CD Review --045--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「哀恋歌」 ぱぱぼっくす

誰にだって泣きたい夜くらいある。そんな時に、心の隙間にすっと入ってきて離れなくなるような音楽。それが「ぱぱぼっくす」だという気がする。関西をベースに活動する女性2人+男性1人のアコースティック・ユニット。これは2年ぶりのシングルだそうだ(3曲収録)。思わず、同時に再発されていた旧盤も一緒に買ってしまった。一言でいうと、フォークということになるのかもしれないけど、メロディーやサウンドはけっこう洗練されている。しかし、強力なのは何といっても、さわだともこさんのボーカル。かすかにビブラートするところなんかは、ちょっと中島みゆきなどを連想させるけど、とにかく人間の弱い心を解放させてしまうあたたかさ、優しさに満ちている。泣きたい時は泣けばいい。そう言ってもらってるようなカタルシス。たまらんね…。 ★★☆(03/03/30)

「タナトス」 speena

ガールズ3Pバンドの5thシングル。タイトルは「死」ということになる。けっこう大上段なテーマ。でも、ちょっと聴いたくらいでは、もうひとつその意図するところが伝わらなかったりする。これはなぜなのか。単に明るいだけの元気ロックとかいうのではなく、サウンドとかボーカルのスタイルとか、歌詞のテーマ性にしても、自分たちの表現をすごく考えて作ってきているのは分かるし、そういうところは好きなんだけど、一回りしてかえって分かりにくくなってしまった印象。うーむ。4曲収録で聴き応えはたっぷり。M3では「大迷惑」をカバー。単体で聴けば、この曲がいちばん吹っ切れてる感じだけど。 ★☆(03/03/30)

「火の鳥」 naja

「ネイジャ」と発音します。女性1人+男性2人の3Pユニットのデビューシングル。男性メンバーは、それぞれ有名バンド経験者ということで、サウンドはかなりこなれた仕上がり。生音中心のナチュラルなロックサウンドで、ディテールまできちんと神経の行き届いた、繊細で丁寧な音づくりになっている。音楽的なレベルはすごく高いと思う。一方、ボーカルのYURIさんは、多少粗削りなところはあるけど、雰囲気はわるくない。あとは感情移入させる何かがあれば…というところだろうか。ここから先はボーカリストの“個性”の勝負ということになってくる。 ★★(03/03/30)

「Cherish」 星村麻衣

プレデビューシングル(「夏色のキャンバス」)を聴いたことがあって、その時はもうひとつピンと来てなかった。でも、この2ndシングルでは、かなり良くなっていると思う。まず、曲そのもの、つまりメロディーと歌詞のハマり具合が格段に気持ちよくなっている。シャープなアレンジもメリハリが効いてて腰が座ってる感じだし、ブルーノートを使って小粋な大人っぽさも感じさせる。C/W曲(シンプルなミディアムナンバー)とのコントラストも鮮やか。ボーカルの雰囲気は、フレーズ終わりで声を伸ばしていくあたりが、同じピアノロックのフィールドで競合する junior size とも共通するイメージだろうか。この水準の曲がそろってきたら、かなり楽しみ。ライブも見てみたい。 ★★(03/04/02)

「platform」 metrobo

大阪を本拠地とする女性1人+男性2人の3Pバンドの1stアルバム(11曲収録)。これは好きだな〜。タイトなギターポップサウンドに、スペイシーなエレクトリック・エフェクツをちりばめた広大な空間を感じさせるナンバーの数々。ある時は儚くささやくように、そしてある時は駆け抜けるように歌いあげるチャーミングなボーカルも印象的。気分としては、子供の頃の夏休みに読んだジュヴナイルSF小説をサウンドにしたら、こんな感じなんじゃないか…というイメージだろうか。たっぷりの夢と冒険。ちょっぴりの恋と切なさ。憧れと畏れと懐かしさが入り混じった、ドキドキするような時間…。ひとつひとつのフレーズ、そして全体のメロディーの良さも忘れてはいけないポイントだ。 ★★★(03/04/02)