CD Review --055--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「うたのかたち」 湯川潮音

19歳のソロシンガーの2ndアルバム(8曲収録)。軽い感じのきれいな声質のボーカルを生かすべく、サウンドはアコースティックでシンプルなもの。曲調も癒し系というか、ナチュラルでほっとする感じのものが多い。帯を見ると「美しいガールソプラノ」と書いてあったりするんだけど、ソプラノといってもクラシックみたいに声を張って歌う場面はほとんどないですね。ウィスパー系とまではいかないけど、モノローグ的なボーカルという言い方があるなら、そんな感じ。でも、なんとなく聴かせてしまう、そしてまた聴き返したくなる不思議な魅力がある音楽だ。飲み物にたとえるなら、まさにミネラルウォーター。南アルプスの天然水とか…軟水系です。体にも心にも優しそう。 ★★☆(03/09/13)

「Sign of Wish」 茉樹代

日台ハーフのソロシンガーで、台湾ではすでに人気者だという「茉樹代」(まきよ)の日本でのデビューシングル(3曲収録)。ギターのディストーションを生かしたマイナーコードのポップ曲で、ボーカルはきれいな伸びのある声質。そしてどこか哀愁味を帯びた歌いまわし…。そう、80年代アイドルの方程式を2000年代に解いたらこうなった、という感じ。ブラインドで聴かされたら、SAYAKA(=松田聖子の娘の彼女ですね)などと間違えてしまうかもしれない。ていうか、曲調なんかは意識してるんじゃないかねえ、と思ってしまうほどだ。クオリティは高いと思うけど、そこから先の「茉樹代らしさって何?」…となった時が勝負かもね。 ★★(03/09/13)

「Treasure The World」 有里知花

3rdフルアルバム(11曲収録)。オープニングの「砂浜レター」から、もうやられまくりだね。いわゆるレゲエなんだけど、こんな気持ちいいレゲエは聴いたことがない。すっきり洗練されていて、切なさと懐かしさをはらんで寄せては返す波のような音…。そして有里知花の飾り気なく自然なボーカル。それでいて、上品な華やかさを感じさせる声の魅力。およそすべての曲がこんな調子で続いていくのだから、もうたまんないでしょう。多彩な作家陣、プロデューサー陣を起用して、音楽性という点ではかなりいろんなチャレンジをしていると思うのだけど、全体の統一感もびしっととれていて文句のつけようがない。ラストにボーナストラックとして収録されている「TSUNAMI」(もちろんサザンのカバー)も素晴らしい出来ばえ。この好調、いつまで続くのだろうか。 ★★★(03/09/07)

「harmony」 metrobo

男女3人ユニットのメジャーデビューシングル。インディーズからの作品(アルバム)は素晴らしいものだったので、当然メジャー作品にも期待してしまったのだけど、意外と「小品」という感じの出来で、ちょっと肩透かしでしょうか。もちろん、曲としては「metroboらしさ」を100%発揮したもので、決して悪くはない。でも、こういうエレクトリック&ギターポップという感じの音楽性は、シングル1発のキャッチーさで勝負出来るいわゆるポップスとは、土俵がちょっと違うような気がしてしまった。何曲かまとめることによって、その世界観を表現していくタイプのような気がするから。特に、この作品の場合、タイトル曲+そのアコースティック・バージョンを収録してるだけなので、4曲収録のマキシくらいだと、また印象が違ったのかもしれないけど。次作以降、ミニアルバムとかフルアルバムに期待です。 ★☆(03/09/07)

「Love Dealer」 天野月子

シングル「鮫」と同時リリースだけど、これはインディーズ時代の音源の再発ということで、ライブではもうおなじみの曲。彼女の初期作品らしい、メロディーのおいしさを生かした歌謡曲っぽい曲調が、個人的にはなかなか好きです。最近は、こういう傾向の作品がやや減って、よりハード路線中心になっているのだけど、もっとやって欲しいね。C/W曲は、新作で「ミサイル」。3月のBOXXライブでも披露していた曲だ。 ★★(03/09/07)