CD Review --067--

評者の好みを「★」の数で表してます。3つが最高。☆は半分。

「撃たれる雨」 北出菜奈

16歳のソロシンガーの2ndシングル(3曲+タイトル曲の別バージョン収録)。椎名林檎に影響されて音楽を始めたらしいけど、あそこまでひねったものではなく、ストレートに感情をぶつけてくる感じのロック。でも、逆にそこが気持ちいい。テクニック的にすごいとか、そういうボーカルではないけど、自分のギリギリの思いを込めて叩きつけているようなところが感じられる。そう、こういう歌い方は、やはり若いある時期にしか出来ないものなのかもしれない。※それと、この盤はジャケもいいですよ。個人的には半分ジャケ買いなところもあったりします…。(^v^;; ★★(04/02/20)

「さくらさらり」 Cry&Feel it

女性4人組ボーカルユニットの2ndシングル(3曲収録)。楽曲もメンバーの自作。コーラスではなく、ソロパートを歌いつないでいく形が基本。音楽的なベースはR&Bということになると思うのだけど、完全にJ-POPとして消化しきっていて、洋楽っぽさはほとんど感じさせない。タイトルナンバーのテーマなんて、最も日本的なモチーフ「さくら」だしね。本来のR&Bが持つ、ある種の汗くささというか、肉感的な要素がきれいに抜けて、かわりにこざっぱりした上品さでまとめている。この「こざっぱり感」が実に日本的といえる。カバー曲のM3「LA LA」なんかも、そのあたりのバランスが絶妙で楽しい。 ★★(04/02/20)

「詩色」 成底ゆう子

1stミニアルバム(6曲収録)。基本的には、全曲ピアノ弾き語り、またはギターが加わるだけというシンプルなアレンジで、楽曲とボーカルの素の魅力を味わうことが出来る。特に、独特の日本的な風土性を感じさせるリリカルなメロディーの曲がよい(M1「選ばれし者」、M4「秋色は満月の恋」…など)。いいですね、癒されます。ゆったりしたミディアムナンバーが続くが、ところどころに、重くなりすぎない軽めの曲が配してあり、飽きさせないアクセントになっている。ボーカル的には、石垣島の島唄がルーツとなる彼女。でも、はっきりそれを前面に出すのではなく、ただ、輪郭が明らかな歌声のどこかに、隠し味的にその香りを感じさせる。個性が際立つ一枚。 ★★☆(04/02/20)

「IZUMI〜Singles and More II」 加藤いづみ

この数年にリリースされたシングル、及び未発表曲をまとめた、いわばベストアルバム的な一枚(13曲)。収録されている作品の約半分が高橋研作品、残りがそれ以外…となっていて、多彩な魅力を感じることが出来る。なかでも出色は、小田和正氏が彼女の故郷・松山をイメージして書き下ろした(一緒のツアー中にバスの中で書いたらしい)「海へ続く道」だろう。決して派手な曲ではないけど、心に沁み入るような美しいメロディーと詩を持つ佳曲。何度でも聴きたくなる。これに続く「アイツに会ったら」もいい。これはいづみさんが作曲し、高橋研氏が作詞しているのだけど、昔の仲間と学生時代のことを回想するという内容で、甘酸っぱくほろ苦い思いを明るくポップなメロディーと組み合わせている。両曲ともそうなんだけど、やはり過去の思い出を歌うというのは、ある程度年齢を重ねたシンガーにしか出来ないことかもしれない。本当にチャーミング。浜口庫之助の「みんな夢の中」も味わい深い。気がつけば満点…という感じだろうか。 ★★★(04/02/23)

「FREE」 SHUUBI

彼女のオリジナルレーベル「SET ME FREE RECORDS」からの第一弾シングル(3曲収録)。ちなみに「FREE」は、曲のタイトルではない。M1「風と星と月と雨」は、徳間ジャパン時代を思わせる和風なメロディーとダイナミックなリズムを組み合わせたテンションの高いナンバー。ただし仕様としてはアコースティック楽器がベースになっている。M2「ママ」は、最近のライブでは必ず歌っている曲だ。M3「京都21」は、「京都'99」のリメイク。ただし大幅なアレンジ変更がなされているので(歌詞も)、ほとんど別の曲になっている。それぞれタイプの異なる曲で、現在の彼女の音楽性をそれぞれが表現しているようだ。ただ、録音(ミックス)に関しては、もう少しバックの音に鮮明さが欲しい気がしてしまった。 ★★(04/02/23)