CD Review --027--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「夏色のキャンバス」 星村麻衣

この盤は「プレデビューシングル」という位置付けで、3曲入り限定発売。秋に正式デビュー予定。で、内容はというと、ピアノをフィーチュアしたロックンロール的な元気ソングという感じ。曲、歌唱とも「まあ普通」というレベルで、音は派手だけど本質的なキラメキ感は、あんまり感じられない。特に、ボーカル。まだまだ余裕がなさすぎて、聴いてる方が息苦しくなってくる。もう少し、力を抜いて軽くうたった方がいいんじゃないかな。「夏という季節の伸びやかさ」を表現したいのならね。アレンジもドカドカしすぎ。そんな3曲の中では、M3「US」のサビのメロはきれいでいい。 ★(02/07/28)

「CECILMANIA#203」 CECIL

プレステ2のソフト「roommania#203」とのコラボ企画だけど、切り離して聴いてもまったく問題なし。もはや完成の領域に到達か…と思わせられるセシルの新作です(ミニアルバム5曲収録)。
軽やかで、それでいて一抹の切なさを秘めた、洗練されたポップサウンド。そして、今回注目したいのは、ゆきちさんのボーカルの進化かな。これまでのシトラスみたいな甘いボーカルスタイルはそのままなのに、どこか力強さまでも感じさせるのです。眼差しのまっすぐな女の子のイメージ。憧れ度はますますアップだな!(^v^) 特殊ビニールジャケットもお洒落。…なんだけど、歌詞カードがないのはなぜ? ★★☆(02/07/28)

「雨上がり、空の色」 SUPER EGG MACHINE

2ndシングル。基本は前作の延長線上という感じ。スピード感のあるギターサウンドで奏でる美しいメロディー。そしてシャウト気味に歌っているのに、甘い華やかさを撒き散らすボーカル…というSEMらしさが聴きどころ。いい感じじゃないんですか〜。※こういう「part2」的な盤は、コメントしづらいね。(^v^)
★★(02/07/27)

「BEST GIRLFIEND」 beret

男女2人ユニットのインディーズレーベルに移籍しての1stミニアルバム(実質4曲+リミックス1曲)。分類上は、いわゆるラウンジ系(サウンドのベースになっているのがクラブジャズ的な音だからかな)となるのですが、まあ普通のガールズ系J-POPとして聴いても違和感はない。切れ味のいいサウンド、弾ける感じのリズムが特徴。かすかにハスキーな女性ボーカルは、なかなかパワーがあって、ハイペースの曲もそうでない曲も歌に余裕があるのが気持ちいい。曲もよく出来ている。クラブ系というと、サウンド優先というイメージだけど、メロディー的にもおいしい曲が並んでいます。 ★★(02/07/27)

※7/23 レコ発イベントが青山(fai aoyama)であったので覗いてみたんだけど、これが、22時OPENでDJタイムやゲストライブなどが豊富な本格オールナイトイベント。25時過ぎまで待ってみたのですが、結局、翌日仕事もあるしな〜ということで、途中リタイヤ。beretが演奏したのは、何時だったのでしょうか。ちなみに、日付が変わってもお客さんは増える一方。おそるべしクラブイベント。(^v^;;

「I love you, I love you not」 APILA

店頭試聴でいい感じだったので、とりあえず買ってみたのですが、これってソロなんでしょうか。それともユニット? 詳しいことは不明ながら、bice のライブなんかに一緒に出演したりしてることからも分かるように、傾向としてはキュート系女性ボーカルをフィーチュアしたギターポップです。歌っているのは、ハニースクールメイツのYUKOさんだと思う。日本語詞+甘いメロディー。ある意味で、絵に描いたようなガールズ系インディーポップな感じが、逆にちょいと物足りなくはあるけど、でも非常に計算されてきちっと作られた作品という気がする。なかなか良いですよ。 ★★(02/07/28)