v^) ★★☆(02/03/02)

「チュキラグア」 mount sugar

MARZのライブで見て、なかなか良いなと思っていた男女2人ユニットの実質デビュー・ミニアルバム(6曲入り)。アコースティックで隙間のあるバックトラックと伸びのあるボーカルのからみが個性的なサウンドを作り上げている。とにかく、ひとつひとつの音が“瑞々しい”のが特長。たぶん録音も良いのだと思うけど、無機的な音というのが一切なく、雨上がりの木の葉に雫がきらきら光っているような音がちりばめられている。また、特筆したいのはボーカル。力強さ、確かさと同時に、若々しさ、大地にすくっと立つような生命力を感じさせる20歳のシンガーだ。山里亜理沙、この名前を記憶して下さい。1曲だけあるカバー曲、カーペンターズの「雨の日と月曜日は」も聴き物。 ★★★(02/03/02)

「SWEET」 hiro:n

大傑作「アクセサリー」に続く新作。やっぱり、いくら「アクセ…」が良かったといっても、同じようなものをまた出してくるわけはなく、ややテンポを落としたミディアムナンバーとなりました。「Dirty Shoes」をメジャーにしたような曲とでもいいましょうか。ソウルテイストの分厚いコーラスも入って、音的には結構リッチなつくりなんだけど、いかんせん“ケレン味”がなさすぎる。途中でコーラスとの掛け合いを入れたりして6分位の大曲にするとか、転調して盛り上げる大サビを作るとか…。C/Wは、さらにスローテンポのロッカバラードタイプの曲。うーむ、全体の印象としては、「地味」の一言です。アルバムならともかく、シングルだからねえ…。 ★☆(02/03/02)

「Cloudy Sky」 bice

3曲入りマキシ。4月リリースのアルバムに先行するお試し盤ですね。サウンド、メロディー、そしてボーカル… bice の世界はすでに確立されているわけだけど、この作品の3曲は、それに加えて、カフェミュージック的に聞き流されることに対して、どこか自己主張を始めているような感じ。タイトル曲で、歌詞に松本隆を起用したのも、そのあらわれかもしれない。ところで、今回のジャケットは、これまでで最も“ジャケット買い”を誘発しそうな出来です。(^v^) ライブも楽しみ。 ★★(02/03/02)