CD Review --050--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「空の鏡」 清家千晶

2ndシングル。タイトルナンバーはアップテンポで、彼女の作品としてはかなりハジけたイメージの曲だ。これまで、どちらかといえば内面に向けて深く掘り下げていくようなミディアム系の作品が多かった印象なのだけど、この曲は広大な世界を感じさせる開放感にあふれている。といっても、単なる夏向きの元気ソングなどではなく、十分清家千晶の独特の世界を保っている。いきなり転調して入る歌い出しも印象的だし、ストリングスの使い方も効果的。ボーカルの思い切りも良い。C/W曲「エンドレス」は、お得意のミディアムナンバーなのだけど、これもタイトルが示すように、なにか吹っ切れたような包容力を感じさせる世界が心に残る。 ★★☆(03/07/13)

「Ett」 Ett

名古屋をベースに活動する男女2人ユニットのデビューアルバム。「エット」と発音します。曲によってパーカッションやコーラスが加わるものもあるけれど、基本的にはアコースティックギターとボーカルだけのシンプルな音楽。ゆったりしたミディアム〜スローのポップ曲や軽い感じのボサノバがベースになっている。「口笛」という曲なんかは、ギターがちょっとウォーキングベース風の動きをして、まさに口笛で間奏のメロディーが奏でられる…。また、意外と見逃しがちだけど、ボーカルも大変上手い。そのことを気づかせない、押しつけがましさのまるでないところが、さらに良い感じ。無国籍風な感じもあり、カリブ海の小島の昼下がり、天井でファンが回ってるようなクラシックなカフェで聴きたい気分。音と音の隙間の静寂を楽しみたい音楽だ。 ★★☆(03/07/13)

「ASTRO」 エイプリルズ

女性ボーカルをフィーチュアした5人組ユニットのデビューミニアルバム(7トラック・実質5曲収録)。男性がメインボーカルをとる曲もあるのでツインボーカルですね。サウンドは…まさにピコピコ電子サウンド入りギターポップ。西の metrobo、東のエイブリルズ…って感じかも。で、エイプリルズの方がよりポップ度は高い印象で、それはメロディーの分かりやすさのせいだろう。個人的にはこういうピコピコサウンドには、とっても「夏」を感じてしまうところがある。夏といえば海だぜ!…なんていうアウトドア派ではなかった少年時代、図書館で借りたSF小説なんかを読みふけっていた夏のイメージなのかもしれない…。帯の文句が、いつも書いてるほめ言葉とほぼ同じなので、この際引用してしまおう。「スペーシーでハッピーでキャッチーでキラキラで、でもどこかせつない」。イイネ! ★★☆(03/07/13)

「天の川〜ティンガーラ〜」 Lita

個人的にはお久しぶりの Lita ですが、ちょっと作風が変わったかも…という気がして買ってみた。4曲収録のシングル。たしかに、以前よりクセがなくなって聴きやすくなったかもしれない。タイトル曲はストリングスをフィーチュアしたドラマッチックなナンバー。なかなか好きです。しかし、意外だったのはC/W曲の方で、M2「ミルク」なんてまるっきりのポップチューン。アルバム聴いてないので、こういう傾向の芸風もあったんですか?…という感じだ。M3「花園はいつも開いてる」も、まるで天野月子のメジャーナンバーのパターン(メロディーが超キャッチー)。そして、M4「永遠。」はミディアムのヘビーチューンなんだけど、メロディーのフックはしっかり立っている感じ。パターンの異なる4曲収録で、ちょっとしたミニアルバムにも匹敵する聴き応えの一枚。巻き返しに気合いを感じる。 ★★☆(03/07/09)

「Cocktail」 入日 茜

2002年12月リリースの盤なので旧譜になるけれど、ライブでの印象がよかったので一票…という感じで買ってみた。4曲収録で、いずれもピアノ弾き語りで収録(弾き語り専門レーベルなので当然なのですが)。個性的な甘い声質もいいし、彼女の場合、なにより作り出すメロディーの流れがいいと思う。とってつけたような流れがない感じ。このあたりは好みの問題かもしれないけど。そして、歌詞の世界はけっこう硬派。このバランスもいいと思う。でも、こうして聴いていると、ピアノ弾き語りというスタイルで完成しているので、何か別の楽器を加えてアレンジするというのをイメージしにくい。まあ、それはそれでいいのかも。 ★★(03/07/09)