CD Review --060--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「赤い夜の足音」 モダーン今夜

総勢11人の大所帯バンドのデビュー作品(5曲収録)。ベースにあるのは、ラテン、ジャズ、ジャングル…などコロニアル感覚な音楽で、戦前のまさに“モダーン”なお洒落センスというかそういうもので一本筋が通っている感じ。それらの音楽を懐古的に再現するのではなく、むしろ当時受けとめられていたのと同じ感覚でクールに聴かせるべく現代化をはかったバンド…といえるのではないだろうか。M2にはいかにも昭和歌謡な「うたかた花電車」が収録されているのだけど、これは彼らの本質ではなく、あくまでバリエーションという気がするな。ラテンナンバーでバイオリンが入ってくるあたりのハバネラっぽい気分とか、そのあたりの方が、個人的にはゾクゾクさせられる。そして、ボーカルの存在感も素晴らしい。こういうバンドの場合、ボーカリストはあくまでプレイヤーの一人…というケースもよくあるのだけど、このモダーン今夜のボーカル、永山マキさんはほとんどの曲を自分で作詞・作曲している。そして、アレンジはタムさんというパターンが多く、この2人が中心人物なのだろう。 ★★☆(03/11/23)

「PRIMAL FEAR」 berry

1stフルアルバム(10曲収録)。美しくどこか懐かしさを感じさせるメロディー、詩としての完成度をますます高めた歌詞、そして心のひだに優しく寄り添ってくるようなボーカル…。あらゆる要素のバランスがとれた、そんな曲が10曲続いている。これはまさに会心作といっていいだろう。サウンド的にはアコースティックなテイストを生かしながら、基本はロックという芯がしっかりしている。ミディアム、アップテンポなど、曲によってメリハリもきちんとつけてあるし、何度リピートしても聴き飽きない感じ。これだけの作品をつくりあげて、今、彼女は相当自信をつけているのではないだろうか。
※どのトラックも甲乙つけがたいけど、たとえばこのアルバムからシングルを切るとしたら、どの曲がいいかな…とか考えてみる楽しみもある。個人的には「あの夏」をタイトル曲に、そしてC/W曲に「蒼の時間」…なんていかがでしょうか。 ★★★(03/11/23)

「稲穂ロック」 CloveR

女性4人組の2ndマキシシングル(4曲収録)。バンド名は「シーラヴアール」と発音します(それを知る前はクローバーと読んでしまってた)。さて、内容ですが一言でいうなら、GO!GO!7188などに通じる和風メロディーの入ったガレージロックという感じ。ボーカルも上手いし、ノリのいいサウンドにもあまりクセがなく、わりとすんなり聴ける感じなのはいいと思う。こういうメロディーは、やはり日本人のDNAに染み込んでるという気がするしね。ただ、このジャンル、個人的にはあまり詳しくないので、彼女らならではの個性というのが、もうひとつ見えない気がしてしまった。でも、一度ライブで見て確認してみたいバンドではあります。 ★★(03/11/15)

「音速」 PABLONIK

岡北有由さんを中心とする4人組バンド「パブロニック」の1stアルバム(8曲収録)。これは、「解放」に向けてのベクトルを強力に感じさせる精神的な作品ではないだろうか。ほとんど曲間のインターバルなく展開するナンバーは、意外なほど美しいメロディーとイマジネイティブな歌詞を持っている。「自分は何者なのか、自分の居場所はどこなのか」というテーマと、そんな自分を肯定しようとする意思(すなわち「解放」)には、とても共感してしまった。ライブでは相当な轟音系のサウンドだから、メロディーの断片が聞き取れるだけ、歌詞はほとんど分からない…という状態なので、こうしてクリアに聴ける(なおかつ迫力はある)というCD作品化によって、新たに魅力を発見する私のような人も多いような気がします。※最後に隠しトラックあり。聞き逃さないように。 ★★☆(03/11/15)

「まぶた」 arp

男女2人ユニットの2ndシングル(3曲収録)。透明で深い響きをもったアコースティック志向のサウンド(実際には電子楽器の音も多数使われているけど)+情感系の女性ボーカルという組み合わせ。ここは、もうボーカルのタイプが好みかどうか…ということに尽きる感じ。個人的には、もう少し押さえた感じが好きかもしれない。 ★☆(03/11/11)