CD Review --038--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Four-leaf Clover」 竹仲絵里

竹仲絵里名義での1stミニアルバム(7曲入り)。シングル「my duty」で聴かせたような切実感たっぷりの曲で勝負かと思ったら、意外とそこのところは突き抜けてる曲が多いのだった。悩んだってしかたない、自分は自分のスタイルで生きるしかない、すぐそばにだって幸せはあるよ…。まあ、そんな雰囲気でしょうか。しかし、個人的にはその境地にたどりつく前の、悩みで煮詰まっちゃってる竹仲絵里が聴きたかった気がする。よくもわるくも育ちの良さが歌ににじみ出てしまう彼女だからこそ、「まじめな子ならではの生きにくさ」みたいなテーマを歌ってほしかったのだ。不良の生きにくさを歌ったロックはいっぱいある。でも、今の時代、ごく普通のまじめな子の生きにくさの方がテーマとしては重要ではないのか。サウンドはこれでいいと思うから、あとは内容ですね。※児童虐待(アダルトチルドレン?)を歌ったと思われる「小さな答」は新たな可能性を感じさせた。 ★★(02/12/08)

「RESET」 SINBA

ソロシンガーのデビューシングル。ミドルティーンということだけど、先入観なしに曲だけ聴いたら、20代後半といっても信じてしまうだろう。声質はややハスキーな感じで、それだけでも大人っぽいのに、歌いまわしがもう成熟しきった印象を与える。ジャケットの写真とは、まるで別人が歌っているような気がしてくる。一説には日本人ではないのでは…?という話もあるけど、それは大いに考えられるね。日本語ネイティブならこうは歌わないだろう、という部分が何カ所かあるからだ。曲は、いわゆるR&B系だけど、ありがちなものではなく、けっこう特徴があって良い。いや、特色があると感じさせるのは、SINBAの歌のせいだろうか。そうかもしれない。C/W曲のノリの良さも気持ちいい。 ★★(02/12/08)

「うたかた」 Ann

男女2人ユニットの1stフルアルバム(11曲収録)。しかし、この作品を完成させた直後、メンバーの一人、サウンドメーカーだった三木拓次氏が急逝。そこに突っ込むと、いろいろな意味を持ってくる盤なのだけど、ここでは音楽面についてだけ書きます。まず、サウンドは完璧。冒頭から展開されるアコースティックギターをメインにしたリズムの繊細さ、クールな中に密やかな熱さを内包するグルーヴ感に一気にノックアウトされる。曲の水準も高く、派手さはないが印象的なメロディーを持つナンバーが続く。あとは、ボーカルの好みだろう(本来なら三ツ星かな、ゴメンナサイ…)。ついでに、このアルバムのジャケット及び歌詞カードのアートディレクターは、非常にいい仕事してます。素晴らしいです。 ★★☆(02/12/08)

「Shake It!」 FUDGE

2ndシングル。前作が5曲入りでミニアルバム級のマキシだっただけに、なんとなくシングルとしては1弾目という気がしてしまうのだけど。今回はタイトルナンバー+そのリミックスの2トラックだけというシンプルな盤になっています。その曲は、軽快で華やかなフロア対応ドライブチューンという感じ。重低音がずっしり…というのではなく、ホーンズやピアノの生音っぽい響きをいかした爽快感のあるサウンドが特色。…なおかつ、前作よりもラウンジっぽさを増した印象だろうか。そして、もうひとつの個性である男女ツインボーカルの絡み具合もいい感じ。オリジナルが約6分、リミックスは7分以上とたっぷり楽しめるのもうれしい。 ★★☆(02/12/09)

「うちにかえろう 〜Free Flowers〜」 川上三枝子

ソロシンガーのデビューミニアルバム(5曲収録)。ハスキーボイス、熱唱型、曲はちょっとブルーステイストの入ったロック…ということで、お酒なんか飲みながら聴きたいような雰囲気。音はかなりカッコいいですよ。SHUUBIとか好きな人はハマること間違いなし(M2「39°」とかね)。そして、ボーカルも負けてない。こちらは、かなり個性的。ハードな曲ではうなるように、叫ぶように感情を爆発させるが、バラード的な部分ではさらっと優しく歌ってみせたりして、かなりワザありです。笠置シヅ子の「ジャングル・ブギー」のカバーもいかしてる。いいですよ、これは。※ジャケット中の写真が、かなりかわいく撮れてます。(^v^) ★★☆(02/12/09)