CD Review --063--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「Art.No.5」 フーバーオーバー

1stフルアルバム(12曲収録)。すべてが新音源という気合いの入った一枚。全曲作詞&作曲の岩沢さんらしいキュートで、ちょっと甘いメロディーを持つ楽曲を、バンドっぽい骨太サウンドでカッコよく仕上げたバランスの良さが何ともいえず良い(いいアレンジです)。ライブ映えしそうな曲が多くて、ワンマンとかでまとめて聴きたい気にさせてくれる。「わからない人」「フェンダー」をはじめ、ほとんどの曲がシングルカットに耐えるんじゃないかと思えるクオリティ。まさにこれまでの集大成。バンドの勢いを感じさせる作品だ。ボーカルも自信を持って堂々と歌っている感じ。いいですね! ※ただ、これだけの作品なのに、ジャケットの素っ気なさはかなり惜しい。 ★★★(03/12/20)

「cinematic」 waffles

こちらも1stフルアルバム(11曲収録)。うち6曲でホッピー神山アレンジを導入したことで、いきなり1曲目からフィラデルフィア風ストリングスが聞こえてきたりして、ちょっと意表を突かれる感じはある。でも、2曲目、3曲目…と聴き進んでいくうちに、ワッフルズの世界は何も変わってないことに気づく。カラフルなサウンドに包まれて、聴くほどにその奥深さに引き込まれてしまう歌詞の魅力。時として溢れ出しそうになる生の感情や叫びや涙。それらは、美しくポップなメロディーにパッケージされることによって、より多くの人々に共有される「作品」へと形を変えていく。あたかも、フィクションというフィルターを通すことで、伝えたいリアルな感情の振幅を広げる「映画」のように。彼らの代表作のひとつになることは間違いないだろう。 ※アートディレクションも素敵です。 ★★★(03/12/20)

「You'll be my boy」 Tommy☆Angels

トミーエンジェルスとは。Tommy february6 のバックダンサーだったチアリーダー4人組を、Tommyプロデュースでデビューさせてしまったユニット。企画物?…って感じなんだけど、個人的にこういうノリはかなり好きなので、思わず買ってしまった。サウンドは当然ながら、楽しいハッピー・ユーロビート。歌い手を選ばない曲調だし、彼女たちも頑張って歌っているので、仕上がりは意外なくらいちゃんとした出来。いいですよ〜。ミッション系っぽいキャンパスライフをコンセプトにしたジャケットや、M2「応援するから」のゆったり感なんて、どこかかつてのオールナイターズを思い起こさせたりする。※設定的には「四姉妹」みたいだけど、別に友達っていうだけでもいいのでは…。 ★★☆(03/12/23)

「風花」 eico

メジャーからの1stミニアルバム(5曲収録)。資料などを見るとクラブ系のシンガーみたいだけど、サウンド的には軽い感じで、ラウンジやカフェでさらっと聴けそうなイメージ。ジャケットのイラストの感じとかも、決してクラブ(夜)という雰囲気じゃないしね。軽快なラテンリズムのM1「カザハナ」からのオープニングがいい。ただ、続くミディアム〜スローナンバー以下の曲では、ややボーカルの存在感に不満がある。好みからいえば、もう少し力強さや歌の個性が欲しいところだろう。バックのサウンドの完成度に負けてる印象。まあ、そのへんクラブ系というのはあまり出過ぎない方がいいのかもしれないけど。 ★☆(03/12/23)

「さくらんぼ」 大塚 愛

ソロシンガーの2ndシングル(3曲収録)。タイトル曲は、スピード感のある軽い感じのポップナンバー。彼女の甘い声質にもあっていて、サビのメロディーが印象に残る曲。元気&若さを強調したハジケたアレンジのせいもあって、この曲だけ聴くと高校生位かと思ってしまいそうだ。実際には、短大を卒業して云々…という記事を見たことがあるので、もう少し上の年代みたい。そういう意味では、M2「帰り道」などで聴かせるしっとり感の方が本人的にはしっくりきてるのかもね。M3には、デビュー曲「桃ノ花ビラ」のアコースティックバージョンも収録。こちらも予想以上に繊細なタッチでいい雰囲気。個人的には、こっちのバージョンの方が断然好きだったりします。 ★★(03/12/23)