CD Review --020--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「浮かれビート 地下1階」 イズミカワ ソラ

ライブで気に入って、CDを買いに行ったんだけど、意外に探しましたね。2001年9月リリースの盤だから? でも、内容はかなりいいですよ。探す価値はあります。7曲収録のミニアルバムで、 M1だけはサウンドのコラージュっぽいトラックだけど、あとはおいしいメロディーの楽曲の波状攻撃。全体には「ポップ」なんだけど、1曲ごとにいろんなリズムやサウンドが飛び出してくるアレンジの楽しさ、サウンドにアクセントをつける管楽器やアコーディオン、ストリングスなどの使い方…アイデアいっぱいで楽しめます。たぶん、すごくいろんなポップミュージック(特にロック以外の)をかなり聴き込んでいる人のような気がする。ボーカルも個性的でインパクトあり! ★★☆(02/06/16)

「SPRIT vol.1」 ICE

クラブサウンド的なテイストを強めながら、歌ものとしての聴きやすさは、しっかりキープしている印象。このあたりの、いかにも“TOKYOブレンド”な感じは、けっこう個人的には好みであります。7トラックだけど、実質5曲収録のミニアルバム。やっぱ、高層ビルの夜景を背景にドライブしながら聴きたくなるような音だよね〜。M3「TABOO」は 4ビート、M4「Lovers Rock」はレゲエ、M5「mele moe」がボサノヴァ…というように一本調子にならない工夫もしてあるしね。※男女2人ユニットで、けっこう歴史は長いグループです(96年くらいから?)。 ★★(02/06/17)

「オレンジ / 遠い空」 Swinging Popsicle

メジャーからインディーズに活動の場を移しているアーチストも多いわけですが、このグループもそうですね。2002年1月リリースのシングル盤(2曲収録)。ストレートなポップスがうれしい。メロディーの良さ、リズムの温かさ、ブラスや弦を使ったアレンジのキラメキ感、そして、適度なしっとり感のあるボーカル。特に、このカーペンターズのカレン、または竹内まりや系…という感じの藤島美音子さんの声質にも、けっこうクセになるものがあるんじゃないかな。一転してC/W「遠い空」はミディアムテンポ、でも底に流れるポップスのDNAは変わらない。このレベルの曲が10連発のアルバムとか出来たら、すごい傑作になりそう。 ★★☆(02/06/18)

「陽はまた昇る」 moo-Chies

ライブ会場で買ったデモ盤ミニアルバム(5曲収録)。ボーカル+キーボード、ドラムスの2人が女性、ベースが男性のトリオ。軽快なリズムセクションと裏声のボーカルが特徴。といっても、カフェミュージックみたいな音楽ではなく、歌詞を読むと、わりと悩み多き青春の日々…といった感覚のものが主体だったりします。お洒落感よりも親近感。東横線じゃなくて中央線という感じ。でも、それを軽くさらっと歌っているところが良い。ただ、この盤に関していえば、ライブで感じさせた良さは出し切っていないような気がする。ライブでは、もう少し音に芯というか、ガッツがあったんだけどね(ま、デモ盤だから…)。
★☆(02/06/19)

「それぞれの空」 大木彩乃

わりと気になっていたけど、あまりちゃんと聴く機会がなかったソロシンガー、大木彩乃さんです。もう、フルアルバムを3枚も出ているクラスの人なんですが、これは02年3月リリースのシングル(2曲収録)。タイトル曲は、静かなイメージで始まって、しだいにドラマチックに盛りあがっていく。TVドラマの挿入歌とかにありそうな雰囲気の曲。C/W曲もそうなんだけど、ものすごくキャッチーなメロディーとか、派手なボーカルスタイルだったりするわけではないから、一聴地味ではある。ただ、耳馴染んでくると、いつかふっと口ずさんでたりするんだよね。温かい声質だし、天気のいい冬の日に静かな公園なんかで聴きたいような気分の音楽だと思う。 ★★(02/06/20)