CD Review --033--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Viridian」 mount sugar

実質的な 2ndミニアルバム(5曲収録)。極限まで音数を削ったようなバックトラックの、音と音のすきまから生み出される深い奥行き。加工されていない、「生(なま)の声」という感じがぴったりくる山里亜理紗のみずみずしいボーカル。…基本的な「マウントシュガーらしさ」は前作のまま、さらに洗練されたサウンド。特に1曲目「ホタル」が素晴らしい。3曲目はインスト。そして、最終曲は松任谷由実の「Hello, My Friend」をさりげなくカバー。似たようなテンポの曲が続くのに、最後までテンションを維持して、まったく飽きさせない。素晴らしいオリジナリティーだ。※大音量で聴くことをオススメします。
ただ、今回のジャケットのデザインは、ちょっと淡白すぎない? 音数は少ないけど、ものすごく濃密なこのユニットの音楽の世界が、うまく伝わってない。 ★★☆(02/10/15)

「はじまり」 Daisy

新生デイジーは、松田マヨさんのソロプロジェクト。これまでのデイジーや個人名義での曲の感じとか全然知らないで聴いたのですが、これはイイヨ! タワーレコード(渋谷)のPOPを見てたら「レトロな感じがなんとも良い…」なんて書いてあって、そーか、私の好みはレトロだったのか、と再認識したのだけど、とにかく超ポップ&超スイート(そして超キュートでもある)。基本的にはポップ曲なのだけど、ストリングスの処理がなんともいえず、胸をぎゅっと鷲づかみ。C/W曲も、まあ同傾向の曲なんだけど、メロディーの華やかさでタイトル曲に分がある程度で、出来ばえの水準はほぼ同じでしょう。非常に密度の濃い一枚。ヘビーローテーション中。(^v^) ★★★(02/10/19)

「gotta」 Lina

店頭では「カフェミュージック」に分類されていたりするけど、ワールドミュージックのエッセンスをとり入れたポップ曲を歌うソロシンガーの 1stアルバム。8曲収録で、うち日本語詞の曲は2曲。1曲目がハワイアンなので、そういうゆったりした癒し系の曲を集めているのかと思うとそうでもなく、途中でジャズとかラテンとか、いろいろ入ってきて、結果的にはちょっと散漫な印象になってしまったかも。似たような南洋的な曲で押してしまってもよかったのでは? M1のハワイアンや、男声とのデュエットになるM7のブラジル曲(作曲ジャヴァン)、M8のちょっと懐かしい感じなどはわるくない。 ★☆(02/10/10)

「コイバナ」 THE☆SCANTY

前作がアルバムからのリカットだったので、お久しぶりの新曲シングル。このバンドらしい勢いはあるけど、今回は残念ながら個人的に曲がイマイチ。私の好みじゃないのよね〜(ゴメン)。たしかにロック的というか、ライブ映えしそうな曲であるけど、メロディーのおいしさに乏しいような気がしてしまうのです。C/W曲も含めて、YOPPYのボーカルの表情がやや平板な感じに仕上がっているのも、そういった印象の一因になっているかもしれない。ジャケットの派手なイメージとか、けっこう好きなんだけどね。うーむ。
★(02/10/19)

「Flow」 深田恭子

フカキョンの代表的ナンバーをリミックスバージョンに仕立てなおしたスペシャル盤。7曲収録(39分)。バックトラックはけっこういじっているみたいだけど、ボーカルは意外と元のままという雰囲気なので、わりと普通に聴ける感じ。というか、これくらいでちょうどいいという感覚だ。ボーカルの甘さを適当に中和しているというか。まあ、最後の曲とかは思いきり遊んでますが。
ところで、深田恭子といえば、CDはわりとコンスタントにリリースしていて、クオリティも決して悪くないと思うわりに、ほとんど評価されてないのは、ちょっと不思議。アイドル、または女優イメージが強すぎるのか、それともまとまったライブ活動をしてないせいなのか。 ★★(02/10/19)