CD Review --016--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「HEAVEN / REMEMBER」 masumi

3rdシングル(←だよね?)。R&Bというよりライトソウル的なテイストのポップス。というか、サウンドを聞かせるというより、あくまでも masumi のボーカルを聴かせるというスタンスの楽曲だということでしょう。両タイトル曲ともミディアムテンポのナンバーで、まさにボーカルのショウケース。で、その彼女の歌声は…というと、一言でいうと「艶がある」。特に力を入れている感じでもないけど、伸びやかで気持ちいい。こういう歌なら何曲でも聞いていられる。歌詞(本人作詞)もけっこう素直な感じで、これまた好感。リラックスしたい夜のひとときにどうぞ…みたいな。いいんじゃないでしょうか。 ★★(02/03/24)

「丘に咲く花」 三角堂

「CDTV-neo」のエンディングで流れているのを聞いて知ったのですが、アルバムなども含めリリースはすでにかなりある男女2人ユニットです。タイトル曲は、サビのメロディー+アレンジがとても美しいミディアムナンバー。もう、これだけで星3つ、という感じ。良いですよ。ギターはエレクトリックだけど、全体的にアコースティックな印象を受けるのは、バックにストリングスが使われているためかな。ストリングスはC/Wの2曲でもフィーチュアされています。ボーカルは、吉田美和を思わせる力強い中音域と、やや力を抜いてささやくような高音域を、曲によって使い分けていて、技ありです。 ★★★(02/03/21)

「煙色の恋人達」 一十三十一(hitomitoi)

ソロボーカリストのデビュー盤。アーチスト名は「ヒトミトイ」と読むのだけど、あまりにもひねりすぎ(意味も不明)。インパクトはあるけどね。でも、曲はいたってまともです、というか、非常に良いですよ。高速ボサノバ(?)みたいな軽快なリズムと、クール&ソウルテイストなサウンドカラーが不思議にマッチして、ほのかに甘いボーカルとしっとり絡み、なんともいい感じなのです。エレピやパーカッションの感じ、あるいはC/Wのトラックのカッコよさなど…70年代前半のフュージョン(チック・コリアとか)を思わせるところもある。歌詞もイメージがふくらんでいくような感じで、なかなか良いです。 ★★★(02/03/21)

「君を忘れない」 CHIHARU

沖縄出身、19歳のソロシンガーのデビュー盤。アコースティックなサウンドで、派手さはないのについつい最後まで聴いてしまうのは、やはり声質の魅力かな。どこか“泣き”が入った…けっこうハマる声だと思う。ただ、一歩間違うと、個性の見えないアニメ主題歌シンガーみたいになってしまう危うさもある。たとえば、アーチスト名も、本名=比嘉千春だから「CHIHARU」なんだろうけど、もっと個性を感じさせる名前の方がよかったんじゃない? 実は、ネットで検索していて分かったのだけど、松山千春にも「君を忘れない」という同名曲があるのです。同じチハルで同名の曲…。うーん、やっぱ、これってスタッフの配慮不足だよねえ。 ★☆(02/03/21)

「One or Two」 TYO

男女2人ユニットの4thマキシ(3曲+インスト)。エレクトリックなサウンドを使って、ドラマチックな展開のメロディーを歌い上げる感じ。ボーカルのクセの強さとかは、中島みゆきのアップナンバーをJ-POP風に料理した、とでもいう印象で、かなり色の濃いグループです。ユニット名「TYO」は、当然「東京」の略号なのだけど、この東京はJ-POPでよく使われる“お洒落で洗練された先端都市”という記号ではなく、多くの人々の関係と情念が集積し交錯する、“人間くさい混沌とした都市”…というイメージだ。ただ、「TYO」と略されていると、何か軽い感じがしてしまうので、若干のイメージのギャップも感じてしまうのだけどね。 ★☆(02/03/21)