CD Review --048--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「APRIL」 ROUND TABLE featuring Nino

しばらくお休みしていた男女2人ユニットが、キュートな女性ボーカリスト“Nino”を迎えて送り出した気分一新のフルアルバム(12曲収録)。もともと2人ともが作詞・作曲が可能なクリエイター同士のユニットだっただけに、今回は全曲 Nino がボーカル(主役)という体制をとって仕掛人に徹し、ソングライター(プロデューサー)チームとしての性能をあますところなく発揮している印象だ。サウンド的には渋谷系ポップのいちばん甘い部分を発展させたもので、細部まで緻密に作り込まれ、完成度は高い。スウィートなんだけどクール。最初から最後まで、まったく飽きさせない。好みもあるけどね。そして、ぱっと聴いた感じはちょっとロリ系な Nino のボーカル。でも意外と的確で華やかさもあり、聴いてるとハッピーになってくる感じ。3人の絶妙なバランスが作り上げた素晴らしい作品だ。 ★★★(03/06/12)

「Breath」 久里夢

北海道出身の17歳のソロシンガーのデビューシングル(3曲収録)。アーチスト名は「くりむ」と読みます。MISIAなどを手がける島野聡氏が全曲プロデュースしているけど、サウンドやメロディーは決してR&Bテイストのものではない。ポップ。と一言でいうとそうなるのだけど、歌謡曲的な切なさをはらんだメロディーに、思いきりスタイリッシュでカッコいいサウンドをまとわせた…という雰囲気。特にタイトルチューンはそんな感じだろう。C/W曲は、それぞれタイプの異なるミディアムナンバーだけど、より素直に久里夢の歌を聴かせるショウケースになっている。そのボーカルは、まだ粗削りで歌唱力で圧倒するほどではないけど、声質に華やかさがあり、伸びやかで、何度でも聴きたくなる魅力が確かにある。非常に期待したくなる新人だ。 ★★☆(03/06/12)

「トカイノトナカイ」 rural

お待たせ、ルラルの2ndアルバム(12曲収録)。ついに出ちゃったのね〜。約2年ぶり、その間にはメインボーカルの脱退(産休)という大事件なんかもあり。ちょっと感動。いったいどう変わったのか? …というわけで、第一印象はというと、やはりけっこう大人の音になった感じ。ドリーミーなバブルガムサウンドで押しまくった前作の勢いはない。でも、今回も大部分の曲をギターのリカさんが書いているせいか、一曲ずつとりだして聴いていくと、たしかにルラルの世界。一方で、クールでオシャレなサウンドにのせて交通情報や詩を読み上げるような曲もあったりして、おもしろくないわけじゃないんだけど、もっとストレートでも良かったのでは…とか思ってしまったりする。「クラクション」「I wanna be your girl」、バラードの「わたげ」など、良い曲がけっこうあるだけにね。
※「クラクション」は、ぜひシングル切って欲しいね。名曲だと思いますよ、これ。 ★★(03/06/12)

「ブーゲンビリア」 中尾友香

大阪をベースに活動するソロシンガーの2ndシングル(3曲収録)。前作ではアイリッシュ調の重い作風だった彼女だけど、今回は表題作が「ブーゲンビリア」(←熱帯に咲く花だよね、たしか)。ひょっとしたら、一気に明るい方向に突き抜けているのか…と思ったのだけど、基本的には前作を継承する世界になっているようだ。もちろん、そのメランコリーな雰囲気自体がわるいというわけではない。やはり気になるのは、ボーカルに“ここぞ”というところで爆発するパワーが不足しているように感じられることだろう。もっと思い切りの良さが欲しい。※しかし、ジャケットのアートワークは、インディーズにあっては出色の出来。写真、デザインともに非常に繊細でセンスが良いです。 ★☆(03/06/12)

「tonight/midnight」 チコチェアー

記念すべきチコチェアーのメジャーデビューシングル。C/W曲には「トップノート」を収録。2曲とも名刺がわりの曲として、アップナンバーを選んだのは正解だろう。メジャーだからといっても気負うことなく、普段着のチコチェサウンドを展開してる。いい感じじゃないですか。多少変わったのは、ミックスがややまるみを帯びて、サウンドがより繊細な感じに仕上がったこと。そして、ジャケットのクオリティが一気にアップしたことだろうか。どっちかというと、ジャケット中面の全員で写ってる写真の方が、チカさんも自然な感じだとは思うけどね。(^v^) ★★(03/06/12)