CD Review --017--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Brandnew Way」 SUPER EGG MACHINE

ライブでは、かなりお気に入りだった3ピースバンドのメジャーデビュー盤。このグループの持ち味であるギター中心のドライブ感のあるサウンド、ボーカルの爽快感のある甘さ…といった要素は、十分に盛り込まれた作品になっているんじゃないかな。C/W曲も、テンポの違う曲(ミディアム)を持ってきて違う面を聞けるしね。ただ、CDとなると歌詞をじっくり聞かれてしまうから(ライブではあまり聞き取れない→勢いだけでもいいのだけど)、これから作品を作りつづけるうえでは、そのあたりのバリエーションがポイントではないでしょうか。なんか応援したいバンドです。 ★★(02/04/20)

「夕暮れシーサイドビーチ」 チコチェアー

2ndシングル。前作「シナリオ」がミディアム系だったので、今回は…というところなんだけど、ふたを開けてみたら、再びミディアム系。ライブでもおなじみの曲です。チコチェ=ミディアムというイメージを作ろうとしているのかな? たしかに難しいところにいるバンドかもしれない。個人的には、どこまでもボーイズ&ガールズ的な微熱っぽさを感じさせるところが好きなグループなんだけど、実際にはメンバーの年齢からいっても、10代とかそういうメチャクチャ若いバンドじゃない。ちょっと落ち着きというか、ワザやセンスで勝負した方がいいのかな…という気もしてしまうからね。ところで、表ジャケの渋さに対して、裏ジャケでは男性メンバーが笑いを狙って(?)います。 ★☆(02/04/20)

「HOLIC」 HOLIC

ギター&ベースが女性、ドラムスが男性という3ピースバンドです。これはライブ会場で販売している自主制作盤(2曲入り)。ジャケもプリンタで印刷してはさみ込んだようなもので、切り口がまっすぐじゃなかったりする。(^v^;; ライブでは、ギターとベースの音圧で迫ってくるバンドなので、CDでいかにその感じを出すかというのは、けっこう難しいタイプ。相当上手いエンジニアに頼んだとしてもね。したがって、ここでは雰囲気を味わうという感じかな。ヘッドフォンで大音量がオススメです。なぜか、M2の方がM1よりもボリュームが大きく録音されていて、当然、実際の感じに近いです。 ★☆(02/04/20)

「FREE RIDE」 Plum Planets

女性デュオの3rdシングル。以前の2作品は、かなり洋楽っぽさが勝ってる印象のユニットだったのだけど、この作品は、スクーターのCMソングとして制作されたためか、ポップ狙いとマニアックさが上手くブレンドされた仕上がりになっている。モノクロのラジオでも聞いているかのようなイントロ(アメリカンハイウエィのイメージ?)から、印象的なギターのリフを経て、一気にサビへと向かうメロディーの疾走感は、なかなかのもの(3分ちょっとという短さもGood!)。間奏のギターとかも一瞬だけど楽しい。でも、C/W収録の「Girls, be ambitious」の英語版こそが本質なのかもしれないですが。 ★★(02/04/20)

「GIMME SHELTER」 12.ヒトエ

ティーンの女の子12人のよるブラスロックバンドの1stシングル。ライブで見ると、ホーンセクション(6人)をずらりと並べた布陣は、なかなか迫力なのだけど(演奏能力もかなり高いです、この年代にしては)、CDにすると、あんまりそれは特色として生きてこないところが、ちょっと苦しいところかな。だって、今やホーンセクションの音なんてサンプリングしたキーボードでいくらでも作れてしまうわけだからね。曲は、いかにもアイドルポップなC/Wの「だいっキライ!」が楽しい。 ★☆(02/04/20)