CD Review --046--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「CUTIE CINEMA REPLAY」 capsule

2ndアルバム(10トラック、実質8曲)。カプセル自体は、男女2人組ユニットだけど、ボーカルにはシングル「プラスチックガール」でも共演してたイールをはじめとして、Sonic Coaster Pop、dahlia、Sylvia55、copter4016882…など多彩なゲストを迎えて、カラフルなキューティー・ポップ・ワールドがサクレツ! とにかくカワイイ、ピコピコ好きにはこたえられない内容になってます。いずれもガールボーカルなので、女の子大好きという人にも超オススメ。こういう音楽聴いてると自然と顔がゆるんじゃいます。たまんないね。ハッピーが不足気味の時にはぜひ!…という感じ。(^v^) ★★★(03/05/10)

「コレクション」 フーバーオーバー

5曲収録の第3弾CD。扱いとしては「マキシシングル」なんだけど、もう「ミニアルバム」といっていい聴き応えでしょう。このバンドの特長は、他にない独特のリズム感とメロディー。その路線はこの作品でもきっちり継続してる。以前ライブで聴いて、いいなと思っていた曲、早口言葉みたいな歌詞が印象的なタイトルナンバーやドライブ感たっぷりの「三十七度二分」などが良い。また、フーバーオーバーならではのメロディーを聴くならM2「奥の部屋」だろう。正美チャンのすっとぼけボーカルも好調。バックをがっちり固める男性メンバー3人のタイトな演奏も聴き逃せない。 ★★(03/05/10)

「ハインリヒ」 WHiTE

女性のみ3ピースバンドの2ndシングル。前作のポップ感はなかなか気に入っていたので、続けて買ってみました。今回は、ミディアムテンポの味わい系の曲。いい曲だとは思うけど、華やかさという点で、どこかピンと来ない気がしてしまう。ハジけてない…というのだろうか。ミディアム〜スローの曲でも、いいバンドの音はやっぱハジけてますよ。ボーカルにも、いまいち元気さが感じられない。個性的な声で好きなタイプなんだけどね。C/W曲にも同じことがいえる。 ★(03/05/05)

「殺風景」 熊木杏里

待望の1stフルアルバム(13曲収録)。全曲自作で、アレンジはシングルでもタッグを組んでいた吉俣良氏が全面的にバックアップ。アコースティックな響きやストリングスを生かしたそのサウンドは、儚く繊細で、同時にどこかに甘美な陶酔をひそませた彼女の曲に、とてもよく似合っている。一曲々々が丁寧に作られている印象。まわりのスタッフの愛情を感じるな。また、全体を通して聴いて浮かびあがってくるのは、ボーカリスト・熊木杏里の存在感だろう。押しつけがましいところはまったくないのに、どこか耳について離れなくなる歌声。M5「ル・ラララ」は、軽く歌っている感じだけど全体の良いアクセントになっている。なかなか新鮮。ジャケットや歌詞カードのアートワークもGood。 ★★☆(03/05/05)

「手と手と温度」 柳田久美子

2ndアルバム(8曲収録)。こちらも全曲自作。温かく心にしみこむようなメロディー、シンプルながら素直な思いをストレートにぶつけてくる歌詞。決して派手でではないけど、野に咲くスミレやタンポポのごとき美しさを思い起こさせる曲がいっぱい。19歳の柳田さん、ソングライターとしての実力も、今ぐんぐん伸びている真っ最中、という感じでしょうか。また、アレンジ面でも色彩感が豊かにプラスされ、かなり聴きやすくなっている。同時に、音の手触りは、野外ステージでやってる音をそのままひろったようなライブ感あふれるもので、息遣いまで聞こえてくるようなボーカルの雰囲気とあっている。甘すぎない分、何度でも聴きたくなる盤という感じかもしれない。 ★★☆(03/05/05)