CD Review --053--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Sweet Radio」 the Indigo

タイトル曲は、ノーナ・リーヴスの西寺郷太氏をフィーチュアしたインディゴ風ファンキーナンバー。黒っぽさよりも、夏らしいサワヤカさが前面に出たもので、雰囲気としては山下達郎に代表される“80年代っぽいファンキー”って感じでしょうか。いつもの感じとはちょっと違うけど、なかなか新鮮でいいんじゃない? その曲に続いてC/W曲の「スーパーボール」が流れてくる。こちらは純正インディゴ印…といってもいい作品で、きれいなメロディーと甘酸っぱいポップスらしさを堪能できる。これは本当にいい曲だ。そのコントラストに思わずニッコリしてしまう。案外、そこを狙ってたりして…。 ★★(03/08/17)

「鮫」 天野月子

このジャケットは写真もデザインも素晴らしいね。和洋折衷のサムライ・ファッション。一文字だけのタイトル「鮫」に「花押」なんてところも渋い。…で、かんじんの曲の方ですが、なぜか今回はピンとこなかった(スマン)。彼女の最大の魅力であるメロディーのおいしさ、という部分がやや弱いように思えてしまうせいだろうか。特に前半部分にはこれといった美メロがなく、パンクっぽいリズムパターンが切迫感を強調するサビも、彼女の水準からすれば普通でしかない。むしろ、大サビとして現れる後半部分が秀逸だったりする。C/W曲「亀」も、いまいち何がいいたいのか不明。うーむ。 ★(03/08/17)

「青春の悪あがき」 りつ

ソロシンガーのデビューシングル(3曲収録)。ライブを見て良かったので買ってみた。ステージではアコースティックだったこともあって、70年代っぽいフォークっぽさが印象的だったけど、CDで改めて聴いてみると、さらに歌謡曲やロックなど様々なテイストが渾然一体という感じ。また、中音域主体の力強くしっかりしたボーカルが放つパワーも見逃せない。タイトル曲もいいけど、個人的には M2「イナヅマ」の持つ独特のテンション、疾走感がたまらないと思った。たしかライブでも1曲目(つかみ)でやっていた曲ではないだろうか。ある意味で「男前」な感じの曲。いいぞいいぞ。…なんて思ってたら、M3「月夜」では、しっとりと美しいメロディーのバラードを歌い上げている。この曲での彼女は、とても女性らしく色っぽい。やられた!…って感じでしょうか。気になるアーチスト。 ★★☆(03/08/17)

「誕生」 ナオリュウ

ソロシンガーのデビューミニアルバム(6曲収録)。こちらもライブで良かったので買ってみました(上とほぼ同じパターンだなあ)。ブルースを基調にした音楽なので、第一印象としては大人っぽい感じ。そして、ゆったり余裕があって、メロディーの美しさで十分勝負できる曲の良さが特長だろう。さらに、アレンジは非常に洗練されたものになっており、ジャズ的だったりボサノバだったりファンクだったり…と、音楽好きにウケそうな仕上がりになっている。ボーカルは、決して暑苦しくならず、意外とすっきりしている印象。完成度はものすごく高いと思う。ただ、個人的な好みとしては、さらにどこか破綻しているようなところがあるとお気に入り度が上がりそう。ライブは、ぜひまた見てみたい。 ★★(03/08/10)

「明日を信じて…」 川嶋あい

話題の女子高生シンガーの5thミニアルバム(5曲収録)。過去4作は、手売りのみで相当の枚数を売っているみたい。たしかに買いたくなるだけのクオリティはちゃんと持っている。彼女の声質には、M5「twelve seasons」のようなノスタルジーを感じさせる曲がよく似合う。ピアノ弾き語りのM1「シャングリラ」もオリエンタルなメロディーのミディアム曲で、似たタイプだろう。ちょっと細くて頼りない感じのボーカル(でも実はしっかり歌っている)を生かす曲を自分で書けるというのは、若さを考えるとすごいことかも。また、M4「夏をまちわびて」みたいな軽いポップ曲にも別の魅力がある。ただ、アーチストとしてはまだ発展途上中という感じなので、メディアによって一気に消費されてしまうのは避けたい気がしてしまう。じっくり応援してあげましょう。 ★★(03/08/10)