CD Review --054--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「ためいき」 Cheri

関西をベースに活動しているソロシンガーのメジャーデビューシングル(3曲収録)。「チェリ」と発音。基本はロックなんだけど、どのナンバーもメロディーの美しさが印象的だと思った。タイトル曲はミディアムナンバー。ピアノとストリングスを効果的に使い、メジャー感たっぷり。深みのあるボーカルも魅力的だ。ライブのここぞというところで歌われたら、たまらんだろうな…と思わせられる。C/W曲は、いずれもこれが本来のサウンドなんだと思うけど、繊細な、あるいはミステリアスなA〜Bメロとハードで重量感あふれるブリッジ…という組み合わせになっていて、くっきりしたコントラストとスケール感を感じさせる。ボーカルも、そんな振幅の大きい曲をしっかり歌いこなしている。声質も魅力的だ。ちょっと応援したくなるアーチスト。
★★☆(03/08/30)

「LIFE」 ナチュラルハイ

女性2人ユニット(ボーカル+ピアノ)のメジャーデビューシングル。タイトル曲のサウンドは、R&B系のメロディーにジャズっぽいアレンジをほどこしたもので、ブラスも加わって力感みなぎったかなり分厚い音。聴きようによっては、お洒落系のサウンドなのだけど、歌詞の内容は、夢を追って都会で働く女性の日常(けっこう疲れてるけど、でも頑張ってるよ…って感じ)を歌ったリアルなものだ。最初はかみあってないような気もしたのだけど、何度か聴いているうちに、これはこれでいいと思えてきた。C/W曲「夏の夜空」は、一転して分かりやすい切ないミディアムバラード。R&B系メロディーの和風処理という点ではお手本のような曲。とてもよく出来ている。これも歌詞がいいね。泣けますぞ〜。※ところで、この盤。録音的に“音の抜け”がイマイチな気がするのだけど、なぜなんでしょう。CCCDだから? ★★(03/08/30)

「虹を越えて」 Rosetta Garden

男女2人ユニットのセカンドシングル(3曲収録)。男性メンバーの方は、元・真心ブラザーズの桜井秀俊氏。…というわけで、楽曲はいずれもよく出来ているといっていいだろう。タイトル曲はどこか郷愁を感じさせるメロディーのミディアムナンバーで気持ちよく聴けるし、C/W曲もはじけたリズムの「逃げろ!」や、真心っぽいフォーク的なフィーリングの「さよなら美しく燃え尽きる光」など、バリエーションを楽しめる。ただ、個人的な好みからいうと、ボーカルにもうひとひねり欲しい気がしてしまう。きれいな発声なんだけど、“歌のおねえさん”的なストレートすぎるところが気になる…といいましょうか。※オマケで収録されている、タイトル曲を桜井氏自身が歌ったデモバージョンが良い雰囲気。 ★☆(03/08/29)

「violet」 MiyuMiyu

店頭でふと目について買ってみた。湘南(平塚)をベースに活動している女性3人ユニットのマキシシングル(4曲収録)。アーチスト名は「ミユミユ」と読む。…というと、サワヤカ系のポップスかな、とか思ってしまうのだけど、そう単純ではないようで。タイトル曲こそ、そのイメージ通りの比較的軽い感じのポップナンバーだけど、あとの3曲は意外なほど骨太。ミディアム系中心で、雰囲気としては夜の都会を感じさせるような、大人っぽい曲だったりする。「湘南」というより「横浜」だな。おそらく、こっちの方が彼女たちの本質なのだろう。でも、なかなかいい感じだと思った。余計な音の入ってない、すっきりしたバンドサウンドで、ボーカルの多少ダルなニュアンスも悪くない。ライブもやっているようだし、一度見てみたいものです。 ★★(03/09/02)

「primary portrait」 anemone

アネモネのインディー1stミニアルバム(8曲収録)。実質的デビュー作品ということで、2002年9月の旧譜となります。メジャーからの「浸透」にくらべると、やはりインディー色が強い(多少粗い)印象はあるけど、楽曲の基本路線、サウンドのカラー、ボーカルのテイストなどはまったく遜色なく、この時点からかなり完成度は高かったのだということが理解できる。一見、無機的な感じのメロディー(サウンド)だが、ついつい聴き入ってしまうような魅力があるし、声の美しさという点も見逃せない。気づいたら何度もリピートで聴いてしまってた…という感じの音楽。かと思うと、本編ラストに収録の「恋人」は、思いきりポップな作品。さらっと「こういうのも出来るのよ」と余裕を見せているようで、心憎いばかりだ。メジャーでの2ndシングルとなる「愛のままに」のオリジナルも収録。 ★★☆(03/09/02)