CD Review --026--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「scanty blues」 meg

これがメジャーデビューとなる21歳のソロシンガー。なんだけど、昨年インディーズからリリースした「傘としずく」という盤をたまたま持っていた。その時は、情報がほとんどない人だなと思っていたのだけど、どうも本業はモデルみたいです。ジャケ写もいいねえ。これだけでも買う価値あるかも…というぐらい。(^v^) この盤はタイトル曲のバージョン違い2パターンを収録。岡村靖幸氏の書き下ろし作品(作詞はmeg本人)。M1はかなりクールなバージョン。本来はM2のやや派手めなバージョンの方が分かりやすいんだけど、あえて順番を逆にしたらしい。個人的には、分かりやすい方が好きかな。 ★☆(02/07/20)

「夏時計 -2002 ENCORE EDITION-」 CECIL

待望のセシル、2タイトル同時リリースのうちの1枚。「ENCORE EDITION」…からも分かるように、以前リリースしていた1stミニアルバム「夏時計」の4曲をリミックス(曲順も再構成)+新録2曲をニュージャケットにパッケージしたセシル再入門盤って感じかな。オリジナル「夏時計」の方は、オープニング曲「フルスロットル」で全開のあと、しだいに減速していくような不思議な感覚があったのだけど、今回は全体にスピード感が増してる感じ。ラストの新曲「ビルの隙間に打ち上げ花火」(←良い曲です)の後に「隠しナンバー」が収録されてますので、ぜひお聴き逃しのないように! 全曲新作としたら、星3つでもいいんだけどね。 ★★(02/07/21)

「WHEN YOU SMILE / SURFRIDER'S BEACH PARTY」 有里知花

国内盤シングルとしては2nd。2曲+8月リリースのアルバムのハイライトをハワイアンDJスタイルで紹介したスペシャルトラック(←これがほんとにハワイのFMの雰囲気を再現していて楽しめる。しかも、たっぷり16分もあります)。さて、この人の特長は、なんといっても声の持つ奥深い優しさだろうな。ありがちな言葉だけど、実に癒されます。音楽的な面での“ハワイ色”というのはやや薄れている。でも全体に流れる時間はゆったりしたアイランドそのもの。英語詞でのミディアム「WHEN YOU SMILE」、日本語詞の軽快な「SURFRIDER'S BEACH PARTY」と2つのテイストが味わえる構成もいいしね。アルバムが楽しみ。 ★★☆(02/07/21)

「はがねマシーン」 イズミカワ ソラ

イズミカワソラ名義では2枚目のミニアルバムということになるのかな? あいかわらず音楽的な才気全開な作品になってます(7曲収録)。ジャケットの感じは、たぶんタイトル曲の歌詞と(ちょっとだけ)連動してるみたいなのだけど、この多少ふざけた感じで敬遠してる人がいるとしたら、実にもったいない。一種の“照れ”なのかもしれないけどね〜。傾向としては、1stの延長線上にある作品。「メロディーのおいしさ」というポップスの基本+ジャズ、それも娯楽音楽としてのジャズのエッセンスをうまく融合させたサウンド。だから、決して難しくも高尚でもないけど、音楽的には非常に高いレベルにあるものだと思う。 ★★(02/07/20)

「Lazy」 上原あずみ

4thシングル。上原あずみのボーカルは、あいかわらずちょっと固い。今回のジャケ写もそうだけど、表情にもいまいちヤル気が見えないのが特徴といえる。ただ、過去3枚とは少しノリが変わったかなと思ったのは、バンドで演奏する風景を使ったプロモを見たせいかもしれない(「CDTV」のエンディングになってた)。雑誌などによると、全員彼女よりも若い女のコのメンバーを集めてバンド風にしたらしい。実際、このメンバーでライブをやったりするのかどうか知らないけど、なんかその雰囲気がスクールバンドみたいで良かったのだ。“やらされ感”が薄らいだ感じがするのだけど、どうなんでしょうか。 ★☆(02/07/20)