CD Review --040--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「ONE」 waffles

いい作品というのは、だいたい最初の曲をちょっと(場合によってはイントロだけでも)聴いたくらいで何となく分かるものだけど、この盤も試聴してすぐに、「こりゃ買いだな」と確信。後続の曲も、その期待を裏切らないとても良い出来でした。男女4人グループの1stアルバム(8曲収録)。ボーカル(キーボード+大部分の楽曲の作詞・作曲)とギターの2人が女性です。基本的には、アコースティック感のあるギターポップなのだけど、学生バンドっぽい青い感じと、すっと力が抜けているいい意味でのプロっぽさが同居。いちばんの魅力はメロディーのよさでしょうね。全体にゆったり&切なさ…という雰囲気で、さらにボーカルのソフトな味わいがそれを引き立てている。個人的には、M4「リズム」が好き。M6「木の葉」みたいなしみじみソングも素晴らしいしね。 ★★☆(03/01/11)

「Fish」 椛田早紀

CLOVERでの「あたりまえのこと」に続くシングルだけど、今回は「椛田早紀」名義でのリリース(3曲収録)。もともと、ASAYANの“モーニング娘。追加メンバーオーディション”で出てきた人なだけに、ボーカルのテイストはかなりアイドル系。ただ、この作品のいいところは、プロデュースの伊勢正三氏(楽曲も担当)が、あたかも彼女を女優のように扱った曲を書いていることだろう。それによって、アイドルというよりも、若い女性としてのキュートな魅力をうまく引き出している。タイトルナンバーは、ちょっとAOR風なアレンジと甘い声質のバランスがいいし、C/W曲もそれぞれ違う味わいがある。 ★★(03/01/11)

「プラスチックガール」 capsule

これはメッチャ楽しいじゃないですか〜!(^v^) 男女2人ユニットに、今回はゲストボーカリストとして「Eel」さんを迎えた5thシングル。サウンド的には、まさに小西康陽's チルドレン。カラフルでバブルバムでスイートでペラペラなんだけど、気分は超豪華。C/W「おやすみ」も、ドリーミーなポップサウンドで、もういつまでも聴いてたくなります。大のオトナが、こういうサウンドが好きっていうのは、なんだかケーキ好きを告白するみたいで、ちょっと恥ずかしいのだけど、もう好きなものは好きなんです!…という感じ。歌詞も超人工的でヨイ。 ★★☆(03/01/11)

「Happy New Year」 朝日美穂

クリスマスソングっていうのは、けっこうあるけど、年末年始ソングは珍しい。歌う時期も限られてしまうしね。これは3曲入りシングル。うち、タイトル曲を含む2曲は、他の人の曲に美穂さんが詞をつけたもの。ブラスっぽい音なども盛り込んでいるし、年越しらしい派手目な曲になっているかと思いきや、意外とおとなしい感じ。欧米ではクリスマスより年越しの方が派手なので、かなりゴージャス系のサウンドになっても違和感はないと思うんだけど。C/Wの「ディズニーランド・コンプレックス」なども、タイトルのわりに、冬の夜がしんしんと更けていくようなサウンドになっている。ちょい不思議です。 ★☆(03/01/11)

「歌姫ダブル・ディケイド」 中森明菜

2002年にデビュー20周年を迎えた中森明菜のセルフカバー集。冒頭のレコードの針音が混じるオーバーチュアから「TATOO」のイントロのビッグバンドによるジャングルサウンドが流れ出す瞬間。その目のくらむような豪華絢爛さは、まさに歌謡曲の醍醐味そのものだ。収録されている12曲とも、オリジナルアレンジではなく、大人っぽいカッコいい、あるいはシックな編曲でリメイクされているのもポイント。全曲ヒット曲(しかも中途半端なヒットではなく、いずれもメガヒットといえるものばかり)だから、そうそう、これこれ…などと思っているうちに、とにかくあっという間に聴き終わってしまう。中森明菜自身の歌には、かつての無人の野をゆくかのような勢いはもちろんない。しかし、それでも時折ギラリと光る鋭さをみせる。今はこれで十分だ。 ★★★(03/01/11)