CD Review --037--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「両手に星を」 柳田久美子

3rdシングル。岩手在住で本業は学生のため、なかなか生で見る機会はないのですが、ある意味で今いちばんライブで聴いてみたいシンガーかもしれない。彼女のCDは一貫して「肉声」っぽい感覚を保って録音されている。息づかいまで聞き取れるような歌を聴きながら、そのステージを想像してみる。きっと、かなり良いのではないだろうか。さて、本作はアレンジもカラフルさを増し、歌詞のきらめくような星降る世界とメロディーの切なさをいっそう輝かせている。盛岡の夜空はきっと美しいのだろうな。ネオンばかりの東京では、もはやあまり出来ない歌かもしれない。ジャケットもいい。C/W曲は、一転してじっくり聴かせるタイプで、このバランスもGood。 ★★☆(02/12/08)

「sleeping shelley said」 iori

メジャーからの再デビューシングルとなります。新しいバンド「winnie」でのステージなども見て、もうソロはやらないのだろうか…と気になっていただけに、ファンにとってはうれしいリリースといえるだろう。サウンド的には、ロングセラーを続けるインディーズ盤「summer morning rain」を継承したもので、全曲英語詞。ギターの響きとボーカルの癒し系具合がなんとも気持ちいいのが彼女のサウンドの特長なのだけど、まあポップ的に派手な音というわけではない。曇りの日曜日などに流しっぱなしにしておきたいサウンドだ。それにしても、せっかくのメジャー盤なのに、メディアでのとりあげられ方が少なすぎはしませんか。 ★★(02/12/08)

「19年目の朝」 岡北有由

4曲収録のマキシ+タイトル曲のプロモをCD-EXTRAで見ることが出来る。かなりお買い得の一枚。…なんだけど、個人的にはいまいちツボにハマらなかった。好みの違いなのだろうか。4曲それぞれタイプの異なる曲でバラエティ感もあるし、後半2曲のようなわりと迫ってくるタイプの曲は、そういうの自体好きだったりするのですが(M4「プロミス」とかいい感じですよ)。うーん、自分でもよくわからないのですが、「わるくない」という印象しかなかったのでした。 ★☆(02/12/08)

「初耳」 ソラミミ

女性ボーカルを含む4人組バンドの1stミニアルバム(7トラック、実質6曲収録)。デビューの300円シングルに引き続き、擬人化した鹿のイラストが目印です。大学の仲間が集まって始めたバンド…というテイストを強く残していて、曲の題材も中央線沿線に住む学生の日常的な感覚を描いたものが中心。サウンド的にはギターポップ的アプローチなのだけど、「ポップ」というよりも「しみじみ」聴けるタイプか。ボーカルも含めて全体に青さがあり、プロっぽさはあまり感じないかわりに、インディーズバンドのひたむきさが伝わってくる。それはそれでわるくない。押しつけがましくないのが個性だと思うのだけど、ただ逆にもうちょっとぐっと心をつかむ要素も欲しい気はしてしまう。 ★☆(02/12/08)

「弾丸と花」 守屋里衣奈

ソロシンガーの6曲入りミニアルバム。これまであまり機会がなく聴いてませんでしたが、これはかなり良いのではないでしょうか。ジャケットでは、なにか茶畑みたいなところにウェスタン風の帽子と一緒に写っているけど、予算があればアメリカのアリゾナとかニューメキシコの砂漠で撮影したかったのでは…と思ってしまう、そんな乾いた風味のサウンドがいい。ボーカルはハイトーンでパワーを感じさせるが、歌い方は丁寧。メロディーも3人の作曲&プロデューサーを起用しているのだけど、洋楽に振れすぎず、ちゃんとJ-POPの枠内におさまっている。全体通しての統一感もあるし、皆さんきっちりしたいい仕事をしていると思いますよ(ベテランぞろいだからね、当然かも)。「弾丸と花」というタイトルもいいね。カッコいい女性…というイメージにぴったりだ。 ★★☆(02/12/08)