CD Review --015--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「フルワセテ!」 我那覇美奈

若手ながら、すでにかなりのリリース実績がある人ですよね。これまで、あまり聴くチャンスがなかったんですが、改めて良いなと思っております。気づくのが遅すぎたかな? 沖縄とともにミュージシャンのブランドになりつつある奄美出身のシンガー。タイトル曲は、なんと星勝プロデュース&作曲。星勝といえば、往年の井上陽水のアレンジとか最近リバイバルしてる「太陽を盗んだ男」の音楽担当だったりするベテランですが、古さはまったく感じさせない。Aメロ〜Bメロでじわじわ盛り上げ、サビで一気に転調して爆発する印象的なカタルシスに持ってくる展開はお見事。パワーと情感をあわせもつボーカルも素晴らしい。C/W曲は、Chieriの「SKY SONGS」などを思い起こさせる、ストリングスを配した軽快なサウンドで、こちらもゴキゲンだ。 ★★★(02/03/10)

「紫の花 / 銀色 / 波のよう」 SUPER EGG MACHINE

最近お気に入りの女性だけのスリーピースバンド。これはライブ会場で売っていた3曲入りのデモ盤(500円)で、4月に正式デビュー盤が控えています。スリーピースなので、サウンド的には豪快なギターバンドという感じだけど、ノイジーなだけでなく常にメロディーを感じさせる響きを大切にしているところが、このバンドの特長ではないだろうか。それにより、女性らしい華やかさを得ることにも成功していると思う。このCDでは、M1「紫の花」などが一番このバンドらしいサウンドといえます。ボーカルは、地声がちょっと幼い感じなのでシャウト的に歌う曲の方がいいかな。 ★★(02/03/10)

「傘としずく」 meg

ふっと目について買ったので、予備知識まったくなしだったのですが、ネットで調べると、2001年11月デビューの20歳のソロシンガーだそうです(…ていうか、それしか分からない。あとは広島出身ということ位か)。でも、内容はなかなか良いよ。タイトルナンバーは、コンテンポラリーソウルなテイストのミディアムテンポ曲で、コーラスの絡みもあって、かなり売れ線といってもいい感じ。ボーカルはストレート系でややけだるい感じ。声質も気持ちいい。C/Wの2曲は、またそれぞれ傾向の違う曲で、M2はクールな反復リズムにささやき系ボーカル+印象的な歌詞、M3はピアノだけの弾き語り的なトラック…となかなか良いセンス。思わぬ拾い物をした気分です。(^v^) ★★☆(02/03/16)

「ライチ」 京田未歩

シングル3枚の曲が収録されてる1stアルバム。いろんなところで“ルックスが普通っぽい、アーチストっぽくない”と書きまくられてて、少々気の毒な彼女ですが、CDで聞く歌声は、意外と太い声質。歌い方にも力感があり、外観とのギャップはたしかにあるのだった。内容的には、ギタポあり、ソウルあり、レゲエあり…で、いまいち音楽的なスタンスが見通せない。なんかとっちらかった印象。アレンジが多彩なのに対して、全体にメロディーのフックは弱い感じがしてしまうのもイマイチ。13曲のフルじゃなく8曲くらい厳選のミニアルバムにしたら、もっと引き締まった作品になった可能性はある。 ★(02/03/10)

「愛しい人」 みみずくず

女性ボーカル+男性3人のユニットです。ドラムの人は45歳、派遣会社社長の地位をなげうって、このバンドに賭けている!…という話。けっこう大人のグループでもあるのだった(ドラム以外の人達はそんなにお年ではないらしいが。以上「CDTV-neo」でのインタビュー情報)。さて、サウンドは素直なギターポップという感じだけど、わりと隙間の多いアレンジで、密度感よりも空間の広がりを重視している感じ。ボーカルもさらっとした甘さ、普段着感覚の自然体で好感が持てる。そう、全体にゆとりのある音、懐の深さを感じさせるバンドといえるかもしれない。C/Wは、7分以上あるロングバージョンなレゲエ曲で、意表を突くすっとぼけた味わい。かなり曲者ですよ、これは。(^v^) ★★(02/03/21)