CD Review --051--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「青い月」 wyolica

一言でいえば「夏」のイメージ。とにかく聴いててサワヤカな曲だ。軽いラテンリズムにフルートのメロディーが絡むイントロ。ベースラインが効いているので、多少ラウンジ系のお洒落感もあり。ボーカルもリラックスして伸び伸び歌っていて良いね。カーステレオなんかで流れてきたら、そのまま海に直行したくなるんじゃないだろうか。ただ、こういう軽い感じの曲でシングル(2曲収録)に切ってしまうと、ちょっとインパクトという点ではどうなんでしょう。個人的には、似たテイストの曲で4〜5曲まとめてミニアルバム感覚で聴きたい気がした。C/Wもいい曲なだけにね。 ★★(03/07/21)

「room girl」 meg

これまでの全シングル曲を含む1stフルアルバム(9曲収録)。けっこう意外なアーチストの作品を次々とカバーしてきた彼女だけど、こうしてまとめて聴いてみると、そのサウンドは思いのほかしっかりした統合感を保っている。いくつかの曲は、今回新しいミックスで収録されていて、いわゆる“シングルの寄せ集め”的な作品にならないように十分配慮がなされている印象だ。また、サウンド自体も、適度にセンスがよく、ゆったりした気持ちで聴ける。また、彼女自身が書いている歌詞にも注目したいところだろう。ラストの2曲(「ルームガール」「かなわないこと」)など、なかなかのもの。言いたいことがちゃんとある人だなということを感じられる。切ない感じで好き。 ★★☆(03/07/21)

「あー夏休み」 Snappeas

スナッピーズ。フジテレビの2003年夏休み企画「お台場冒険王」のイメージガールである小中生6人組の女の子たちに、ついでにテーマ曲も歌わせちゃえ…という絵に描いたような企画物なんだけど、これがなかなか良い。ちょっとディスコ調にアレンジされた感じとか、冒頭に入るコーラスの響きとか、かつてのオールナイターズサウンドを正しく継承する、まさにCXのお家芸といえるもので、うれしくなってしまう。内容も TUBE のカバーという安易さ。でも、逆にそこが“海の家”的な一夏だけの儚さを感じさせたりするからおもしろい。やっぱ、夏は花火みたいに一瞬で散ってしまうものの切なさが似合うのか。 ★★(03/07/21)

「ここにいる」 谷口深雪

大阪ストリート出身のソロシンガーの1stミニアルバム(6曲収録)。第一印象としては、同じく大阪出身の中尾友香などにちょっと似ているかも。アコースティックサウンドで演奏する、ミディアム系のロックという感じ。今の大阪の女性アーチストのトレンドなんだろうか(まあ2人だけで断定するのは無理があるけど)。曲でいいなと思ったのは M3 「キミ」。このナンバーはメロディーがきれいだし、サビでの迫ってくる感じがなかなか切ない。ただ、CDで聴く限りでは、ボーカルのパワーに関してはもうちょっと欲しい気がしてしまう。今の段階ではいまいち決め手に欠けている気がしてしまった。 ★☆(03/07/18)

「aquarela」 norinha

ソロシンガーの2ndミニアルバム(7曲収録)。前作のテイストを引き継ぐポップなリゾートミュージックという要素もあるけど、サウンドはよりカラフル感を増した印象。ビーチでのんびり聴く…みたいな音楽ではなく、都会的で躍動的なポップスという面が強くなっている。2曲あるカバー以外は、作詞:こだまさおり、作曲:norinha、サウンド:norinha&佐藤五魚…というトリオの作品。つまり、ほぼ全曲が日本語詞になったのもいい感じ。カバーでは山下達郎「パレード」をとりあげていて、その変貌ぶりもお見事。それとこの盤、「録音」が大変よいことにも注目したい。クリアなサウンドで楽器のひとつひとつがキレイに輪郭を浮かび上がらせて聞こえてくる。全体的なクオリティはとても高い。 ★★☆(03/07/18)