CD Review --036--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「人形」 天野月子

懐かしさと神秘性を感じさせるオルゴールのメロディーで始まる。今回のシングルのテーマは「人形」。人形というのは不思議なもので、それだけで“人形論”なんて論文が書けてしまうくらい深いものなので、ここではあまり突っ込まないことにする。でも、そういうテーマをあえて選びとるあたりが天野月子らしいし、その魅力でもある。サウンド的にはエンターテインメント路線ばりばりなのに、どこかに文芸的な味わいを感じさせる。タイトル曲は、やはりオルゴールの音色でその円環を閉じる。物語作家としては当然か。今回は、CDジャケットに絵本まで付属してるし。C/Wの恒例似たものタイトル曲は「人魚」。深海のごとき頽廃的都市の夜を遊泳する感覚が、実にブレードランナー。創作のエネルギーがあふれる2曲といえるだろう。 ★★☆(02/12/07)

「さよなら色はブルー」 矢野真紀

な、なんなんだぁ…これは! と言いながら思わず笑いが浮かんでくるじゃないですか。(^v^) やられたね。これって、まさに歌謡曲。前作「魔法」でも、比較的歌謡曲的なアプローチで新たな魅力を感じさせてくれた矢野真紀さんだけど、今回の作曲&プロデュース・寺岡呼人氏は、さらにそれを徹底的に追究してしまった。おそらく、彼女の歌の力、じわじわと溢れ出すような情念を感じさせる声の魔力をもっとも解放できる手法は歌謡曲だ…と判断したのだろう。実際、いい味が出まくっている本作。クールで超がつくくらいカッコいい。歌い手としての矢野真紀の深さには、驚くしかない。 ★★★(02/12/07)

「Part of me」 Sowelu

2ndシングル。FIFAワールドカップが終わると同時に、なんとなく情報が少なくなった Soweluさんですが、前作がわりと良かったので、この盤も買ってみました。R&B的なカラーはほとんどない、素直なミディアム系のAORナンバーという雰囲気だろうか。歌声は美しく、奥行きを感じさせる。が、あまり印象に残らないのは曲のせい? 普通シングルのタイトルナンバーにする曲じゃないだろう、と思ってしまう。どうにも地味だ。C/W曲も、多少テンポアップはしているものの似たようなテイストの曲で、両A面ならぬ“両B面”という感じ。惜しいね。 ★(02/12/07)

「ansa-」 Local Bus

男女2人ユニットのメジャーでの1stシングル。全体のサウンドはアコースティック系で、優しく繊細な女性ボーカルが、どこかほっとさせてくれる感じ。歌詞の世界は違うけど、サウンド的には「みなを」などに近いイメージかな。C/W曲のM3「とかげ5」なんて、ファルセットで歌っているせいもあって、ブラインドでテストされたら間違えてしまいそうだ。そういえば両ユニットとも福岡出身なのだった。 曲は、歌詞&作曲ともボーカルの野見山睦未さんが担当。派手さはないけど、懐かしいようなキレイなメロディーが特色。ただ、どこかにもう一押し欲しい気もしてしまう。 ★☆(02/12/07)

「Kizuna」 川口奈美子

ソロシンガーソングライターのデビュー盤。しかし、タイトル曲は自作ではなく、「バリアフリー自立生活支援共済会イメージソング」ということで 、本来の彼女の作風とはまったく違う曲になっている。したがって、ここではC/W曲の「あなたでよかった」について書きます。イメージは、ストリングスとピアノをフィーチュアしたミディアムテンポのラブチューン。歌っている川口さん自身の雰囲気にも共通するものがあるのだけどキュート&エレガント、清楚な感じの曲だ。ちょっと悲しい結末もたまらない。一方、ボーカリストとして聴いた場合には、パワー不足はいなめない。声などはいいのですがね。この曲は、もっと上手いシンガーにカバーされたら、けっこういける気がするのですが。どうでしょう。 ★☆(02/12/07)