CD Review --018--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「やわらかな風」 鳳山雅姫

けっこうリリースはあったと思っていたのだけど、実はこれが初のミニアルバムとなるのだった。「似た月」のポエトリーリーディングを導入に全6曲。シンガーとしての彼女は、肉感的な、ずしんとくる手ごたえのあるボーカルが持ち味かな。ただ、やや歌唱に力が入るところがあって、それがむしろ無造作に言葉を解き放つような彼女のポエトリーリーディングでの説得力に及ばない…というのは、今後の課題でしょうね。さらりと歌い、それでいて聴く者の胸を射るということは、本当に難しい。まあ、これは好みの問題かもしれませんが。収録曲は、柴草玲の2曲をはじめ佳曲ぞろいです。 ★★(02/05/04)

「SWEET DESSERT SOUL」 hiro:n

2ndアルバムは、14曲60分以上という大作。渋ぶ派手(?)なジャケットといい、前作以上に彼女の音楽的な好みを凝縮して作りあげた一枚という感じ。個人的には、エクストラトラック扱いされている「アクセサリー」系の曲のファンなので、正直“うーん”という側面は否定できないかな。特に、オープニングの3曲あたりが、かなり真っ黒系の音なので、全体の印象がそんな感じになっている。中盤以降は、わりとこなれたポップやラテンアレンジの曲もあるのですが…。ごめん、このアルバムに関しては、プロデュースの方向性が私の肌に合わない、っていうか。聴きたいのは、New Yorkのソウルじゃなくて、Tokyoのソウルだってことです。 ★☆(02/04/04)

「Boa's book store」 BOSSA 51

女性ボーカル+男性2人の3ピースユニットによる3rdアルバム。ボッサ…という名前ですが、別にボサノヴァばかり演奏しているわけではなく、もっと広い意味でのリラクゼーションミュージックという感じでしょうか。アコースティック、かつシンプルで隙間の多い音が気持ちいい。ボーカルの感じは、大貫妙子をより素直にしたというイメージ。初夏のブランチや、夕暮れの戸外で飲むビールのお供に…と活躍しそうです。ただ、全体的にいえるのですが、あまりにも淡いソーダ水みたいな感じもあって、メロディーの良さが記憶に残る曲がもう少しあるといいかな…とも。そんな中では、M7「二ひきのクジラ」が、全体のハイライトといえそうです(でも、クジラって「二頭」じゃないか?)。 ★★(02/04/20)

「Treasure」 天野月子

はやくも5thシングル(メジャーでは3rd)です。タイトルナンバーは、あいかわらず好調なポップロックチューン。スローでヘビーなバックトラックの重量感と、甘いメロディーのコンビネーションが最高。C/W曲も、恒例パロディタイトルナンバー(今回は「pleasure」)に、「G.B.」のライブバージョン(フェードアウトのタイミングにワザを感じるね、最近ライブ盤が少ないからうれしい!)、さらに「Treasure」の別バージョン(リッミクスではなく)…とまあ、各種テンコ盛りの大サービス。本当にエンターテインメント精神旺盛な人だな。(^v^) しかし、早くアルバム出してくれなきゃ、1st=ベストアルバムになっちまうよ。いや、もう5曲目ということは、すでに…。 ★★☆(02/05/04)

「momentum」 我那覇美奈

3rdアルバムは、全曲星勝プロデュース作品。シングル「フルワセテ!」の疾走感がそのまま全曲続く…という感じの作品です。一本調子? そこがいいんじゃないの…って感じだよね。一枚聴き通すと、なんだか短めのライブに一本つきあったような気がしてくる。充実感満点。高感度フィルムでストロボを使わずに撮ったようなジャケや歌詞カード内の写真も、いかにも「深夜」のイメージでいい。終演後、ライブハウスの近所の飲み屋で飲んでる、そんでもって明け方、自宅に帰ってあーくたびれた、という気分だな。我那覇美奈のパワーある歌声も素晴らしい。ただ、こういう盤って、自分のテンションも盛り上がってる時じゃないと聴けない。癒し…には、少なくともならんよね。(^v^;; ★★☆(02/04/07)