CD Review --031--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「イケナイコトカイ」 meg

メジャーからの2ndシングルは、再度岡村靖幸作品だが、今回はカバー。このミディアムナンバーは、ボーカリストとしての彼女の魅力を伝えるのに最適の曲だろう。ダルさの中に秘められた蠱惑的な官能。しかし、さらによく聴けば、その奥には澄み切った透明な孤独さがあるような気がしてくる。あるいは、若さのみが持つ清冽さとでも言おうか。そういう意味では、今回のジャケットの写真もまた、挑発的である。一見すれば、「SEXY」ということになるだろう。しかし、そこに映っている彼女の眼差しは「この写真の向こうに見えるもの」を問いかけているようだ。聴く者、見る者を試しているという意味で「挑発的」なのだ。…とまあ、深読みしたくなるもの、させてしまうものが、彼女にはたしかにある。
※C/W曲は、インディーズでのデビュー曲「傘としずく」を新バージョンで収録。 ★★★(02/09/16)

「COMPUTER HOUSE OF MODE」 SPANK HAPPY

NEW スパンクスの1stフルアルバム(10曲収録)。基本的には、デジタルサウンドのバックトラック+ウィスパー系男女ボーカルによるデュエットナンバー。デジタルといっても、クラブとかでかけてガンガン踊れるようなものではなく、ヨーロッパテイストの美しいメロディーをコンピュータで再現したという雰囲気。ピチカート・ファイブ初期の傑作「カップルズ」へのオマージュを、2002年風に料理した作品という印象は決して間違ってはいないでしょう。聴くほどに味わいを増すメロディー、日本語の言葉が持つイメージ喚起力を最大限に生かした歌詞の魅力が、思わずリピートボタンを押させてしまう傑作。
また、それぞれの曲解説は、作者の菊地成孔氏がパンフレット1冊にぎっしりの文章を書き下ろしていて、大変おもしろいものです(店頭でゲットするか、ネット上でも読めます)。 ★★★(02/09/16)

「Lesson1」 noodles

ヌードルス作品としては、いわば水準的な作品なんじゃないでしょうか。ホームラン狙いではなく、きっちりセンター前に弾き返したヒット…という感じ。YOKOさんの作る曲は、いわゆるガールズバンド的な“女の子っぽさ”を排除したところに個性があるので、たしかにメロディーはいいんだけど、必要以上の華やかさはなく、ゆったりとした骨太サウンドになっている。それにしても、ここまで普通の音でありながら、バンドの個性をきっちり確立しているというのは、すごいことでしょう。シングル2曲収録。初回盤には、なぜかヌードルスお気に入りの「ベアブリック」がおまけで付いてました。 ★★(02/09/14)

「折々」 長谷川都

2ndフルアルバム(10曲入り)。ジャケットにはモノクロ写真が使われているのだけど、内容も、どことなくモノクロームを思わせるシンプルなサウンドの曲が多い(決して弾き語りばかりとか、そういうことではないのですが)。タイトル「折々」、そして1曲目が「はなうた」…というように、ふと日常の中で口ずさんでしまうような歌を書こうとして出来たアルバムなんじゃないでしょうか。一曲ごとに聴いていくと、なかなか良い曲が続いているのだけど、アルバム全体の印象…というと、ちょっと薄い感じがしてしまった。10曲のメリハリ、アルバム全体の流れ(ストーリー)というところで、好みとしてもっと強いものを求めてしまっているのかもしれないですが。 ★☆(02/09/14)

「Daydreamer」 Youjeen

これが 5thシングルとなる韓国出身のソロシンガー。シャウト気味に歌うハードロックナンバーだけど、メロディーは非常にポップなアメリカンテイストのもの。特にサビの部分なんて、CMのタイアップとかでもいけそうな感じでさえある。歌詞は日本語です。C/W曲も、多少スピードを落としてはいるものの、同テイストの曲。パワフルなボーカル、でもジャケ写真で見ると繊細そうな美人だし、このあたりのギャップも魅力かもしれない。けっこうリリース実績はあるみたいですが、日本でのライブとかも、たまにはやってるのかな?(←調べてない) ちょっと見てみたいアーチストです。 ★★(02/09/14)