CD Review --064--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「コナユキ」 彩乃

15歳のソロシンガーのデビューシングル(3曲収録)。サウンド的にはR&Bテイストの入ったミディアムナンバー。R&B…といっても、作り込んだ分厚いサウンドではなく、全編アコースティックなアレンジで、彼女のフレッシュな素材感を上手く生かしている。ボーカルも、ほどほどの上手さと初々しさの魅力のバランスがいい。この年代でデビューする歌姫系の女性シンガーは、たしかにうまいんだけど、うますぎてかわいげがないパターンが多いような気もする。でも、彼女は微妙ないいポジションにいるのではないだろうか。それと曲を自作できるのも強みだろう。けっこういい感じ。※一昔前だったら「ちびっこのど自慢」で演歌に行ってた層が、最近はR&B系に流れてるんでしょうか。 ★★☆(04/01/11)

「バニラ」 サンタラ

男女2人ユニットのデビューシングル(2曲収録)。帯には「フォークブルース」とあるんだけど、まさにそんなイメージで、この下にあるブガルーブなんかとも一脈通ずるものがある。最近のトレンドかも。ボーカルは女性がメインで、サビの部分ではデュエット風になるところもある。実はここが聴きどころで、思わず体を揺らしたくなる小気味いいリズムが楽しいタイトルナンバーだ。それに対して、ちょっとけだるい雰囲気のC/W曲も、独特の味わいがある。洋楽っぽいサウンドなのに、いかにも洋楽風でしょ…みたいな気取ったところがない。というわけで好感度高し。ライブも見てみたいものだ。 ★★(04/01/11)

「月のしずく」 Boogaloob

女性ボーカル+男性メンバー2人の3人組バンド「ブガルーブ」のメジャーデビューアルバム(10曲収録)。全体を通して印象的なのは、まずメロディーの良さと歌詞の美しさを重視した、曲づくりのクオリティの高さだろう。音楽的には、ブルースをベースにしながらも、アメリカ臭くなりすぎず、しっとりとした日本的な抒情性がどの曲からも感じられる。ボーカルも、芯の通ったしっかりした力強い歌唱で、なおかつ声質には憂いと可憐さが共存していて、思わず引き込まれてしまう。曲の良さを引き立てるアコースティック楽器中心のシンプルなアレンジも心地よい。個人的には、かなり好みのツボにハマってますね。いいですよ。 ★★☆(04/01/11)

「終電マスター」 FREENOTE

大阪をベースに活動している4人組バンドのマキシシングル(5曲収録)。このボリュームだから、聴き応えとしては、ちょっとしたミニアルバムに匹敵する。サウンド的には、切れ味のいいギターを中心にした典型的なJ-ROCKという感じ。そのスピード感、爽快感から、SUPER EGG MACHINEなどを連想してしまった。楽曲もよく出来ている。特に、M1〜M2などのアップテンポナンバーが真骨頂だろう。ボーカルの声質もいい。以前、ライブで聴いた時にも、ものすごく完成度の高いバンドだなという印象があったのだけど、この盤でもそのイメージは変わっていない。 ★★(04/01/11)

「コーヒーブルース/スタンダード」 辻 香織

メジャーデビューシングル(両A面の2曲収録)。「コーヒーブルース」は、高田渡の有名曲のカバー。完璧70年代テイストなフォーク曲で、今これをやることの意味というのを、ちょっと考えてしまったのだけど、無心に聴いてると彼女のキュートな声で歌われるフォークが快感になってくる。不思議なもんです。C/W曲「スタンダード」はオリジナルで、これまたゆったりしたほのぼの系のミディアムナンバー。これも同じく快感。個人的には「スタンダード」の方が好きかな。2月にカバーアルバム、3月にオリジナルアルバムと連発予定らしい。ちょっと楽しみ。 ★★(04/01/11)