CD Review --058--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「seek」 berry

3rdシングル(3曲収録)。タイトル曲は、アコースティックギターの響きが孤独な心に沁み込んでいくようなリリカルなバラード。優しく包み込むようなメロディーは聴くほどに味わいを増すものだ。この作品では、全体的にアコースティック色が強くなっているような気がする。11月リリースのフルアルバムのサウンドは、おそらくこんな感じになるのだろう。C/W曲「stage」「ベル」もいずれもいい曲。自然で美しいメロディーを作る力は、より確かなものなっているのではないだろうか。ただ、彼女の世界は派手さやおしつけがましさからは縁遠いものだから、それに心を素直に開いていける人にしか分かりにくいのかもしれない。
★★☆(03/10/25)

「The Power of Smile / Remember the kiss」 KOKIA

両A面の2曲とそのバックトラックが収録されたシングル。で、この「両A面」というところにこだわって考えてみた。実は、彼女が本当にシングル曲にしたかったのは「Remember the kiss」の方ではないのか。以前のライブで聴いたこの曲は、まさにKOKIAならではの「LOVE&PEACE」の願いにあふれたもの。まさに感動的なナンバーになっていた。もちろんこのシングルで聴けるバージョンも素晴らしい出来だ。でも、こういうバラードをシングル曲で出すっていうのは、いろいろと難しそう(プロモーションやりにくいとか…)。そこで、CFタイアップ曲でくいつきのいい「The Power of Smile」と同時収録に。でも彼女のこの曲へのこだわりが、単にC/W 扱いにしてしまうことを拒み、結果的に「両A面」に。…とそんな想像を勝手にしてしまったのだけど、いかがなものでしょうか。 ★★☆(03/10/23)

「sleep tight」 jenny01

バンド名は「ジェニーワン」と発音。女性ボーカル+男性3人のバックメンバーというグループの7曲入りミニアルバム。フレンチテイストのウィスパー系ボーカルとハードなギターロックサウンドが融合…というのがコンセプトなんだけど、実際に聴いてみるとサウンド的には軽めのギターポップのカテゴリに入る感じだろうか。ロックというよりポップに振った曲が多いので、女性ボーカルもののポップスが好きな人にも十分受け入れられると思う。といっても、ライブで聴いたらかなりロックサウンドなんじゃないかな…という曲もあるので、CDとは印象が違うのかもしれないけど。ボーカルのNAOKOさんはモデルもやってるらしく十分美人だし、生でも一度見てみたいものです。 ★★(03/10/23)

「クラクション」 ルラル

たぶんルラルにとっての1stシングル(3曲収録)。といっても新曲ではなく、アルバム「トカイのトナカイ」からのリカット。このサイトのレビューでも「クラクションは名曲だからシングル切って欲しい…」なんて書いたのに見事に応えてくれて感無量だったりします(まあ、ここで書いたからってわけじゃないでしょうが)。改めて聴いてみても、やっぱりこの曲はいいね。切ないメロディー、そして明るいサウンド。このコントラストが絶妙なのだ。実はバックトラックをよく聴いてみると、意外にもユーロビート的なリズムなどの技法を使っていたりもする。単にオールディーズサウンドを再現しているだけのバンドではないのです。C/W曲には新曲も収録。 ★★☆(03/11/01)

「嗚呼、麗しのメリーさん」 ルラル

「クラクション」と同時発売のマキシで、こちらは「邦楽カバー集」。収録曲は「マージービートで唄わせて(竹内まりや)」「リンダリンダ(ザ・ブルーハーツ)」「愛しのロージー(松尾清憲)」、そしてもう一曲は「僕のうた」でこれはオリジナル(セルフカバーってこと?)の計4曲。さて、カバーとなると原曲をどう料理するか…が聴き所なわけだけど、ここでは拍子抜けするほどストレートでオールディーズライクなアレンジになっている。まあ、自分たちが影響を受けたサウンドへのオマージュという感じなのかもしれないけど、ちょっと刺激に欠けるか。あと、せっかくなんだからこの際全曲カバーで統一してほしかったな。せっかく同日に「クラクション」をリリースしてるんだから、そのへんのメリハリは欲しかった。※ところで、やっぱ「ロージー」は名曲だね! ★☆(03/11/01)