CD Review --021--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Love Bird」 tef tef

姉妹デュオユニットの5thシングル。実は、このシングルの曲を含むアルバム(1st)も6月にリリースされていて、試聴した結果、この2曲こそがエッセンス…と判断して、こちらの方を買いました。したがって、タイトル曲もC/W曲もギターがリードする勢いのある曲になってて、なかなか気に入ってます。アコースティック感のあるストレートな音。今も渋谷とかで路上ライブをやってるらしいけど、そんな「野外」「陽射し」「草っぱら」が似合うような健康的なサウンドだ。アレンジも勢いと同時にディテールまでキチッと作ってあって、完成度も意外にある。ボーカルも声質・歌い方ともいい感じだと思った。 ★★(02/06/15)

「MAYUKO introduce demo」 MAYUKO

ピアノの弾き語り中心のソロシンガー。これは、ライブ会場で配っていたサンプルCD…なんだけど、なんと6曲を完全収録(約24分)したサービス盤です。特徴は、すべてミディアム〜スローの曲だということ。バラードシンガーなんですね。でも、ここでは、ピアノ以外の楽器もアレンジされているし、ライブよりもサウンドとしてはカラフルな感じ。ただ、ここからはもう個人的な好みの問題だと思うんだけど、どこかもうひとつ「歌心」みたいなものが足りない気がしてしまうだよね〜。なぜだろう。理由は分かりません。声質も悪くないし、ていねいに歌っていると思うんだけどね…。 ★(02/06/15)

「忘れないよ?」 長谷川都

なぜか、あんまり聴くチャンスがなかったんですが、これは01年3月リリースの3rdシングル。タイトル曲は、軽快なアレンジになっているので、つい聞き流してしまいそうになるけど、歌詞を読んでみると“突然、恋人を亡くしてしまったぼく”の情景だ。ちょっとびっくり、主人公を「ぼく」にしたのは、この話が「物語(=フィクション)」だということを言いたかったからなのかな。主人公が「わたし」だったら、なんだか実話みたいで、かなり重い。でも「忘れないよ?」の最後の「?」の意味は何なのか。普通なら「忘れないよ」と断言でいいのでは…。などと、けっこう謎はあるのですが、C/W曲ではしっとりしたミディアムテンポの弾き語りを聴かせてくれたり、なかなかチャーミングなボーカリストです。 ★★(02/06/15)

「絵になるうた / 恋の魔法」 柳田久美子

2ndシングル。2曲入りで500円というので、何も考えずに買ったら、なんと「絵になるうた」は、アルバム「魔法のかけかた」のM1じゃないですか!(←しかもバージョン違いでさえない) ガクッ。どうりでジャケットの写真が似てるはずだ…。まあ、ここはもう1曲の方(アルバム未収録)を買ったと思えばいいや。…ということで「恋の魔法」について。比較的短い曲なんだけど、言葉があふれている。饒舌になるっていうのも、恋の魔法のひとつなんだろうか。まるでライブ録音みたいな、シンプルで勢いのある演奏、そして息遣いがマイク越しに伝わってくるようなボーカル。妙に生々しい感じ、ドキドキするような感じがあって良いんじゃない? ※ジャケットに初めてちゃんと顔写真がのりましたね。 ★★(02/06/15)

「この夢かなえて / Hello」 amica

そういえば、ASAYANで西崎彩の「グラビアアイドルオーディション」なんてあったよな〜と思って、ちょっと気になり、思わず買ってしまった一枚。その西崎彩と「ヤンジャン制服コレクション」のグランプリ・宮前るいの2人によるアイドルユニットです。で、音の方は、懐かしい〜と言いたくなるユーロビート(外国曲)。古いけど個人的には好きなもので抵抗できないところがあったりします。C/W曲は、こちらもお懐かし後藤次利(!)曲。そんなわけで、コロムビアのこの春の一押しらしい。でもやっぱノベルティの域を出てないかな〜。うーむ。(^v^;; ★(02/06/15)