CD Review --039--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「MEG LION」 天野月子

2ndフルアルバム(10曲収録)。前作「シャロン・ストーンズ」が、これまでのシングル集+αという構成だったから、今回は初の“オリジナルアルバム”といってもいいだろう。どれでもシングルカットできそうなクオリティーの曲が並んでいて、それぞれが独立した物語の世界を内包している。けれど、サウンドはトータルにコーディネートされたもので、けっして全体の色合いがバラバラになることはない。覚えやすいメロディーと、今回多用されているのは、ストリングス系のサウンドだろう。ストリングスの使用は、より曲の物語性を強調する。自分の感情をダイレクトに歌詞にするのではなく、それをどこか寓話めいたストーリーに託して表現する彼女ならではのスタイルが確立されている。しかも、密度は非常に高いのに、聴くのに気合いが必要なほどのテンションの高さは巧妙に回避されている。ボーカリストとしては、まだ圧倒的とはいえないけど、メロディーメーカー、サウンドメーカーとしての実力を認めさせられる作品であることは間違いない。 ★★★(02/12/28)

「愛のナースカーニバル」 Bon-Bon Blanco

3rdシングル。今回は、ポップ+ロック+ラテンの絶妙なミクスチャーサウンド。佳曲だった前作の壁を軽々と乗り越えている。個人的には、あまり聴くチャンスはないのだけど、フロリダあたりで量産されてるようなコンテンポラリーラテンポップ(←こんな言葉あるのか?)が元ネタなんだろうか。いずれにしても、これはかなりカッコいい音だな〜。息苦しいほどの圧力をかける前半の流れから、サビで転調してユーロポップ的な伸びやかなメロディーに展開するあたりのワザも素晴らしいし、意味深な歌詞のハチャメチャぶりと、アンナのストレートでパンチの効いたボーカルのコントラストも最高だ! ※それに対してC/W曲は…アイドルだから仕方ないかな。(^v^;; ★★☆(02/12/28)

「Livre」 norinha

アーチスト名は「ノリーニャ」と発音。1978年生まれのソロシンガーのデビューミニアルバム(6曲・7トラック収録)。オープニングは、ジェットエンジンの音に、空港の雑踏のSEがかぶさる。リゾートへの旅に出発…という演出かな。続く音楽も、軽快なボサノバやラテン系ジャズといった音で、いわゆる“お洒落系”(カフェミュージック?)という感じだけど、嫌味がなく素直に聴けて心地よい。メロディーがいいし、ボーカルもリラックスしつつも適度な湿り気があり好印象だ。歌詞は、日本語と外国語が半々といったところ。すべての曲のアレンジ&キーボードに、CECILの佐藤五魚氏が参加しているけど、もちろんセシルサウンドとは一線を画している(まあ当然か)。ジャケットの雰囲気も好きです。 ★★☆(02/12/28)

「祈り」 berry

3曲入りマキシ。やっぱりシングルは、こういうある程度勢いのある曲の方が好き。願わくば、タイトル曲系のナンバーで押してほし〜!(←個人的好み) C/Wの「パイロットフィッシュ」なども、美しいメロディーのミディアム曲で、ライブなどで聴くとハマってしまったりするのだろうけど…。とはいえ、この曲もエレクトリックなバンドサウンドになっていて、おそらく最近の彼女のライブでの音に近いと思う。またライブが見たい…! ボーカルもいい感じです。※3曲目「How can I save your love?」は、アコースティックピアノのみのバージョン。 ★★(02/12/29)

「FUNKY FLUSHIN'」 中澤真由

4thシングル。これまで、C/W曲などで様々なカバー曲をとりあげてきた彼女ですが、今回はタイトルナンバー。しかも山下達郎の名曲だ。素直に聴くと…全体にオケはクール感を強調、ボーカルはダルな表情で、オリジナルとはかなり違うイメージなのだけど、それでもトータルとしては、山下達郎のバージョンとはまったく別物を創り出した…という感じはしない。多少イジっても雰囲気が変わらないというのは、やっぱオリジナルの持つ世界というか磁場がものすごく強烈だからだろうか。まあ、この中澤真由バージョンもそれなりに悪くはないけど、C/Wの彼女自身のオリジナル曲の方が全然魅力的(こっちの曲に限れば星2つでもいいかな)。 ★☆(02/12/29)