CD Review --041--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「この世界に生きて」 矢野真紀

3rdフルアルバム(11曲収録)。ジャケット写真は、マイクの前に立つ矢野真紀をモノクロで写しただけのシンプルなもの。その黒と白の飾り気のなさは、まさに無添加の矢野真紀の「歌」を、そのままパッケージしたのがこのアルバムだということで示している。オープニング(タイトル曲)の静かにテンションをはらんではりつめた感じから、2曲目では一気に開放的で楽園的なサウンドにかわり、3曲目では「さよなら色はブルー」のゴージャスな世界へ…。どの曲も非常によく出来ている。しかし、やはりここで一番印象的なのは、矢野真紀の「歌」にほかならない。それぞれの曲の世界にぴったりフィットしながら、その独特のカラーに聴く者の心を染めていくボーカル。その充実ぶりは、最後の曲まで途切れることはない。現在のJ-POP周辺のフィールドで最もうまいシンガーといってもいいだろう。 ★★★(03/01/21)

「STAY HERE」 中尾友香

大阪・京橋での路上パフォーマンスで多数のファンを集めているというソロシンガーです。おそらくこれが1stシングル(2曲収録)。ネットで調べてみたところ、実は彼女は、あの中島美嘉がデビューしたCXドラマ「傷だらけのラブソング」のヒロイン候補として最後まで残っていた…という経歴もあるらしい。音楽的には、アイリッシュということで、マイナーコードのロック。歌詞は日本語。肝心のボーカルはどうかというと、伸びのある良い声質だと思うけど、反面まだパワー不足というか、ここぞというところでバーンとくる押しに欠ける印象。ライブではどうなのだろうか。 ★☆(03/01/21)

「花 〜大切な場所」 CHIHARU

沖縄在住のソロシンガーの2ndシングル(5曲収録)。このサイズだとミニアルバムといってもいいかもしれない。沖縄で「花」というと、喜納昌吉の名曲を連想してしまうわけだけど、これは同名異曲となっています。前作がどこかアニメソング的な無難な出来だったのに対して、この曲では多少個性といえるものが出てきた印象。ギターを抱えたジャケット写真も、やっと本人の“顔が見えた”という感じだ。C/W曲では、M4「sweet pain 〜sanshin.mix」がいい。これは、BEGINの島袋優氏がアレンジしたもので、三線をフィーチュアしたアコースティックバージョン。沖縄の人って、こういう必殺技が使えるからずるいよね。(^v^) ★★(03/01/21)

「幻の花 / 眠り」 成底ゆう子

石垣島出身のソロシンガーの自主制作盤(2曲収録)。ライブ会場のみでの手売り、当然CD-Rです。もともと、民謡(島唄)を習っていた人らしいけど、ここで聴く限りはいわゆるコブシを回したりしないストレートな歌唱。音大卒ということなので、声楽の勉強をしていたのかもしれない。しかし、クラシック畑の人がポップ曲を歌った時に感じる、ある種の「お勉強くささ」はまったく感じない。とてもきれいな発声だけど、ちゃんと肉声になっている印象。そして、自作の曲との相性もばっちり。特にタイトル曲は、どこかエキゾチックなメロディーが印象的で、日本の原旋律という感じ(二六抜きメロディーかな)。あまりないスタイルなので、ちょっと注目したい存在です。 ★★(03/01/21)

「trip trip」 KOKIA

ライブで見て印象的だったので、2002年1月リリースの盤ですが買ってみました。13曲収録のフルアルバム。一聴、まとまりがないイメージで、ボーカルのコブシをきかせた歌い方(中央アジア〜中近東風?)がまず記憶に残る。ただ、改めて1曲ごとに聴いていくと、それぞれ曲ごとに世界各地のいろいろな音楽のスタイルをとり入れたコンセプトアルバムになっていることに気づく。だから「trip trip」なのですね。音楽による世界旅行という趣向のようだ。そういう意味では、かなり多才な人なのだろう。M5「Princess EHIME」やM7「ぴんくの象」みたいな不思議な曲があるかと思えば、M2「次会う時は」やM3「Say Hi!!」…ほか美しいメロディーを持った曲も多数ある。全体で KOKIA の音楽ということなんだろうけど、美メロの曲ばかり集めて一枚の作品にしたら、かなりの名盤になったのではないか…と個人的には思ってしまった。 ★★(03/01/21)