CD Review --052--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「あなたに会いに行こう」 有里知花

3rdシングル。夏のリリースなんだけど、曲調はミディアム〜バラードのゆったりしたナンバーだ。最初に聴いた時には、ちょっと地味かな…と思ったのだけど、何度かリピートしているうちに、じわじわと良さがにじみだしてくるような味わい深い曲になっている。作詞・大貫妙子、作曲・宮沢和史というわけで、さすがにいい仕事してます。C/W曲に同曲の英語バージョンも収録されていて、こちらの作詞は DICK LEE。あのディック・リーなんでしょうか。まさに超豪華布陣だな。もちろん、ボーカルもあいかわらずの素晴らしい歌唱力と吸い込まれるような深い声質で、余裕を持った歌いっぷりという感じ。夏の朝や夕暮れに何度でも聴きたくなる盤。 ★★☆(03/07/29)

「浸透」 anemone

アネモネ。ソロシンガーのメジャーデビューシングル(3曲収録)。アレンジやミキシングも自分でやってしまう人みたいで、サウンド的には宅録っぽいエレクトリックサウンド。ただ、むやみにピコピコしてるわけじゃなくて、生音風の音色も多用している。むしろ特長は、意外なほどキャッチーなメロディーラインだろう。特に、タイトル曲ではスピード感のあるサビのフレーズが耳にこびりついて離れなくなる。C/W曲も、2曲ともミディアム系だけどそれぞれ個性的なメロディーを持っている。ボーカルは、高音の伸びがきれい。少女っぽい声質といったらいいのだろうか。イマジネイティブな曲や歌詞の雰囲気とよくあっている。けっこう好きなタイプの音楽です。 ★★☆(03/07/29)

「pool」 waffles

2ndアルバム(6曲収録なのでミニアルバムかな)。個人的に好きな音楽にもいろんなタイプがあるのだけど、このワッフルズの作品で聴くことが出来るM1「ひとひら銀河」やM5「つぎの光」など、疾走感がたまらないセツナ系ナンバーは、おそらく今いちばん素直に好き!…といえる音楽だと思う。メロディー、歌詞の世界、ボーカルのニュアンス…。彼らのすべての楽曲は、ボーカル&キーボードの大野恭子さんが書いているのだけど、サウンド的にはちゃんとバンドの音になっていて、決してソロワークに終わっていないところも魅力だと思う。M2〜M4みたいな夏のシチュエーションを歌ったホンワカ系の曲も、それぞれ良さがある。内容のわりに、ジャケがやや地味なのだけが惜しいな。 ★★★(03/07/30)

「恋におちたふたり」 鳳山雅姫

フルアルバムとしては1枚目となる作品(11曲収録)。これまでのシングル5曲など代表的な作品をすべて網羅。でも、実はそれ以外の曲の方が新鮮で楽しめたりする。彼女の最近のシングル曲って、けっこう力が入ってる分厚いサウンドが多かったと思う。でも、むしろ抜いた感じでさらっと歌う曲、彼女の大きな魅力でもある詩の世界をじっくり聴かせるタイプの曲がいいのではないか。その代表が、今回柴草玲さんが書き下ろしたM7「あなたとあたし」だろう。この曲は、まさに柴草節全開という感じのミディアム曲だけど、そのまんま柴草さんが憑依したかのような歌唱で素晴らしいの一言。M9「忘れない」などもストリングスをフィーチュアした美しいメロディーの曲。好きなタイプだ。 ★★(03/07/30)

「Jericho...」 オノ・アヤコ

1stミニアルバム(8曲収録)。3rdシングル「Jericho」をメインにフィーチュアした作品…というだけなら、この星の数にはならないのだけど、コンセプト的にまったく異なるデビューから2作目までのシングル(「TWO OF US」「青い鳥が逃げた」)もついでに…って感じで収録してしまった詰めの甘さがダメだということで、カラくなってます。あと、ジャケットもねえ…。内容との整合性がまるでないように思える。この内容なら、これまでのオノ・アヤコの作品集なんだし、アーチスト写真一発ドンでいいのでは? 新曲としては「うずみ火」「ガラスの森」などは雰囲気もあって良い曲だっただけに残念。 ☆(03/07/30)