CD Review --047--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「360°」 一十三十一

1stフルアルバム。先行シングル3作が素晴らしかっただけに、まさに待望の作品。しかし、一聴して感じたのは、「ちょっと凝りすぎたかな…」という印象だった。たしかに、1曲ごとのクオリティは非常に高く、じっくり聴き込めるものだ。しかし、個人的には一枚のアルバムとしての流れが悪さの方が気になってしまった。この作品は18トラック、演奏時間は約70分である。最後のボーナストラック2曲を除いたとしても、ちょっと大作すぎないか。また、「裏口の空」という小品(インスト)を4パターン収録して、全体を組曲風な構成にしている。しかし、これもいまいち必要性が分からない。いい曲だけ10曲、厳選してごろっと並べておけばよかったのに…。うーむ。 ★☆(03/05/25)

「からだをぬいで」 きたはらいく

ソロシンガーのデビューシングル(3曲収録)。全曲ピアノだけの伴奏で、自由奔放なメロディーとハジけた感じのボーカルは、ちょっと矢野顕子を連想させる。このレベルの演奏(歌)をライブハウスでさらっと弾き語りされたら、かなり驚くだろうな。ピアノも、ジャズ的な響かせ方と歌うようなフレーズが印象的…と思ったら、これは本人による弾き語りではなく、別のピアニスト(大野大道氏)をフィーチュアしているのだった(3曲目のタイトルナンバーのみ弾き語りのようです)。ポップという感覚ではないけど、わるくない感じ。 ★★(03/05/25)

「reset」 ジュエミリア

同じ事務所(スターダスト)のモデル2人によるユニットのデビューシングル。個人的には、鈴木えみさんのファンということで買ってみました。(^v^) もう1人の沖樹莉亜さんもイベントでは見たことがある。2人とも声質は悪くないけど、歌唱力という点ではまだまだプロとはいえないレベル。ただ、一生懸命歌おうとしているところは好感が持てた…。で、この曲がそんな2人の持ち味を生かしているかというと、かなり疑問。テクノ風味のユーロポップという感じだけど、とにかくアレンジが凝りすぎ。洋楽的なカッコよさを狙って、感情移入できるような要素がまったくない曲になってしまった。これで上手く歌う(=聞き手に何かを届ける)のは相当難しいよ。 ☆(03/05/25)

「あたしがここにいる事」 Ayaka

Club Phase(高田馬場)のライブで見てよかったので、思わず物販で購入。広島在住の18歳(2003年春に高校卒業したばかり)のソロシンガー。サウンド、ボーカルとも矢井田瞳の影響大という感じだろうか。タイトルナンバーはギターをフィーチュアしたマイナー調の曲、ボーカルの思い切りが良く、聴いてて気持ちいい。C/W曲「日曜日」は、作詞のみで作曲はしてないけど、ミディアムテンポのラブチューンを伸び伸びと歌っていて、これまた好印象。まだこれからの素材だろうけど、声質がよく、もっと聴きたいという気にさせるものを持っていると思う。これは大事なことだ。いいですよ。 ★★☆(03/05/25)

「撫子の華」 諌山実生

ソロシンガーの1stフルアルバム(11曲収録)。蛭子能収氏の初監督作品「諌山節考」(←もちろん「楢山節考」のパロディー)が、彼女のプロモーションビデオだということで知られている(のか?)。でも、そういうちょっとキワ物っぽい周辺情報とは関係なく、サウンド的にはものすごく正統派のシンガーソングライターの作品という雰囲気に仕上がっている。その特長は、メロディーや歌詞にしっかり折り込まれた「和風」なイメージだろう。どこか懐かしいような、郷愁を誘うような世界。しかし、けっして癒し系サウンドにとどまることなく、しっかり作品としての自己主張があるから、BGM的に聞き流せるという感じではない。彼女の世界に向き合ったら、おそらく誰でも頭の中にオリジナルPVのごとき映像が流れ出すのを押さえることは出来ないだろう。そう、思わず映像化させてしまう力が彼女の歌にはあるのではないだろうか。蛭子氏が映画のようなPVを作り上げてしまったのは、おそらく偶然ではないだろう。 ★★☆(03/05/25)