CD Review --028--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「my duty」 竹仲絵里

デビューシングル。…なんだけど、もう元「mawari」さん だということは公然の事実なので、書いてしまっても問題ないでしょうね。しかし、改名して再出発(しかも、メジャーからインディーへ移籍して)にいたる彼女の内面での思いには様々なものがあったことだろう。この盤は、実はそういった予備知識を得る前に、店頭で試聴して良かったので購入したもの。胸のうちの思いをさらけだすような歌詞と曲、聴く者に共感を与えずにおかない歌唱…。飾らないアーチスト自身の感情が感じられるもので、一発で気に入ってしまった。C/W曲は、カーペンターズのカバー(「I need to be in love」)。これは、彼女が音楽に親しむようになったきっかけ(プロフィールには「父親が聴く“Carpenters”などを自然に口ずさようになる」…とある)を再確認したものだろう。再出発にあたって、自分の音楽の「原点」を見つめなおしたものといえる。きれいな、何のギミックもない素直な発音で歌われるこの曲からは、またタイトル曲とは違う側面から、彼女の音楽への思いを聞き取ることが出来る。 ★★☆(02/08/04)

「約束しよう」 空気公団

アコースティック系ガールズJ-POPでは、すでに定評ある女性2+男性1のトリオユニットの5曲入りミニアルバム。サウンド、歌詞ともよく練られていて、無駄な要素がほとんど使われてない。これは、けっこう私好みのパターン。ただ、一方であまりにも綺麗にまとまっていて、ひっかかりがなく流れてしまうような気もする。個人的には、やはり音楽には、もう少しだけエモーショナルなものを求めているのだろう。完成度は高いのですが。 ★☆(02/08/03)

「Hope is here」 michelle

ソロシンガーのデビューシングル。一聴すると、ウェストコースト系のアメリカンポップ/ロックという感じで、わりとありがちではある。しかし、ついつい聴き入ってしまうのは、やはりボーカルのせいだろう。「気」が感じられるとでもいうのだろうか。雑誌などを見ると、彼女は身長が143センチとかなり小柄。最近は開き直って、それをウリにしてるそうだけど、その全身を使ってソウルを叩きつけるような歌唱だ。ライブでもこの程度に歌えるのだとしたら、これはすごいことになるのではないか。C/W曲は、一転してデヴィッド・ボウイのカバーでロマンティックなミディアムナンバー。こちらの解釈もGood。声質も良い。楽しみなシンガー。 ★★(02/08/04)

「太陽」 SMALL CIRCLE OF FRIENDS

男女2人ユニットによるフルアルバム(10曲収録)。女性の方がボーカル、男性は主にラップを担当。手法的にはいわゆる“クラブ系”に分類されるアーチストだと思うのだけど、意外にもアウトドアな雰囲気、リゾート感満載の作品だったりする。リズムには、ラテン的な要素(パーカッションなど)やジャズが取り込まれているし、生楽器も各所で効果的に使われている。また、印象的なオープニングの処理などにみられるように、映画音楽の影響など幅広い音楽的知識が生んだ作品といえそうだ。ゆったりBGM的に聴くことも可能。ラップのライムにちらばめられたイメージの断片は、「太陽」に象徴される南国、楽園の映像を次々と聴く者の脳裏に明滅させる仕組みになっている。なかなか良いですよ。 ★★☆(02/08/04)

「HOTROD BEACH PARTY」 GIZA Studio MAI-K&FRIENDS

倉木麻衣、愛内里菜をはじめとする「GIZA」の女性アーチストが、ビーチボーイズなど60年代のサーフィン〜ホットロッドナンバーをカバーするという企画盤。実はちょうど10年前の92年にも、同じビーイング系の「Mi-Ke」(宇徳敬子など女性3人組)で、ほぼ同企画の盤が出ていたりする。これは、意外に名盤でして、サーフィンサウンドのノーテンキさと「Mi-Ke」のスタンスがうまくマッチして、非常に楽しい作品になっていた。そんなわけで、曲目もほぼかぶるし、ちょっと楽しみにして聴いたわけですが…。ある意味で豪華な顔ぶれなのに、いまいちワクワク感が伝わってこない感じ。サウンドも悪くないのにね。ポイントは、英詞のままで歌ったことかな。いずれもまだ若いシンガーたちで、英語に対応するので精一杯といった雰囲気。「Mi-Ke」の時は、日本語詞で歌っていたんだよね。なぜ英語にこだわったのか。理由は不明だけど、この際、アイドル・オールスター的な楽しさを追究してもよかったのでは…という気がしてしまった。
せっかくなので、個別アーチストについて書くと、やはり倉木麻衣にずば抜けて安定感があり、安心して聴ける。愛内里菜には華があり、新人ながら滴草由実は、歌唱力が冴えている。中村由利バージョンのダンスサウンド処理は、それはそれで楽しいけど、ちょっと浮いてないか? 上原あずみが意外にカワイイ感じで歌っている。 ★☆(02/07/31)