CD Review --022--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「essential」 櫛引彩香

一皮むける、ってこういうことなんだ。…と思わず言いたくなる 2ndアルバム。特に変わったことをやっているわけではない。でも、どの曲も“ふっ”と心の隙間に入り込んでくるような力を持っている。なんだか胸の奥がきゅんとなるような、記憶のかすかな痛み、遠い後悔、淡い幸せ…など、ちょっとだけ苦味をともなった歌詞。意外と見過ごされがちかもしれないけど、メロディーもいい曲が多い。歌を引きたてることに徹したアレンジ。力が入りすぎず抜けすぎず、耳に残るボーカル。つまりは、すべてのバランスがいいってことかな。どの曲もいいけど、「Cycle」、「帰り道」という最近のシングル2曲は特に聴き物。飾り気のないジャケのフォトが、まさにこのアルバムの気分です。毎日聴きたい。 ★★★(02/06/08)

「ANGELIC」 SPANK HAPPY

ユニットの歴史はかなり長いけど、現在のメンバー(菊池成孔+岩澤瞳)になってからは2枚目のマキシ。ショップでは「クラブ」カテゴリにあったりするけど、陶酔的な美味しいメロディーと幻惑させるシュールな歌詞の個性が強く…つまりは、かなり歌謡曲っぽいのだった。裏声のメインボーカルに男声のコーラスがまとわりつくような、ある意味でとってもセクシーな雰囲気、深夜のイメージのタイトル曲。一転、C/W曲は楽しいユーロポップで攻めたかと思えば、M3は反復するパターンが気持ちいいテクノ…と変幻自在(3曲収録)。全曲通して、リズムに対するメロディーの優位性が印象的なグループ。かなり気に入ってます。 ★★☆(02/06/08)

「涙そうそう」 夏川りみ

夏川りみは、石垣島出身のソロシンガー。幼い頃からちびっこのど自慢などで注目され、演歌でデビューするがいっこうに売れず、いったん帰郷。そこで、同郷の BEGIN が、森山良子の詞に曲をつけた「涙そうそう」に出会う。そして、この曲は地元・沖縄のラジオから火がつき1年がかりで全国ヒットになっていく…。いや、そのまま物語になりそうな展開ですね。某テレビ番組でのパブを見て、思いっきり作戦にひっかかったヤツです。(^v^) しかし、どんなに宣伝してもダメなものはダメなわけで、そういう意味では、この曲には買わせる力があったということでしょう。かくし味的にアレンジされている三線の音も最高! ★★★(02/06/08)

「1つだけ」 Ann

これは「CDTV-neo」のタイトル曲になっていたので知った曲。「Ann」というアーチスト名からソロシンガーかと思っていたら、男女2人ユニットなのだった(ちなみにボーカルの女性は Ayuri さんです)。これは2ndシングル。ジャケの感じなどからは、R&B系?と思わせるものがあるのだけど、実はピュアなJ-POPです。サビのメロディーの作り方がうまく、けっこうフックになってくる。それはC/W曲も同じ。ボーカルのスタイルは、ちょっとチャラを脱力させたような感じで、声質はハスキー系。曲とこのボーカルの味わいとのバランスが、なかなかおもしろく、ありきたりになってないポイントでしょうね。 ★★(02/06/08)

「オレンジ色の煙」 Maybelle

女性2人ユニットの待望の新作!…なんですが、前作がミニアルバムだったので、マキシとしては1st(3曲入り)。期待を裏切らないストレートなギターポップサウンドに、ワカコさんの独特の“ゆらぎ感”のあるボーカル。これ、分かりやすい言葉でいうとヘタウマ…ってことになるんだけど、たしかにこのある種の不安定さが、若さや青さ、切なさ、ひたむきさを伝えてしまうのだから、本当に音楽ってマジックですよね。今回の作品は、前作「キンポウゲの日々」でやや聴き足りない気がしたスピード感のある曲を3連発しており、聴き終わった時の充実感には、なかなかのものがあります。またライブが見たいよね〜! ★★☆(02/06/08)